ラーメン二郎 府中店

c0025217_1823698.jpg

どこか出ねばと思案した結果がこれかよっと自分に突っ込みたくなるが、「ラーメン二郎」府中店に行ってきた。
思えば府中、寝過ごしたときと味スタから新宿方面へ逆準特急作戦のときの乗り換えでしか利用したことない。
思いのほか、駅周辺のスケールが大きくってビックリ。
今度映画でも見にいって、散策してみよう。

c0025217_1843047.jpg
c0025217_1843623.jpg
c0025217_1844141.jpg
c0025217_1844862.jpg

笹塚とか、京王線沿線のそれに通ずる商店街をずんずんといくと、随分と風情のある夜店の並びに見慣れた黄色い看板と提灯。
佇まいもナイスだが、昼時に飢えを隠し切れない猛・者・ど・もを前に一人切り盛りする店主の姿も粋に映った。
豚入り、にんにく、脂。
細かく溶けた脂は全体に行き届かせやすく、満遍なく味わえる。
刻みにんにくは辛さもばっちり、フレッシュそのもので神々しく輝く。
大ぶりのブロック肉を大胆に刻んだチャーシューは柔らかくとろけ、ジューシー。
増さずともそれなりのボリュームがある野菜ももやし、キャベツとバランスよく、さらにシャキシャキな茹で加減も良い按配。
トータルでレベル高い印象だが、なんといっても麺。
刀削麺などではたまにお目にかかれるが、うどん異常の太さ、コシをもった縮れ麺が食べ応え十分。
乳化弱め、ストレートな醤油スープによく絡む。

確か府中店は人気高いほうの部類に入ったはず。
汗が止まらなかったが、久々の二郎、心行くまで堪能した。
こんな日こそ走らねばならんのだが、雨がなあ…。
by blue-red-cherry | 2009-07-24 18:11 | ラーメン
<< 焼きうどん 鰹のステーキ >>