大宮アルディージャ×FC東京 J1第18節

c0025217_2563637.jpgc0025217_2564687.jpg
c0025217_257367.jpgc0025217_2571071.jpg
c0025217_2572132.jpgc0025217_2573031.jpg
c0025217_2574296.jpgc0025217_257492.jpg

節目の後半戦スタートとなったアウェー大宮戦
厳しい試合を乗り切ったその勇姿、テレビ越しではなく、現地で見たかったなあ。
暦上は折り返し、後半戦の仕切りなおしだが、夏の反攻真っ盛りの東京にとっては、毎試合紐を締め直すことは忘れずに、ここ数試合のいい流れを保ったままの結果が出た。
とはいえ中二日続きの3連戦、7日で3試合、しかもこの暑さという条件下で、貴重な勝ち点3を得たことは大きい。

とにかくよくやった。
今こうして0-3という結果を踏まえ、試合を振り返ってみると、本当によくやったと思う。
水曜日の名古屋戦の時点で少し気になっていたパスミスが、この試合では明らかに目立った。
オレが対戦相手でも絶対そうするが、今野、ブルーノ、梶山、米本、この下からのボックス、ビルドアップの礎へのプレッシャーもきつく、ハーフライン付近で奪われてそのままショートカウンターを喰らうこともしばし。
新外国人のドゥドゥが個人としても、チームの連携としてもフィットしておらず、かつ攻撃の基点とされており、そこでのミスでだいぶ救われた。
ここを狙われるのはきっと今後も続くだろうし、清水相手に野沢、マルキーニョスときっちり前からのハイプレスで得点を重ねた鹿島との対戦で本当に真価が試されるだろう。
ミスパスが生まれるのはプレッシャーへの対処が遅れる、個人としての疲労感からくる判断の遅れ、技術のブレがまずひとつ。
あとは当然運動量が増えず(セーブした面もある)にフォローが減り、パスコースが限定されてしまうこと、距離感が空くことでパスの難度が上がってしまっていたこともひとつ。
個人、連携、どちらも明らかに重かった。
前半始まってわずかな段階で消耗戦を覚悟、なんとか先制して乗り切ってくれ、というすがる思いで見守る始末だった。

15分過ぎだっただろうか。
ピッチレポーターから「今野選手に大きなパスを出せという指示を出しています」という城福コーチングレポ。
狙われていたし、事実ボールも回っていなかったので当然といえば当然だが、的確な指示だった。
いつもよりボールが回らない分、左右、縦横、駆け引きが少ない分ギャップもあまりなく、難しい形での勝負が多かったものの、石川を筆頭に平山、カボレらのトライの切れ味は鋭い。
6分、ブルーノの楔のパスを受けた瞬間にターン、ディフェンスの寄せの寸前に振りぬいた石川の左ミドルはほぼ完璧なコース、強さだったがキーパーの好セーブにあってしまった。
連続ゴールこそ止められてしまったが、彼の出来は相変わらず平均以上。
苦しい時間が続く中、少ないチャンスを着実にゴールへ向け、相手に脅威を与えつづけることは、絶え間なくプレスをかけつづけることと同じく、価値のあるプレーだった(それだけでなく、この試合の石川は守備面の貢献度も相当高かった)。

しかしこの「大きなパスを出せ」という指示がかなったのはほかでもなく、平山の存在が大きい。
いつだったか、ピッチの中でひとり別次元のプレーをしているという印象を受けたことがあったが、ここのところはずーっとそうだ。
マトがつこうが波戸がつこうが、ものともしない。
グラウンダーのパスの回りが悪く、ポゼッションの中での経由地としてのプレーこそいつもより少なかったが、その分、個の力を見せつけた。
全体のコンディションが厳しく、連動したアタックができない中で大きな展開を打開策とし得るのは、彼のように、分断された前線で体を張れて基点になり得る選手がいるからにほかならない。
やはりカボレ、石川の好調と羽生の支えが効いてるか、前を向いてのプレーチャンスの増加は間違いなく、そこでの仕掛け意識が毎試合グングンと伸びてきている。
圧倒的な空中戦の強さ、恵まれた体躯と確かな技術で実現する群を抜くキープ力。
それに積極性が加わり、さらにはゴール前での動作も洗練されてきた。
先制ゴールの場面、相手の寄せは結果的に遅れているもののコースもスペースもわずかなところで、無駄のない、力みのないコンパクトに振りぬいたゴール。
石川の影響を感じさせるものだが、この感覚が身につけばゴール量産も夢ではない。
さらに運動量と途切れない集中力も、付け加えておきたい。
水曜の試合では後半終了間際、赤嶺の絶妙のスルーパスを、恐らく疲れからくるトラップミスで逸機してしまったが、トドメのゴールをねじ込んだのはアディショナルタイム。
中盤の運動量が上がらない厳しい試合で、ひょっとしたらチームいち走ってたんじゃないだろうか。
フォアチェックはワイドに広く、欠かさなかったし、奪われての切り替えの速さと、それを実践しつづける体力・集中力が持続していた。
この試合での「頼りになる」存在感は、ちょっち、ほかに類を見ない抜けっぷりだった。
しかもこの男まだ、満足する気配がない。
気持ち悪いマイコートリビュートといい、やる気なさすぎのシャーといい、規格外の男がノってきている。
ああ楽(も)しい。

