FC東京×サンフレッチェ広島 J1第19節

c0025217_2223568.jpgc0025217_2224442.jpg
c0025217_223531.jpgc0025217_223112.jpg

公式戦の連勝記録を伸ばすべく臨んだホーム広島戦
外野いわく、「日本一面白いサッカー決定戦」みたいな雰囲気作りを鮮やかに裏切る潰しあいの末のスコアレスドロー。
しかし、己の優位性で相手を押し込まんとせん両チームが見せたスコアレスドロー、それなりに見どころはあったと思う。
しかし広島の監督はとんだ食わせ物だなー。
今千葉戦のコメントを振り返ればどの口が言うっていう。
でも別に今日やってたサッカーだって、前が2、3パス繋いでゴラッソ決めてりゃだれも文句言わなかったわけで。
オシムもそうだけど、ファンタジーを信じつつ、強烈なリアリストであることを感じさせた戦いだった。
個人的にはそんな相手を前にして、ちょっと無策すぎたかなーって不満が残った。

c0025217_22466.jpgc0025217_2241495.jpg
c0025217_2242879.jpgc0025217_224358.jpg
c0025217_2244723.jpgc0025217_2245622.jpg
c0025217_225581.jpgc0025217_2251151.jpg
c0025217_225219.jpgc0025217_2252863.jpg
c0025217_2253653.jpgc0025217_2254327.jpg
c0025217_225524.jpgc0025217_226063.jpg
c0025217_226954.jpgc0025217_2261528.jpg
c0025217_226256.jpgc0025217_226316.jpg
c0025217_2264050.jpgc0025217_2264752.jpg
c0025217_2265592.jpgc0025217_227250.jpg
c0025217_2271167.jpgc0025217_227181.jpg
c0025217_227286.jpgc0025217_2273533.jpg
c0025217_2274456.jpgc0025217_227514.jpg
c0025217_228031.jpgc0025217_2281136.jpg
c0025217_2282346.jpgc0025217_2283032.jpg
c0025217_2283982.jpgc0025217_228455.jpg

ん~、なんか東京の選手の感想が口々に、「固められた相手を崩せなかった」というのが気に食わないな。
確かにある時間を過ぎてからはどん引き、後半は早々からブルーノの持ち上がりをベースにしたハーフコートマッチになっていたけど、リスクを冒して攻めきれなかった要因は五分な前半のうちにあったんじゃないかな。

前半は探りあいの45分。
どちらも安定した技術をベースにした能動的なポゼッションで穴を空け、一気に底をつく、スタイルは似たもの同士とされていた両者。
しかし蓋を開けてみれば、今日に限って言えば相当な好対照。
東京が平山、カボレに当てて前線を基点にしたボール回し~崩しを志向するのに対し、広島は最終ラインとアンカーを使ってのボール回しの間に前線が激しく動き回り、一点に集中したロングボールでゴールに迫る。
ことボール回しの位置については鮮やかなほど好対照な両チーム。
主導権を握ったのは広島だった。
3-5-2のイメージが強い広島だが、時折見せるドリブル突破を除きストヤノフも残った最終ラインの組み合わせは、臨機応変ではあれこそ、センターにストヤノフと中島、右に森脇、左に盛田、4バックの時間がほとんど。
そして序盤こそ、中盤に2人、青山ともう一人をおいたが、徐々に攻勢を強めるにつれ、そのフォーメーションを数字で表すならば、4-1-5、の状態。
トップの佐藤寿人にシャドーの高柳、柏木が高めに位置取り、リ・ハンジェと服部の両翼もウイングに近いポジションを取った。
前半、この中盤無視、前後分断のフォーメーションを前に、後手に回った、というのが今日、もっとも印象に残る出来事だ。

