モンテディオ山形×FC東京 J1第22節

c0025217_1236418.jpgc0025217_123722.jpg
c0025217_12371289.jpgc0025217_12372226.jpg
c0025217_12373135.jpgc0025217_12374388.jpg
c0025217_12375273.jpgc0025217_1238133.jpg

中2日、3日と続く真夏の連戦、ミッドウィークのアウェー山形戦
東京のチームが真夏に山形、鹿島の連戦ってのは酷な気もするが、どのチームもシーズン中1回はこんな山場があるんだろうな。
まあ連戦の影響は少なからずあっただろうけど、この停滞感、閉塞感の元はそこじゃない。

反撃の夏ならぬ反動の夏、か。
連勝中の良いイメージを引きずりすぎてる気がする。
中断前のクラシコでの敗戦がいいきっかけになると思ってたんだけど、あそこで学んだオプションの少なさ(≒11人+α)の部分に対する答えが長友ハーフ起用とは、耳を疑ったし、実際目にして目を覆いたくなった。

最終ラインと梶山でビルドアップ、前線の2トップを軸にハーフとサイドバックが絡んでいく循環。
前節不在だった梶山、ブルーノが戻ったことで一気に血が通いだした東京のポゼッションサッカーはお見事。
最終ラインからの無為なフィードは鳴りを潜め、カボレと平山へ過負荷な競り合いは大幅に減少し、梶山とブルーノ、今野の冷静かつ高い技術を誇るボール回しを前に相手は飛び込めず、マイボールでリズムを作るベースが出来上がる。
アンカーの位置でどっしり構え、自ら前線へ飛び出していくダイナミズムを見せながら、攻撃のタクトを奮った梶山の存在感はまさしく王様のそれ。
かりそめの米本キングダムも衝撃的だったが、前半の梶山の存在感たるや、異様なほどだった。
とにかく彼から平山、カボレに縦パスが入る入る。
足元、スペース、グラウンダーに浮き球と使い分けは自在、かつダイレクトで正確というハイレベルなものが多く、梶山自身が今ブルが収めた上で正確なボールを送ってくることで助かってると言っていたように、扱いやすく平山、カボレがマークを外すタイミングを心得たピンポイントの縦パスは、前線の選手を大いに助けていた。
信頼感が可能にする難易度の高い繋ぎは、シャビ・アロンソとフェルナンド・トーレスの間柄を思い起こさせた。

どこが欠けても成り立たないのでどこを始まりにするかは難しいが、梶山を中心に考えてみる。
梶山がいると、最終ラインのポゼッション時のフォローが出来、多少狭くても蹴りださずに繋げる。
梶山がいると、今野、ブルーノとのパス回しで時間が作れるので両サイドバックが高い位置を保てる。
梶山がいると、ヨネとの相性が良く、アンカーのポジションに位置してバイタルが空かないので、ほかの中盤の選手が積極的にポジションを空けられる。
梶山がいると、正確な縦パスが入るので、無駄な動きを減らしつつ、2トップの強さ、速さがより活きる。
梶山がいると、平山との相性が良く、中盤のセンターで強力な基点を築き、相手ディフェンスを引き付けて周りのチャレンジを活性化させられる。
おお、思ってはいたが、本当に梶山を中心に回っている。
何より重宝される選手の基準が、梶山との相性の良さにそのまま比例している気がする。
平山は言わずもがな、センターバックとの相互の信頼は蜜月のレベルだし、サイドバックの信頼しきったオーバーラップもそう。
羽生との絡みもかなり流れるし、カボレも使いやすそうだ。
思えばあまりいいところがない草民も、梶山とのパス交換は少なくない(というか梶山からの引き出し役を担っているとしたら、働きは悪くないかも)。
あれ、チームの良い循環の話をしようと思ったのに、梶山依存症の話になってしまった。
でも確かに依存度は高く、欠いた場合の戦力ダウン甚だしいんだけど、平山やヨネ、今ブルとの相互に補完しあってるのも事実。
ヨネの気の利いたケアがなければ思い切った上がりも出来ないだろうし、平山の引き出し、カボレのスピード、どちらも梶山のパスセンスを実効性あるものに昇華するために不可欠だ。
まあどんな強豪も、「彼がいないとまったく別のチーム」、になってしまう偉大な中心選手っているでしょう。
誰が出ても質を落とさない、は理想だけど、梶山がこのチームにいる限り、このチームは梶山のチーム。
梶山を中心に、梶山を活かすメンバーとシステムを組んで好循環を生んでいるのは間違いないんだから、
梶山とともに頂点を目指せばいい。
やっと彼の十番の意味が分かった気がする。

