FC東京×大分トリニータ J1第24節

c0025217_16271844.jpgc0025217_16272413.jpg
c0025217_16274228.jpgc0025217_16275031.jpg

山形、鹿島とアウェー連戦を終えて久々のホーム、大分戦
この試合はリーグのことを考えても、次週に控えたナビスコ準決勝のことを考えても、是が非でも勝たねばならない試合、ノックアウトラウンドと同じ気持ちで臨んだ。
欲しいのは勝ち点3、それだけ。
後味が良すぎたため忘れがちだが、勝利したものの、ベストとは程遠い出来だった。
でもそれでいい。
欲しかったのは勝ち点3、それだけだ。

c0025217_16284426.jpgc0025217_16285083.jpg
c0025217_1629425.jpgc0025217_16291265.jpg
c0025217_16292188.jpgc0025217_1629282.jpg
c0025217_16293756.jpgc0025217_16294465.jpg
c0025217_16295285.jpgc0025217_162959100.jpg
c0025217_163084.jpgc0025217_16301853.jpg
c0025217_16303067.jpgc0025217_16303776.jpg
c0025217_16304522.jpgc0025217_16305261.jpg
c0025217_1631236.jpgc0025217_1631988.jpg
c0025217_16311912.jpgc0025217_16312550.jpg
c0025217_16313417.jpgc0025217_16314113.jpg
c0025217_16314935.jpgc0025217_16315655.jpg
c0025217_1632623.jpgc0025217_16321743.jpg

大分の守備網は3バックをベースにしながら、両サイドハーフも深くまで引いてくる、実質5バックのブロック。
そしてここ最近やられている東京対策の常套手段として、ボランチがバイタルに蓋をする形。
例によってスペースはない。
それの反動で中盤のプレスは弱く、マイボールを梶山、ヨネがセンターで比較的自由に扱える時間が長いものの、穴なく、攻めあぐねる展開。
こうなると平山に当てての展開がどうしても増えるが、大分ディフェンスはいつも平山に激しく、上本、深谷と人に強いセンターバックが食いついてくる。
運動量多めの藤田、高橋らとのサンドも厄介で、この楔を潰すことは徹底されていた。
確かに石川が戻ってくると一味違う。
厳しくマークされているからこそ、平山の近くでのプレー、彼が潰されて出来たスペースを使う意識が人一倍高く、わずかなスペース目掛けた突進で東京の攻撃性を高める。
平山、カボレの競り合いに乗じたエリア侵入、サイドからのクロスに合わせたりと、得点感覚は鈍ってなさそうだ。
連続ゴール時はしきりにゴールに対する「イメージ」を連呼していただけに、早いところ1点とってもらって、再びゴールイメージを研ぎ澄ませてほしいところ。

それでも閉塞感、停滞感の拭えなかった前半。
平山、カボレ、石川を中心に散発ながらチャンスはあったが、ポゼッションの質がいまいちで、びっちり敷かれたブロックを前に持たされた印象がある。
決定的な仕事こそさせなかったものの、勢いよく飛び出してくる金崎に代表された大分のカウンターに勢いがあったことも、東京の印象を相対的に下げているのかもしれないが。
先述したように、梶山、ヨネのところでボールは持てるものの、じっくりいくのか急ぐのかの判断が定まっておらず、中途半端なチャレンジに終始する。
ここの部分は負けがこんだときから気になっていて、ホラ、連勝中は絶対「オーレ!」の時間があったじゃない?
それがパタっとなくなった。
確かに引かれたり、出てこなかったりだと効果が薄れて焦れるところだけど、長くボールを回しているうちは危険はないわけだし、それで揺さぶることができれば穴だって空けられる。
城福さんのコメントにもあったが、やはり前半は揺さぶり、縦へのギアチェンジにしても中途半端だったと自認されていた。
後半開始5分で「シュート打て」で、バックスタンドのそこかしこから「行け!」「打て!」な雰囲気作りは足引っ張ってるとしてか思えないけどな。
いいときはスタンドの選択も「オイオイオイオイ!」じゃなくって「オーレ!」なわけで、もう一度ここはじっくりやるやり方を思い出してほしい。
相手がバイタル以降固めてくる形が続くのであれば、梶山やヨネのところでのポゼッションが叶う。
ここに今ブルや両サイドバックが押し上げて絡んで、前線と引き出しあってチャンスをうかがう。
そのためのボール回しであり、そのためのトライ&エラーは繰り返されて然るべき。
ひとつ気になったのは切り替えの遅さ。
少なくとも大分より劣っていたケースも散見されたし、攻守の切り替えの部分で遅れを取るようであれば、じっくり回して~の形はリスクが高く望めない。
その辺の自信のなさからさっさとマイボールを放しちゃってるようにも見えなくもない。
切り替えしっかりできてて、セカンド拾ってればブーブー言う輩もだいぶ減るだろう。
揺さぶりとチャレンジ。
そのためのポゼッション。
そのための集中、切り替えの速さ。
ここはもう一度立ち返っていいところ。

