FC東京×横浜Fマリノス J1第21節

c0025217_14293679.jpgc0025217_14295077.jpg
c0025217_1430879.jpgc0025217_14301936.jpg
c0025217_14303093.jpgc0025217_14304246.jpg

オールスターによる中断を経て、ホームマリノス戦でJ1再開。
理由はどうあれ、どちらもメンバーのやりくりに苦労のあとが見える布陣。
攻守にぶつ切りされたアクションに終始した、夏の夜の凡戦。
俊輔が戻ってきてたら、その差でやられたかもしれない紙一重の勝ち点1。
引き分けられないチームだった序盤を考えれば、メンバー落ちながら引き分けに持ち込めたことは充分、ポジティブに考えられる。

c0025217_14305713.jpgc0025217_1431655.jpg
c0025217_14313229.jpgc0025217_14315568.jpg
c0025217_1432568.jpgc0025217_14321687.jpg
c0025217_14322762.jpgc0025217_14323894.jpg
c0025217_14325014.jpgc0025217_1433032.jpg
c0025217_14331246.jpgc0025217_14332365.jpg
c0025217_14334869.jpgc0025217_1434040.jpg
c0025217_14341254.jpgc0025217_14342335.jpg
c0025217_14343543.jpgc0025217_14344671.jpg
c0025217_14345714.jpgc0025217_1435739.jpg
c0025217_14352156.jpgc0025217_14353281.jpg
c0025217_14354331.jpgc0025217_14355349.jpg
c0025217_1436481.jpgc0025217_14361417.jpg
c0025217_14362739.jpgc0025217_14363794.jpg

内容の良くなかった試合で粗探しは簡単だし、あまり気もすすまないので、良かったところを探してみる。
と、しておきながらいきなり、良し悪しは別としてw、ヨネの存在感がハンパじゃなかった。
米本キングダム©「やってみるさ」様、とは言いえて妙というか、さすがの先見の明ですわ。
梶山と石川、銃身と銃弾を欠いた中盤で、守っては急所を突くプレスと勘所を抑えたカバーリング、攻めては誰よりもボールを引き出し、捌き、前へ運んだ。
その活動量の多さとミスの少なさは、中断前の疲労の蓄積による不調を完全に脱していて、それまでのスーパーな動きが戻った。
浄や羽生、最終ラインに「よこせ!」とボールを要求する様は、彼がルーキーであることを忘れさせる堂々たるプレーぶりであったし、その貫禄に吸い寄せられるようにボールが集まった。
スラっとした体躯をグッと沈めた、重心低めのドリブルし始めがカッコいい。
懐深く、足元差し込まれたくらいのところから、前へ押し出す形のボールタッチ、やっぱりヨネのスタイルは規格外。
ちょうど前夜に見た、アデバヨールのそれに通ずるものを感じた。
浄、羽生、草民がバランス維持に腐心していたこともあり、それに対する意識的で意欲的なプレーだったと思うが、存在感は絶大だった。
ただ、あれだけボールタッチが多い(しかも前向きに触れている機会が多い)のにも関わらず、決定的な仕事がほとんどないというのは大いなる課題。
もちろん楔が機能したり、散らしたボールも翼が羽開かねば意味がなく、彼一人の問題ではないことも確か。
それでもフィニッシュに繋がる仕事をもう少し増やし、もう少し相手を脅かすプレーを増やしていかないと、味方からは頼られても相手から怖がられる選手にはなれない。
実際、ボールがヨネに集まることがはっきりしてくると、松田や小椋を中心に、ヨネのところを狙う動きも見られた。
梶山のような超人的キープができるようになるとは思わないし、望むべくもない。
でも、この伸び続ける成長曲線を見てしまうと、どうしても期待してしまう。

なかなか形作れなかった攻撃陣に比べ、守備機会が多かった守備陣のほうが良さが目についた。
まずは夢の島でも気を吐いていたモニ。
慎重さが目に見えて伝わってくる、とにかく失点しない、当たり前だが大切な初心に強くこだわっていた様子。
一方で今、このチームのセンターバックに求められるパス、ドリブル、組み立てへの意欲も引き続き、見られた。
そりゃあブルーノと比べれば雲泥のなんちゃらだが、ブルーノ、今野に次ぐ存在に目処が立たない今、石川がそうやってブレイクスルーしたように、チーム戦術に取り組むことで自身をレベルアップさせようという気概が見られるモニの存在は頼もしい限り。
渡邊千真の力強さ、スピードは厄介だったが、若僧にやられるわけにはいけないと気合い入りまくりのモニとのマッチアップは見応えがあった。