いや、平山が下がってきてカボレ、石川の裏狙い、とか、石川の囮を使って梶山の攻め上がりやミドル、っと惜しいチャンスがないこともなかったんだが、攻めあぐねた印象がどうしても強い。
東京が2トップに石川、羽生を絡め、さらにセンターの2枚も重ねて厚みを出そうものならば、ストヤノフから一本のパスで佐藤寿人とブルーノで1対1の場面を作り、その寿人のフォローには両翼とシャドーが欠かさずにつく。
まさにスタイルウォーズ。
気の抜けない戦い、手に汗握る戦いに見えたが、東京の攻め手はことごとく潰されていた。
特にショートカウンターは完全に警戒されていた。
ムービングフットボールの名のもとに、ポゼッションからの攻撃が注目されがちだが、こと得点シーンに限れば、カウンター時の得点が目を引く。
それを見越した広島の陣形、アンカーの中島がセンターに入り、ストッパーがワイド、ストヤノフも基本守備に重きを置いたドキ!本職CBだらけの4バックは破綻ないラインを引き続けた。
寿人以下、ワイドにゾーンを埋めたオフェンシブも、後ろの4枚が常に持ち場を離れないという守りに支えられ、活動域でハーフライン前後に限られたことでボールロスト時のカウンター対策も万全。
スペース消去、ホルダーへのチェック、とにかくショートカウンターだけはさせまいっというのが見て取れる布陣、戦い方だった。
最終ラインから中盤を経て前線、なんて美しい組み立てなんて狙ってなかったんじゃないだろうか。
それでも、本職ストッパーの森脇が幾度もハーフラインを越えては絶妙な楔を送り、不在だったはずのバイタルに前線の選手が顔を出してのボール回しは見事だった。
ストヤノフの上がりもゲームをコントロールし、広島のオフェンスに厚みを出していたのは確かだ。
しかし保ちつづけた最終ライン、青山にいったりきたりさせ、中盤を捨ててまでも組んだ前後分断のフォーメーションは、最終ラインでのポゼッション(=ボール回しでリズムを生む東京の時間を奪う)、東京の守備網にカウンターの恐怖を与えつづけたという点で大きな成果を挙げていたように映った。

両サイドに圧力を与えつづけたのも、ただ単にサイドの争いで優位を保とう、というよりは、連勝中も思うように得点シーンや攻撃に絡みきれてない東京サイドを押し込もう、弱点を攻めようという意図にとれた。
寿人1トップに柏木、高柳(高萩)では今ブルへのプレスよりもサイドへ圧力かけたほうが勝機アリ、うん、頷ける。
って、オレ、広島、つうかペトロビッチ持ち上げすぎだな。
ていうのもさ、モロ狙いどおりやられた感が強すぎるんだよな。
ほら、石川とかカボレとか平山が頑張って位置取りそこそこ変えたり裏狙ったりするんだけど、羽生、梶山、米本の漂いっぷりったらなかったから。
ヨネはアンカーの位置で頼もしく両サイドにボール散らしていた、見ようによってはそう見える前半だったけど、あれも結局出しどころがなかっただけ。
急所を突くサイドチェンジは一本もなかった。
広島が中盤を捨ててきてたので、梶山や石川にミドル、ドリブルで攻め込むチャンスもあったけど、決めきれず。
悔しいかな、なぜにあの、勝負どころではなかった中盤に人材を残したか。
数回あった、梶山がエリアに侵入した場面、あそこに勝機があったように思うんだよなあ。
盛田の左バック、森脇の右バック、上がりはまったく期待していないだろう。
横の揺さぶりに広島のゾーンは動じる様子はほとんどなかった。
唯一、ギャップを突けたのが、平山、カボレ、石川としっかりつけていたマークの範囲外、セントラルハーフの飛び出し、ここだけは掴みきれていなかった。
平山が下がったり石川がずれたり、というよりは単純に数の論理で苦戦していた印象。
そう、東京が数の論理で蓋をされていたように、前線への人数を単純に増やすだけ、それだけで状況は改善できたように思う。
それ以前に、ストヤノフと中島のセンター、守が先立ったストヤノフはさすがに安定感を見せ付けていたが、カボレと平山とのバランスであれば、使いつづければいくつか綻びを生めたはず。
なのにいつになく、2トップへのシンプルなボールが少なかったのも疑問。
平山なら勝てたって。
カボレなら狙ってたって。
同義で、石川と羽生のフォローが少なかったのもある。
今日に限っては、羽生所長の消えっぷり、ネガだな。
ヨネ、梶山が前とうまく絡めないところのバランスを取ろうとしたんだろうけど、前線との距離が開いて、持ち味がまったく活かされなかった。
早い段階での交代、今回はスタミナよりも出来で判断されたんじゃないかな。

c0025217_2292285.jpgc0025217_229289.jpg
c0025217_2293654.jpgc0025217_2294332.jpg
c0025217_2295295.jpgc0025217_2295935.jpg
c0025217_230910.jpgc0025217_2301693.jpg
c0025217_2302668.jpgc0025217_2303295.jpg
c0025217_230418.jpgc0025217_2304996.jpg
c0025217_2305999.jpgc0025217_23168.jpg
c0025217_2311574.jpgc0025217_2312148.jpg

c0025217_2315586.jpgc0025217_23249.jpg
c0025217_232175.jpgc0025217_232235.jpg
c0025217_232337.jpgc0025217_2323980.jpg
c0025217_2325068.jpgc0025217_233023.jpg
c0025217_233964.jpgc0025217_2331648.jpg
c0025217_2332567.jpgc0025217_2333270.jpg

