名古屋グランパス×FC東京 ナビスコカップ準々決勝

c0025217_1343367.jpgc0025217_13431417.jpg
c0025217_13433062.jpgc0025217_13433613.jpg

ミッドウィークのコパ・ナビスコ、クォーターファイナル2ndレグ、アウェーで名古屋戦
1stレグを5-1で終えてるというアドバンテージの中、何人かの選手を入れ替えての戦いは想像以上に難しい戦いとなった。
その中でできる限りのことを、最低限こなせていたとは思う。
タラレバの話ではあるが、唯一にして最良の対抗手段だったカウンター、いくつかハマった中ですんなり点が入っていればまったく違う展開、印象になっただろう。

メンバーが代わったことで影響が出たのは個々のレベル感もあるが、チームとしての連動性、機能性の部分が低下したことが大きく感じた。
それも裏を返せば、潤滑油や起爆剤となる選手を欠いていたという、個の問題と直結してはいるんだが。
まずはやられないことを前提とした戦い方、当然前へ前へ出てくる相手に対しあわよくばカウンターで一刺し、息の根を止めるアウェーゴールを、という狙いだっただろう。
徹底したブロック作りはなかなか見事なもので、徳永が椋原に代わったのみの最終ラインはもちろん、羽生と梶山でセンターを組み、草民と達也に前目の役割を与えた中盤の4枚も、守りの時間が多かったこともあるが、フラットに並びワイドをしっかりと埋めていた。
名古屋の攻撃の生命線がサイド攻撃ということもあり、ワイドにしっかりブロックを作り、数的優位を作る、こんな狙いが徹底されてたんじゃないだろうか。
実際、名古屋の阿部や田中隼磨の攻め上がり、小川のスライドなど、サイドに基点を作ろうとしたところをサイドバックが詰め、ボランチやサイドハーフで挟み込む場面が目立った。
ケネディ、巻のツインタワーへの守り方も同様だ。
無理に1対1で競り合うのではなく、早め早めの寄せで、ボールが入るタイミングで2、3人と囲い込むことでトップに基点を作らせなかった。
こういった1次攻撃への対処はほぼ完璧で、序盤から前がかり、気合い充分で臨んできた名古屋の攻勢を削ぐ形が今までになく、頼もしく感じられた。

しかし所詮急造、揺さぶられると綻びが出る。
ブロックを、ゾーンを守る個人の意識が高すぎたか、名古屋の小気味よいサイドチェンジ、後ろからの斜めのフィードなど、横の揺さぶりにことごとく釣られてしまった。
これは前半開始早々から見られていて、サイドに開いた小川、左サイドバックの阿部、そして最高峰から精度の高いフィードを放ってきたバヤリッツァ、この辺のミドルレンジのフィードでフリーの選手を作られ、フリーの状態でクロスを放り込まれた。
巻の先制弾の場面はまさしくそれで、クロスと受け手の疎通が合わずに助かっていた部分を終ぞ、ケネディの懐深い切り替えしというトドメの揺さぶりも受け、被弾した。
確かにベストメンバーのときもサイドチェンジをやられすぎなところはたまに気になってるんだよな。
今日の場合はブロックを敷く、という第一段階の防御体制に続き、第二段階は中央を固める、だったと思う。
その判断は間違ってないと思うが、そうなったときに、あまりにもやすやすとクロスを上げさせがちなことがちょっち気になる。
ことその部分だけをクローズアップすると、絶えずフィードの出元をチェイスする平山、全速力で戻ってきてはクロッサーに突っ込んでく石川、彼らの姿がオーバーラップしてしまった。
ベースの約束事はしっかり守りつつ、あと一歩足が延びる、相手より先に動く、この辺の問題は個人で解決しなければならない。

c0025217_1344216.jpgc0025217_13442952.jpg
c0025217_13444785.jpgc0025217_13445412.jpg
c0025217_1345373.jpgc0025217_13451044.jpg
c0025217_13452037.jpgc0025217_13452613.jpg