両サイドバックの頑張りも良かった。
椋原は攻撃面での貢献が少なかったことには物足りなさを覚えたが、いつ出ても守備に関しては及第点の働きをする。
クロス崩れからエリア内の混戦で間一髪のスライディングを見せたり、読みの鋭さ、ギリギリのところで足が伸びるディフェンスを見ていると、真ん中でやらせても面白いんじゃないかと思ってしまう(確か、一昨年にユースで一度見たときは、センターやってたような気がする)。
攻撃参加は前線と一蓮托生、一人でどうこうできるものじゃない。
事実、ミスで終わるのはトライする場面よりも連携が合わないシーンのほうが多かった。
こればかりは積んでいくしかない。
久しぶりに左に入った徳永はさすが。
前半、右サイドに入った長谷川アーリアジャスールにまったく仕事をさせず、それ以外でも流動的にポジションを変えてくるマリノスの中盤から前線の動きにしっかり対峙。
1対1ではまず負けないし、自軍中盤の停滞感を破るべくエンジン入れたオーバーラップも迫力があった。
左だけにカットインからのシュートにも冴えを見せ、これまた久々に蹴ったフリーキックもゴールに迫る鋭さを見せた。
今季の彼は、持てるポテンシャルを攻守に発揮し、これまで課題とされていたムラっ気が消えたこと、勝利への飢餓感が全面から溢れ出ており、最後まで高い集中力を、それもコンスタントに保ち続けている。
一年前、岡田監督に呼ばれたときはほかでもない、東京サポこそ驚かされたが、今彼が代表に呼ばれてもなんの違和感もない。
内田?長友?駒野?誰にも負けてないだろう。

最終ラインを構成するメンバーがガラっと変わりながらも、安定した守りを保てたのには今野と権田、この両軸の存在も忘れてはならない。
ブルーノとのコンビのときに比べれば攻撃面での貢献が減るものの、だからこそ一発のフィードの精度が増した今野の左足が光る。
ポゼッションで優勢に立てず、放り込まれることが多かった中で、空中戦で見せた権田の安定感はチームを助けた。
フィニッシュのところでミスが多かったマリノス攻撃陣だが、権田のポジショニングの良さもまた、シュートコースを限定していた結果ともとれる。
ヨネの自主性を活かしつつ、要所でベテランらしい読みを見せた浄のいぶし銀のプレーも、落ち着かない展開を縁の下で支えてくれた。
守備面では、今出られるベストのメンバーで、彼らの特徴を活かした戦い方ができていたと思う。

c0025217_14371696.jpgc0025217_14373372.jpg
c0025217_14374613.jpgc0025217_14394225.jpg
c0025217_14395698.jpgc0025217_144097.jpg
c0025217_1440273.jpgc0025217_14403923.jpg
c0025217_14405491.jpgc0025217_144154.jpg
c0025217_1441198.jpgc0025217_14413184.jpg
c0025217_14414425.jpgc0025217_14415676.jpg
c0025217_14421030.jpgc0025217_1446467.jpg
c0025217_14465775.jpgc0025217_1447869.jpg
c0025217_14472356.jpgc0025217_14473872.jpg
c0025217_14481679.jpgc0025217_14482760.jpg
c0025217_14484070.jpgc0025217_14485258.jpg
c0025217_1449739.jpgc0025217_14492180.jpg

足りなかった部分にも触れねばならない。
それはそのまま欠場した選手の存在の大きさそのものに置き換えられる。
浄をアンカー気味に、ヨネがセンターをダイナミックに上下動する中、羽生と草民のオフェンシブはバランスを取ることに腐心。
草民はボールサイドに寄ることが多く、しかも低めの位置でもらいたがる、タッチを増やしたがる傾向が強く、それに引っ張られる形でヨネ、浄と寄り、空いたスペースを羽生が埋めるような循環で、中盤で人とボールがループしていく。
それぞれにバランス感覚に優れた4枚で構成されてたがゆえに、そのバランス感覚が働きすぎて、いい意味での破綻がまったくなくなってしまった。
ここで求められるのが、中盤のブロックにおけるバランスだけではなく、前線との絡みの強度、頻度、距離感という意味でのバランスを読めるセンス。
今季の石川はその辺の感覚が優れていて、ボール回しに加わるべきとき、2トップをフォローするのか、追い越していくのかの判断、開くのか絞るのか、その動きは中盤のバランスを崩しかねないんだけど、そうしないと一旦敷かれたブロックに正攻法でぶつからざるを得なくなってしまう。
これがあると羽生のバランス感覚もポジティブに連鎖していって、相互にダイナミックな動きができるようになる。