相手のミスに助けられた部分は少なくなかったが、それを差し引いても守備面の変わらぬ安定と頑張りにも拍手を送りたい。
石原の裏狙い、ギャップ狙い、いやーなポジショニングは追わねばならず、消耗戦の中で厳しかっただろうが、今野とブルーノは折れることなくしっかりやりきった。
その上でセットプレー、2人で点まで取ってくれてるんだから、いうことない。
前半から苦しい時間だったが、両軍消耗がピークに近づく時間、負けているチームが最後の力を振り絞っての攻めを受けつづける時間で、あのゴールを一番欲してたのは彼ら2人に違いない。
今ちゃんの落ち着いた首振りヘッドには膝を打ったが、この試合のブルーノのキレっぷりは光っていた。
中盤でプレスをかけられない中、受け、受け、で苦しいところを狙い済ましたインターセプトで全体が下がりきってしまわぬよう、支えた場面が印象深い。
上がりがほとんど見られなかった両サイドバックも、守備面ではきっちり仕事をこなした。
もちろん、この条件下でもガンガン上がってもらいたいのがホンネだが(実際サイドバックが上がらないとサイド攻撃の比率が著しく落ちる)、最低限の仕事をパーフェクトにこなした。
特に後半、パク・ウォンジェを入れて厚くしてきた大宮の左アタックに対峙した徳永が、またしても力強い守備を見せつけた。
今シーズンの安定したパフォーマンスはもっと騒がれていい。

そして相当きつそうだった梶山と米本、頑張った!
ボールタッチの機会も、プレッシャーを受ける機会もチームでダントツなので、ミスパスも同じく目立つ。
しかし、そこに目を瞑れるだけの、守備での貢献を見せた。
スコアが動いていなかった前半は2人で上がってしまったり、いつもの戻り、攻守の切り替えができていない状態の悪さが目に付いたが、後半はきっちり修正。
どちらも守備を優先したプレーで、いく方と構える方、ときどき、ゾーンゾーンでの役割分担がスムースに行われていた。
高めでカウンター封じに尽力したヨネ、最終ラインの前で楔を潰した梶山。
お疲れ様でした。

交代選手は明・明・暗ってとこか。
草民は60分、割りと早い時間での投入だった。
確かに羽生もいつもに比べれば運動量が激減、効果的な働きが少なくなっていたが、わずか1点のリード、緊迫した展開での投入に、指揮官の強い信頼を感じた。
そして草民もそれに呼応するかのように献身的な守備、パス回しを活性化させる的確なボールタッチでリズムを生み、っと期待に充分応える働き。
大宮のサイドアタックから上げられたクロスをギリギリのところ、戻ってクリアした場面とか、もう今更引き合いに出す必要もなさそうだけど、久我山時代だったら絶対にあり得ない。
今日、嬉しい現地組ジェラスにまみれた留守番観戦だったけど、草民のゴールが出なかったことが救いww
達也も完璧に近いリリーフ。
草民ほど効率はよくないけど、動きの量でセカンドを拾いまくる、あの働きは相手にとって相当ヤなはず。
さらにスピードもあるから、奪ったボールをある程度運べちゃうし、下手すらフィニッシュまでいけちゃうから。
先日のゴールでのクロージングに続き、この試合ではアシストを記録(間違いなく相太ではなく長友に出したパスだけれども)。
何も決勝点を取る派手な選手だけが「スーパーサブ」ではない。
で、各所で話題の祐介だ。
平カボに比べるとどちらもインパクト弱く、しかも同じ役割を求めるのは正しくないだけに、ここでのカードの切り方の基準がいつも、すっきりしない。
時間短く、難しいながらももがいては少しずつ良さは出せてる赤嶺を使えばいいのに。
じゃあ3枚目は赤嶺、祐介は4枚目決定、序列固定でモチベーションはどうするのさ。
小平での競争の末、指揮官にそんなせめぎ合いが少なからずありそう。
であれば尚更、わかりやすい結果を求めたいところであり、出たときのパフォーマンスは判断材料になるんだろうけど…今日の祐介の、チームの波に乗り切れていない感じは結構根深そうだったな。
頑張ろう、例えばポストのシーンで体をぶつけるところとか、意思がないことはないんだろうけど、90分近くハイパフォーマンスを持続してきた相太に切り替え時で遅れをとるとか、ネガティブに映っても仕方ない。
波に乗れないならばガムシャラにやるなど、よく見せる見せ方のパターンはいくつかあると思うけど、何もできなかった、何もしなかったという印象が正直、残ってしまった。
しばらく見つづけてきている向き、苦難を越えて今の充実を手にした平山や石川の姿を見ている向きですら、我慢しかねるあの雰囲気ってなんなんだろうな。
厳しい立場だが、そのポテンシャルはまだまだ眠ってると思えるだけに、意識改革を期待する。

この過密日程、よく乗り切った。
相手に助けられてる部分もあるが、ベースのサッカーは確かな成長を刻み、苦しい条件下では苦しいなりの勝ち方を見せてくれた。
連勝はいつか止まるだろう。
しかしチームの歩みは止まらない。
そう思える1戦だった。
by blue-red-cherry | 2009-07-19 02:59 | FC東京
<< 蒙古タンメン中本 渋谷店 鶏ひき肉とキャベツのトマトリゾット >>