らあめん花月 嵐

水曜午前は、抜髄の経過チェック最終回で城南方面へ。
経過は順調で、次回から罹りつけの歯科に戻っての治療となった。
せっかく目黒線、あっちのほうに行ったので、再び水曜限定がホットだという「葉月」に意を決し、向かってみるもまさかの臨休。
思えば今日は、こんなことからうまくいかないっつうか、イラっとくることの連続だったな。
目黒まで戻って「中本」にしようかとか、いろいろ悩んだんだけど、雪が谷大塚駅近くに「らあめん花月 嵐」を発見。
いくつかのエリアでこの店の前を通り過ぎたことがあるが、入ったことないし、背脂をウリにしたジャンクな限定麺のルックスに惹かれて入店。

c0025217_038389.jpg
c0025217_038863.jpg
c0025217_0381341.jpg
c0025217_0382068.jpg
c0025217_0382518.jpg

濃縮した豚骨スープ、げんこつラーメンがこの店の本流のようだ。
醤油、塩、味噌と展開するげんこつの中から味噌、とりわけ濃厚にした味噌のげんこつをベースに、背脂も社比2倍、背脂の雪を降らせた濃厚味噌ラーメン。
だしが豚骨なので、同じ背脂+味噌でも「ど・みそ」のそれとはまったく違う。
旨味の凝縮した、と謳ってるだけあって、強烈な旨味、うま調の手助けも借りてるみたい。
オレはこういうジャンクな感じのラーメンも嫌いじゃない。
麺は太さやコシは悪くないんだけど、ちょっと小麦っぽさが気になった。
もやしはシャキシャキ、チャーシューはパケ詐欺の気が若干。
さすがに味が濃くって後半は飽きがくるのを避けられない。
ヤンニョム的な風味が漂う辛味全開の壺ニラを入れて絡み攻勢をかける。
「中本」に後ろ髪引かれてたわけ、でもないんだけどね。
意外やこの壺ニラの辛さはなかなかの強敵で、ちょっとの量でスープは真っ赤に。
メニューに薦められるがままにブラックペッパーがっつりいれたりしてみたけど、やっぱりラーメンはその店のデフォの味を楽しむのがいいような気がする。
いろいろ変わりすぎて原型をとどめなくなってしまったラーメンはちょっと、微妙だった。

かなりいろいろ研究して新メニューを展開してるみたい。
またチャンスがあって、好みのが見つかったら、目黒あたりの行ってみてもいいかもな。
帰り際、駅を越したあたりに「こじろう」を見つけ、後悔の念が浮かんだのはナイショだ。
by blue-red-cherry | 2009-08-20 00:45 | ラーメン
<< 鶏ささみとキャベツのにんにく醤油焼き エバートン×アーセナル イング... >>