…って、こんな話をするつもりはまったくなくって(しつこい)。
梶山がとにかく良かったってのを差し引いても、前半の東京のやり方は、今季のクラシコ1戦目の前半とか、かなり良い部類の出来だったと思うのよ。
梶山を中心に全体が回っていたし、ブルーノも同じくらい好循環を生み出していた。
ビルドアップの礎となることはもちろんだけど、ギアを一段上げるロングフィードは、攻撃が単調になりすぎないためには欠かせない。
攻撃面での貢献が目立つけど、高さや速さで押されても技術でカバーする、テクニカルな守りもレベル高いと思う。
今野もブルーノがいると活き活きする。
タスクが少し減るので、思い切ったフィードや攻め上がりが出来るようになり、左後方から一気に右サイド前方の達也に通したフィードとか、効果的なプレーをいくつも見せてくれた。
羽生もらしさが出た。
気の利く選手だけにフォローの気持ち、ベクトルが守りのほうにシフトしちゃうとそっちにかかりっきりになっちゃうんだよな。
彼の責任感や気の利くところが前に向くと、急に伸び伸びしだす。
この試合一番のビッグチャンスとなった64分のプレー、平山を壁に使ったワンツー、カボレに預けてもらったワンツー、2本のワンツーの末にエリアに侵入し決定的なシュートを放つ。
この場面以外でもなんどもエリアに侵入したし、サイドでの崩しの潤滑油としてのフォローとか、随所に好プレーを連発していた。
お手本プレーの連続だったなー。
サイド攻撃も、城福さんがハーフタイムの指示で「クロスへの入り方を工夫しろ」と言っていたくらいなので、それなりに機能していた。
怪我明けを感じさせないアグレッシブな上がりを見せた長友、好調維持の徳永、どちらもまずまずの頻度でクロスを供給してたし、ファーに流しての折り返しで決定機を作ったり、効果的ではあった。

チームのベースをここまで上げてきたことは、城福以前はおろか、手応えを感じつつあった昨季と比べても大きな成果だと思う。
見ていて楽しいし、このやり方を貫きたくなる気持ちは分かるし、実際このやり方を貫いて勝つことをゴールにすることは間違ってないと思う。
でもシーズンを戦うことって、チームを強くしながら、勝ち点を積み上げていかなければならないわけだ。
壁にぶつかっては乗り越え、成長していくものなんだろうけど、ときに押してダメなら引いてみる勇気も必要だ。
良かった時間で点を取れてれば問題にならないんだから、チームが強くなっていく上では必要な試練なのかも知れん。
ゲームの趨勢を一気に引き寄せられるようなカードを持った川崎戦、主力を欠くと継続が難しいことを露呈させた横浜FM戦、そしてゲームの流れを見て劣勢だったポイントをしっかり修正することが出来る小林山形戦。
どの試合でも連勝中の形を立ち行かない状態にさせられた。
それに対し、手は打てたのか?
答えは否、なんじゃないだろうか。
結局のところ、片翼しか見られなかったが、2段サイドバックシステム(これ自体はキライじゃない。なでしこの安藤+近賀システムね)にしたって人の入れ替えでしかなくって、頑なに形を崩そうとしないんだよな、城福さんは。
人が入れ替われば、その人を活かすべくやり方を変えたっていいと思うんですよ。
長友を前に出すシステムはあれ、サイド攻撃を活性化させるためだと思ったんだけど、その割りには浄は後ろ守るだけで追い越さないし、フォローないから単騎突破は餌食になってた。
もっといえばサイド攻撃を軸にするならば、中は飛び込み命の赤嶺同時投入で意思をはっきりさせる手もあっただろう。
サイドからやりたそうなのに、サイド攻撃の一翼を担っていた達也を早々に下げちゃったのも解せない。
確かに達也は循環しまくってた前半、判断とアイデアの部分でナオとの差が拭えない、流れを鈍くしちゃってた感はあったけど、先々見据えた交代だったのか、疑問は残る。
達也→草民で、中盤のタッチ数は増えたけど、サイド攻撃、縦への推進力は激減したよね。
平山への徹底マークに対抗し、中盤での基点を増やすアイデアだったんだろうけど、だったら飛び出しにフォロー、動きで変化をつけられていた羽生がまだ動けてた段階で、試運転の長友ハーフを選択する意味があったのか。
単純に人の入れ替えがされてるようにしか見えない。
入った人に合った戦い方になってないし、戦い方に当てはめる人選でもないような。
あれ、戦い方の非・柔軟さについて書き始めたつもりだったんだけど、カードの切り方の話に傾いちゃってきたな。
まあそれもそうなんだけど、しつこく言ってるように、例えば大竹トップ下とかですよ。
人軸で流れを変える方法だってあると思うんだよな。
SB重ねる形もサイドを破るための推進力を強化する、サイドの人を重ねて厚みを出すやり方でしょ(浄の働きを考えると、本当にサイドを強化しようとしたのかは疑問が残る。それともあの形はサイド2段で強化じゃなくって、長友に羽生みたいな働きを期待したものなのか?だったら…)。
今はシステムに人が引っ張られて、良さが全然引き出されてないような気がする。
ベストメンバーがそろい、かつ、相手に掴ませられないほどの強度を保った状態、前半のような状態を見ればそれはそれぞれの選手の長所を活かした戦い方、そのものなんだけど、答えがひとつしかない状態は、何度も言うけど、危険だ。