どうにも話が縦横斜めに逸れがちだが、とにかく前半はしてやられた。
後半は10分を過ぎたあたりから、東京ボールになった時点でハーフコートマッチの様相を呈した試合だったが、攻めきれなかったところを見るに、前半の幻影を引きずったのでは、と思わずにはいられない。
11分、長友の苦し紛れのクロスを石川が見事に捉えたボレー、この時点でバックスタンドから見る限り、東京は前線に3枚、カボレと平山、石川の3トップ、さらには羽生と梶山がそれをフォローし、ヨネがアンカーに4バック、広島の前後分断にがっぷりよつでやりあう構図に見えた。
個人的には前半のこう着状態を見てて、同じ理論、数の理論でやり合うしか打開策はないと見ていたのでこれはウエルカムな流れだったが、広島は、全体の運動量の低下もあり、最前線以下全体で守ることを選択してきた。
そうなると前線を3枚にしようが、中盤のバランスを攻撃的にしようが、大差ない。
あとは最終ラインがどれだけ、カウンターのリスクを上げつつも、攻撃へ寄与できるか、だった。
しかし東京の最終ライン、ブルーノの上がりは周りに預けてのリターンを期待するものだし(そこを崩すにはいろんな意味で足りなかった)、両サイドバックの上がりはアーリー微妙、クロスは微妙、侵入してもバックパス、っといかんともしがたいレベル。
なんというか、やっぱり後ろ髪引かれてたんじゃないかな。
寿人はどんなに行ってこいのボールでも一旦は足元に収めたし、柏木と高柳、いや、後半の高萩のフォローと確かな技術とダイナミックな展開には恐れ入った。
あの偽中村獅童、相当いい選手だと思うんだけど。
広島のカウンターは、最後まで脅威でありつづけた。

攻めあぐねた展開で、交代カードのファーストチョイスだった草民、いよいよもってJFKの寵愛を受けてるねえ。
実際、ボールタッチはいつ出ても安定してるし、深い切り返しで見るものを裏切ったチャンスメーク、持ち味も出せてるんだけどいかんせん、ロストも少なくない。
結果を出さないと、そろそろオールディーズな人たちがブーブー言い出してるよgkbr。
でも確かに、今日みたいな流れだと、一発を持ってる大竹を見たかったというのも正直なところ。
いくら引いてきてたとはいえ、ある程度バイタルに近いところでのボール回しでは、ワンフェイク入れられるくらいの余裕はあった。
すなわち、モーション少なく振り切れれば、いくらでもシュートチャンスはあったんだよね。
たぶん東京で、いちばん小さいモーションで振り切れるのって大竹だと思う。
大小のパスを真ん中で捌くこともできるし、引いた相手にこそ大竹、だと思うんだけどなー。
草民がドリで切り裂いてくれてもいいし、達也の運動量が綻びを生んでくれてもいいんだけど。
それこそ赤嶺だしてんだから、もっとサイドエグって放り込めよなー。
相太の代わりで入った赤嶺に楔を背負わせたり、カボレの代わりに入った赤嶺に人並み外れた初速を求めたり、赤嶺は平山でもカボレでもねえっつうの。
真吾が入ったら、真吾が活きるようなサッカーをするべきだ、ていう。

ナニワトモアレ、崩せなかった。
確か中島って千葉のときセンターバックもやってたような気がするし、センターバック4枚でブロック敷いてきた広島の策の前に、対抗策なく敗れた(って負けてないけど)ような。
前線同士でもそうだけど、縦の揺さぶりがもうちょっと出せないと厳しいな。
ナビスコ名古屋戦で見せたカボレ→梶山→石川みたいな形をどんどん作っていかないと。
とてもじゃないけど、今のチーム、サイド攻撃はうまくいってないし。
とはいえ中央に偏りがちなパターンも、どげんかせんとあかん。
両SBは上がってくるんだけど、トクにしても長友にしても、目の前にしっかりディフェンスに立たれ、フェイントの末にバックパス、そんなシーンが目立つ。
負けたわけじゃないんだけど、負け試合のように粗が気になった。
ずっと、「それでも1点とりゃあ、こっちのもんだ!」なんて思ってたんだけど。

c0025217_2334794.jpgc0025217_2335530.jpg
c0025217_234481.jpgc0025217_2341156.jpg

広島はこんなに手堅いサッカーしやがるのに、どうして波があるなんてことになってんだ。
それとも東京が馬鹿正直すぎんのか?
まあともかく、連勝街道にひとつ、水を差されたのは間違いない。
ヤラレてはいないものの、ヤレてもない(って書くと艶かしい)。
4点のアドバンテージがひっくり返されるとは思わないけど、(さいたまで相手を圧倒した名古屋の戦果含め)難しいミッドウィークの過ごし方になっちゃったね。
まだまだまだまだ、伸びしろたっぷり、つうことで。
by blue-red-cherry | 2009-07-26 02:34 | FC東京
<< 神戸屋レストラン 焼きうどん >>