名古屋の出来も決して良かったとは思わない。
先制点のアシストはさすがだったが、ケネディはどこかお疲れ気味に映ったし、巻の奮闘もあとが続かない。
小川や阿部、バヤリッツァあたりは質の高いプレーを続けていたと思うが、ボランチの2人なんかは、前向いて扱える貴重なポジションにも関わらずミスが多く(いいミドルはあったが)、助けられていた。
そんなこともあり、巻のゴールが33分、やられても30分に1点、3点以上は取られないだろうと思ってみてた。
しかもあわよくば1点、こっちの可能性のほうが4点取られるよりはるかに高く映った。
名古屋が前がかりな分、名古屋の最終ラインとボランチの間に若干のギャップがあり、そこでカボレや赤嶺、もしくは羽生、梶山、草民らがボールを保持するケースが散見し、そこから生み出したチャンスは前半から少なくなかった。
高い位置でセカンドを拾った梶山から赤嶺、シュートのようなクロスのようなボールはカボレの前を抜けていき、バイタル手前で前向きのドリブルを仕掛けたカボレから赤嶺へのスルーパス、差し込まれながらも放った赤嶺のシュートはキーパー正面。
前半最大の決定機となった場面では、赤嶺が梶山とかぶりながらも前線で収め、落としたボールを受けた羽生が1人かわしてのシュートもキーパーの好セーブに遭ってしまった。
椋原から赤嶺へのクロスも前後半、1本ずつドンピシャのがあったね。
そして後半開始から10分で訪れたカボレの2度の決定機だよね、なんといっても。
一発目は長友のクロスにドフリーであわせるもふかし、二発目はクイックリスタートに抜け出し、吉田摩弥をかわしてのループシュート、これは角度がなく難易度低くなかったが、これも枠外。
あまりにも印象的な決定機、鮮やかな外しっぷりだったこと、それにそのあとすぐさま下げられたこともあって良くない印象が強くなってしまったが、彼が退いたあと、石川と平山の登場を待つまでチャンスはほとんど作れなかった。
もっといえばあれほどの決定機は、カボレがいたときしか作れなかった。
この事実も見逃せない。
カボレは決定機の数だけでいえばおそらくJでもトップクラス、すべてといわず、半分でも決めていれば今ごろ得点王レースを独走しているであろう。
東京のパスサッカーは今季、幾度か素晴らしい崩しを見せてくれているが、あとは触るだけ、みたいな超がつく決定機は意外と少ない。
そこまで崩しきるほどのコンビネーションでの崩しは見せられていない。
最後の最後、グンと伸びる石川のストライドだったり、もう一段点火できるカボレのスイッチだったり、スペシャリティーに救われている部分が多いのを改めて思い知る。
1点を取れば試合を決せられたゲーム。
だからこそ、終盤、差し込まれつづけた中での石川、平山といったカードの切り方だったと思うが、本当に1点を取ることで勝ち切るのであれば、チーム全体にもう少し、攻撃の意識を高めることが必要だったと思う。
この試合、能動的なポゼッションの時間はほとんどなかった。
平山不在、は拭いようのない現実だが、それでも最終ラインやセンターハーフが高く位置取り、もう少し勇気を持って人数かけることで活路は見出せたと思う。
赤嶺が収められないのであれば、彼の不出来を責めるのではなく、彼の良さを活かすべくサイド攻撃を厚くする、サイドバックが上がれる環境作りをする、とかね。

まあもっと早い段階で点を取れてれば楽な試合だったが、集中切らさずよくやってたと思う。
特に目立ったのは今野とブルーノかな。
ケネディも巻も、代わって入った津田も、激しく体を当ててくるし、危険なところに飛び込んでくる選手で、対峙するのは面倒だったはず。
おまけに、これは先にも書いたチームとしての守り方の問題もあるが、ある程度クロスは上げさせる形だったので、そこへの対処、跳ね返しの回数はいつも以上に多い量をこなしていた。
最近富に、ブルーノのテクニカルな守備っぷりも目につく。
インターセプトの読みもそうだけど、取りどころでの体の入れ方、使い方が上手い。
攻め上がりの回数は減ったが、的確なフィードとともに、ひょっとすると今野が外れるより痛いかも。

