豚バラと夏野菜のカレー

降る降る詐欺、鳴る鳴る詐欺に怯えながらも日曜の午後、「アッコにおまかせ」でのりピー関連を一日分食らい、「ウチくる」のしょこたんに癒され、調布をぶらぶら。
パルコの写真展にも行ってきたが、ナオの神々しさはまさにイエスのそれに近しいものがあると改めて感じさせられた。
適当に買い物を済ませ、夜はカレーを作った。
豪雨に雷雨も怖いけど、でっかい地震の怖さはやっぱ段違い。
引っ越してきて初の地震、建物の揺れはそんなでもないが、家具の揺れっぷりに今までとは違う怖さを覚えた。

c0025217_22275774.jpg
c0025217_2228227.jpg
c0025217_2228786.jpg

鍋底で刻んだにんにくを炒めて下地を作り、豚バラ、半分に切ったオクラ、玉ねぎ、ししとうを炒める。
軽く焼き目がつき、香ばしさ香るくらいまで炒める。
水を加え、薄い輪切りにした茄子を加えて煮る。
ある程度煮込んだら、ルウを溶かし入れてさらに煮込んで完成。
やはり緑が多めだし、茄子もそうだし、色素濃い目の具から出たエキスでルウの色も渋みがかった。
味もまた、渋味、苦味のある野菜のエキスがふんだんに染み出しており、深みのあるルウに仕上がった。
オクラの粘りと、豚バラの脂がまろやかさを演出。
もっととろみが出るかと思ったが、意外にサラサラ系で、ご飯にあまさず広がる感じもまたよし。
夏野菜を使った意味のある、カレーができた。

一日ダラダラ過ごしても、キッチンに立つとシャキっとするわ。
今夜、明日と大雨、大雷雨の予報…ツライスなあ。
by blue-red-cherry | 2009-08-09 22:35 |
<< チェルシー×マンチェスター・ユ... 豚ニラ炒め >>