城福さんは選手が変わればその選手の特性を活かしたいという旨の発言をしつつ、チームのやり方はぶらさないというのを徹底している。
基本、最終ラインから作っていく形、ポゼッションしながら穴を開けていく形は動かない。
でも実は、最後のところで点に繋げていたのは石川のダイナミズムをきっかけにしたところが大きかったんだよね。
繋いで繋いで、穴を開ける役割。
それはドリブルやシュートで文字通り相手ディフェンスに穴を開けることもあれば、突っかけて相手のバランスを崩して味方にコースを与えることでもある。
草民に同じことができるかといえば、オレはできると思ってるんだけど、なぜか彼はパス回しに加わることを優先するんだよな。
草・羽・米・浄のバランスだと、草民がトリガーにならないとなかなか動かないと思ってみてたわけ。
その辺、城福さんは草民に何を期待して、どんな指示を出して送り込んでるのか、なかなか見えてこない。
石川の代わりを務めるというのは簡単なことではないが、バランサーぞろいの中盤だと、なかなか加速しないもどかしさが残る。

もどかしさでいくと、梶山の不在もどうしても感じてしまう。
梶山がいないと展開が狭まり、寄りがちになってしまう。
彼はよほどのプレスでもない限りかわしてしまうから、彼自身のところで引き付けてかわしてそれだけで数的優位を生み出せてしまうこともあるけど(それゆえに相手が飛び込めない構図も作れる)、単純にピッチを広く使うプレーにも長けてる。
昨日、サイドチェンジとかほとんどなかったんじゃないかな。
また、ブルーノ含め、梶山と、収まりどころが少なかったことは2トップへの単純なフィードの頻度を上げてしまい、2トップにかかる負担は大きかった(おまけに中盤はバランス取り優先でフォローも少なかった)。
平山もカボレも勝ちきれなかったものの、中澤、栗原という巨漢を前にガッツリ競り合っていて、コンディションが良さそうだっただけに惜しい。
これはいつも思うんだけど、浄は巧いんだけどどうしても左足に偏るから、センターでプレーするとはじめからコースを限定されて見えちゃうんだよな。

やっぱり分かりきってるネガティブ要素なぞ、書き連ねても歯切れが悪いな。
ひとつ思うのは、出ている選手の~というところと、チームのやり方のバランス。
4人も主力を欠いたのならば、多少やり方崩すアイデアがあってもいいと思うんだよね。
夢の島で見て以来、期待が膨らんでる大竹にしても、体のキレの良さは感じられたけど、出来上がったチームのブロックの駒のひとつにあてがうとどうしても窮屈そう。
今のメンバーで途中出場で達也しか活きないというのは、達也の順応性の高さももちろんあるけれど、タイプ的に達也がハマりやすかったことは間違いない。
大竹や草民が、そうしてレベルアップした石川のようにできるようになればいい、というのも正しい意見だけど、裏を返せばこのチーム、オプション持たなすぎじゃねえ?という疑念が拭えない。
大竹や草民がオプション足り得ないのは、個人の問題じゃなくって、やり方に柔軟性がないチームの形にも、同じくらい原因があるんじゃないかって。
うーん、これは卵が先か、的な論理かな。
なんか、うまくいかないとやたら窮屈に映るんだよなー。

c0025217_1449447.jpgc0025217_14495627.jpg

なんか今日はまったくノらないww
でもこんだけつらつら書いたものの、正直結構飲んでたからあやふやなところもあるんだよね(爆)。
期待の復活、北斗の印象もあまりないし。
結局、あれだけメンバー変えて、チームとしての機能不全の中で勝ち点1とれたことは御の字、これが結論かね。
気がつけば2日後にはアウェーで山形戦。
そしてその3日後にはアウェー連戦で、首位鹿島との決戦。
悩んでる暇はない。
モニ、椋原、浄と戦える駒が増えたことをポジティブに捉え、次なる戦いを見届けたい。

個人的には山形も鹿島も行けない…そんな環境ももやもや感を増してるのかも。


c0025217_14501265.jpg

大将、つまらんカードは貰わんようにお願いしまっセ。
by blue-red-cherry | 2009-08-17 14:52 | FC東京
<< ラーメン凪 渋谷店 たけちゃんにぼしらーめん >>