クロスの集中砲火を浴びたという点では、復帰戦の塩田も大忙しだった。
開始0分での吉村のロングシュートに始まり、左右から、後方からのフィードへの対応を終始迫られつづけた。
ケネディに圧されるなど、多少後手に回ったところはあったが、軒並み安定感はあったと思う。
ひとつ気になったのは、この試合、リードを守ることが大前提の試合で、奪ったボールをすぐに流していたことかな。
遅延を取られる危険云々以前に、ほとんどのケースですぐに梶山なり今野なりに流していた。
マイボールを大切にする、マイボールの時間を長くする、という部分と、やっぱりキックの質の部分で現時点では権田に分がありそう。
それにしても、シュートへの反応は図抜けているし、この塩田が控えていることの贅沢さったらない。
あとは両サイドバックが、それぞれ理由は異なるが、いまいちだった。
長友はここ最近気になっていた、判断の遅れ、まずさが失点に繋がってしまった。
このチームで、最終ラインで繋ぐ意識の高さに関しては今野と長友がかなり抜きんでていると思う。
押し込まれたところでもできるだけ、大きく蹴らずに繋ごうという意識が常に出ている。
しかし、危険度の高い中でやっていることもあるかもしれないが、臨機応変に蹴り出せている今野に比べると、長友のほうはややこだわりすぎて体制悪くして中途半端なクリアになったり、悪いときはもたついて自陣深くで奪われてしまうケースがある。
それが2失点目のシーン。
あそこの判断力が鈍っているのは病気を抱えているせいなのか、はたまたこだわりすぎなのか。
どちらにしろ、致命的なミスに繋がるのを身をもって体験したわけだし、適切な判断をしてほしい。
一方の椋原は試合感が足りなかったかな。
草民や梶山、羽生らと幾度か絡み、パスがズレた場面があったが、どちらかというと椋原のほうに遅れ、速すぎ、という動きのズレを感じた。
守備面ではケネディとのミスマッチ、狙われていたかどうかはわからないが、苦戦した(徳永入れるならあそこを助けてあげるべきだった)。
久々のトップでのスタメン出場はどちらかというと苦いものになってしまったが、赤嶺に合わせた狙い済ましたクロスを見るに、練習してる跡が見て取れた。
準決勝では長友、今野の不在はほぼ間違いない中、椋原の奮起を期待したい。

途中出場で抜群の存在感を見せた平山と石川。
体のキレもそうだが、強い自信をもってやれているのが伝わってくる。
個々のパーソナリティは異なるものなので、それぞれの良さを活かすべきだとは思うが、平山と石川の動きに、赤嶺や達也が学ぶべきヒントは少なからずあるだろう。
達也なんかはこの試合、かなり消えてしまっていた。
運動量の多くを守備に割かなければならないという条件下ではあったが、センターハーフに収まることで薄れてしまった羽生のダイナミズムや、2トップの裏で勝負する動き、彼がこなせていればもっと多くのチャンスが生まれていたはずだ。
出場数が増え、チームの歯車としてボールタッチが増えてきた草民も同様だ。
柔らかいタッチ、切れ味鋭いドリブル、持ち味は活かせてきている。
しかしその試合、その時間でチームに足りないもの、そこを埋めてく判断力と動きも今後は、より高いレベルで求められる。
平山と石川は下手したら、準決勝と同時期に行われる代表の遠征に連れて行かれるかもしれない。
喜ばしいことであり、彼らの好調は頼もしい限りだが、チームとしてのクオリティを保つためには達也や草民の更なるレベルアップが必要だ。

5年ぶりに手にしたセミファイナルの切符を喜ぶとともに、次のステップへ向け、気を引き締めたくなるような試合だった。
久しぶりの敗戦、敗戦から得るものも少なくはない。
by blue-red-cherry | 2009-07-30 13:46 | FC東京
<< ニラ卵キムチ丼 堂島ロール >>