塩豚とびんとろアボガド

今夜もジム通い。
いけるときにいく癖をつけたいと思って。
今日は生まれて初めて、ランニングマシーンに乗った。
今日も今日とて、周りの上級者に大幅な遅れを取っていたが、これこそ、衆人環視下のジムにおける効能のひとつだと実感。
漸進しつつ、目標を上げていきたい。
昨晩のしょうゆ豚を作る最中に、同じくこのレシピを参照して仕込んだ塩豚を、連れにバトンタッチして仕上げてもらった。
いい共同作業。

c0025217_051598.jpg
c0025217_052313.jpg
c0025217_053056.jpg
c0025217_053551.jpg

豚バラブロックに適量の塩を満遍なくすりこんだだけ、それをラップして一日寝かしただけでこんなに塩味が効いた、絶妙の豚に仕上がるとは恐れ入った。
柔らかく、肉汁はそのままに、辛すぎず、しょっぱすぎない程よい塩味の豚肉ができあがった。
ジューシーで、物足りなさもまったくない。
これは美味い。
しょうゆ豚も美味かったが、素材への染み込み具合や、ほかの味付けへの使い勝手を考えると、塩豚のほうが面白いかもしれない。
今日のびんとろは脂の乗り具合もよく、筋部分も少なくって当たりだった。
アボガドとともに口の中でとろける様が、たまらん。

心地よく疲れた体に塩分が染み渡る。
夜のジム通い、メシの時間のコントロールが難しいな。
by blue-red-cherry | 2009-08-13 00:09 |
<< 弁当 弁当 >>