正直シーズン前半戦の苦戦を経て、(まあ3トップにした時期もちょっとあったんだけど)貫いて今の形を得たことに対しては天晴れで、このまま貫いてなんとかしちゃうのかもしれないという思いもないことはない。
でも、うまくいってるがゆえに、今の東京ってストロングポイントも明確すぎるんだよね。
で、全体の流れでうまくいってるので、この日の平山のところみたいに要所要所を抑えられると急に流れなくなってしまう。
ボランチとセンターバックの受け渡し、サイドバックの絞った守備、見事にやられた。
平山も梶山も今ブルもってなると、さすがに全部を抑えることは出来ないかもしれないけど、小林監督が取ったように、ここは抑えようというスマートな判断をされることは、これから増えてくるに違いない。
今のやり方は全部が呼応しあって初めて音色を奏でる形なので、平山が潰れた分ほかのポジションで、というのが難しい。
であれば形を変える、軸をズラしてみることが必要なんだろうけど、ベストの形しかやってきてないので、代わりの軸が作れない。

同じことを繰り返して書くのも疲れてきた。
こんだけ書いときながら、前半の良い形の中で石川戻ってきたら鹿島も倒せちゃって、また連勝スタート、そんな可能性もあるとは思うんだ。
たぶん、こんなことを書き続ける、ほかのオプションを!と叫び(囁きかw)続けるのは、夢の島の印象が残ってるからなんだよなー。
いや、無骨だったし、相手も相手だったし、未知数ではあると思います。
でもね、大竹も祐介も、がむしゃらだったし、スマートだったし、牙磨いて光らせてたよ。
オレはあの試合しか見てなくって、城福さんは毎日小平で見てるんだから、城福さんの判断がきっと正しいんだろう。
でも本当にそうなのか?
今季、サイドではほとんど使ってない浄にSBを任せて、病み上がりの長友の突破力に期待する形が、大竹のタクトのもとにオフェンスの選手を使う形より可能性を感じさせるものなのか。
0-0で推移している焦れる試合で、草民にセットプレーを蹴らせる状況が正しい形なのか。
あー、キリがない。
いくら彼だから得たチャンスだとはいえ、あれだけ外し続けるカボレ>祐介なのか、とか、平山との相性だけを考えるならば祐介>赤嶺だろう、とか、赤嶺使うならサイドをってのはいつも書いてることだ。
いっそのこと、毎日小平行って確かめたいくらい…出来ないんだけど。

というわけで、疑問も不満もあるんだが、確かめられない以上、試合に臨む東京を応援するしかない。
うまくいってようがいってなかろうが、選手も監督もスタッフも頑張ってることは間違いない。
状況は決して芳しくないと思う。
この停滞感、閉塞感の本質は、ずーっと書いたように手駒だったりオプションの少なさにあると思うので、それは一朝一夕でなんとかなる問題じゃないから。
特効薬(補強とか)もままならない中、この時期を乗り越えるのはやり続けること、城福さんはそう思ってるんだろうし、それが正しいかもしれない。

しかし、今はまだ、何も諦めることは許されない。
かなり減速、足踏みしてしまったように思ったが、上を見ればACL圏内の3位新潟との勝ち点差はわずかに3。
3週間後には決勝進出をかけたナビスコ準決勝が控えている。
週明けから衝撃を持って伝えられたENEOSの胸スポンサー撤退の報。
この不況下で、チームを支える確実な方法として、自らの手で賞金を勝ち取る、ここはこだわらなければいけない。
今季、リーグの順位をひとつでも上げること、ナビスコのタイトル、先では天皇杯のタイトルを獲ることは自分たちの未来を作っていくことと同義だ。
不調、というわけではないので、必要なのは立て直すのではなく積み上げていくこと。

この一年を充実、躍進のシーズンにする権利はまだまだ残されている。
某掲示板じゃないけれど、正念場、試金石、ターニングポイントだらけの一年なんだぜ…。
by blue-red-cherry | 2009-08-20 12:38 | FC東京
<< 弁当 鶏ささみとキャベツのにんにく醤油焼き >>