弁当

今一時的にひとり暮らし状態になってるんだけど、いまさらひとり暮らしは楽しくない。
伸びる羽もなければ、むしろありがたみを感じることの連続だ。
単純に寂しいんだけどね。
でまあ、実は今日をもってしばし休暇に入る。
つまり所謂弁当男子として出勤するチャンスはまたとない。
ということで、昨晩ほうほうの体で作った麻婆豆腐をベースに、初の完全自作弁当で出勤してみた金曜の昼。

c0025217_1324343.jpg
c0025217_1331079.jpg
c0025217_1331652.jpg
c0025217_1332297.jpg

まあオレが弁当作るとこうなるっていう典型的なパターンww
大味、一発勝負な麻婆豆腐がベースで、そこから発生する発想はラーメン好き、「中本」好きのそれ。
前夜も試した一味唐辛子、うま調のセットをさらに水溶き片栗粉で封じ込めてチャレンジ。
しかし弁当、にんにくしょうがタップリにこの色を実現するんだから、出勤中とか、結構匂わせちゃったな。
仕方ない。
旨味と辛味が尖った麻婆は昨夜同様、なかなかの出来。
そこに野菜が足りないかな、っともやしとキャベツを茹でて入れたが、結局おかずとしてはバランスが悪く、白米の上に乗っけた。
この辺のバランス感覚も慣れないと難しい。
難しいといえばゆで卵だ。
実は生まれてこの方作ったことがなく、ネットで拾ったレシピをなぞってみた。
レシピいわく、卵に穴空けたら熱湯ぶち込んでも割れない、みたいな話だったんだけど、いきなり亀裂入り、そこから白身の薄皮がそこそこの量、もれてしまった。
冷蔵庫to鍋、ここの気の遣い方が足りなかった。
でも結果として微妙に半熟、白身は固く、バランスはよかった。
味の濃いぃ麻婆を軸に、野菜、卵とともにご飯の上でミックス。
なかなかに食べ応えがあった。
相棒は黒烏龍茶で問題なし。

いやはや、弁当作り、さらに出勤前とかかなりハードル高いな。
感謝の気持ち、否応にも高まるっつうの。
by blue-red-cherry | 2009-07-18 01:39 |
<< 豚バラとキャベツもやしのフライ... 麻婆豆腐 >>