c0025217_1633227.jpgc0025217_1633127.jpg
c0025217_16332174.jpgc0025217_16332762.jpg
c0025217_16333692.jpgc0025217_16334286.jpg
c0025217_16335190.jpgc0025217_1634095.jpg
c0025217_16341788.jpgc0025217_16342446.jpg
c0025217_16343312.jpgc0025217_16344058.jpg
c0025217_16345177.jpgc0025217_16345722.jpg
c0025217_1635689.jpgc0025217_16351398.jpg
c0025217_16352290.jpgc0025217_1635282.jpg
c0025217_16353990.jpgc0025217_16354699.jpg
c0025217_16355826.jpgc0025217_1636944.jpg
c0025217_16361892.jpgc0025217_16362670.jpg
c0025217_16363638.jpgc0025217_16364359.jpg
c0025217_16365143.jpgc0025217_16365940.jpg

あとはもう少し、個々が殻を破りたい。
それこそ石川のように、スタイルは本来、自在なはずで、もちろん適したプレースタイルがありつつも、殻を破ることで相手の意表をつくこともできる。
ボールを回していく中で、固められたところを崩す動きとして1×1の仕掛けが少ない。
サイドバックのオーバーラップ時にしても、アーリー気味のクロスか切り返してからの単純センタリングが目立つし、もっとエグっていい。
3列目から2列目へ侵入していくところも、梶山のように引きずるくらいのプレーがあっていい。
ここもトライ&エラー、トライがないと前には進まない。

その点でカボレの存在が、良い意味でも悪い意味でも際立つ。
平山にマークが集中し、石川が大きく動くことでカボレが前向きのチャンスを得る回数が増えたこのゲームだったが、左寄りにポジションを取り、ゴールに向かって半身という絶好の状態からのドリブルが何度、守備網に引っかかったことか。
スピードで振り切るべく少し大きめに出すパターンは読まれている上、ドリブルのコース取りがはっきり言ってヘタ。
あのコースじゃ体入れられちゃうだろってところばかりに出してる。
ただ、数的不利を仕掛けで打開する動き、期待できるのはカボレと石川くらいなのもまた事実。
やっと決めてくれた先制弾にしても積み重ねの結果と信じたい。
点を取り出すとノってくる選手だけに、とにかくやってもらうしかない。
そしてあの先制弾を演出しただけでなく、ピッチで大きく動き、ボールタッチ多く、仕掛けの意思も剥き出しに見せつけた大竹!
やっと魅せてくれたね。
右サイドに重心を置いて、視野広く、アイデア豊富に攻撃のリズムをコントロールするだけでなく、自らも中央や左サイドまで出向いてフィニッシュに絡んだ。
石川と中央で絡んだ先制点の場面も、迷いなく、うしろを廻ってくる石川の動きを信頼して絶妙のパスを配給した。
自分を出せた、という旨の発言をしていたが、もちろんそれは期待していたし、応えてくれて嬉しい一方で、あの石川へのパスは試合に出られないときもチームとイメージを共有していた証拠だ。
終盤、右から中央でプレーできていたのは、自身の判断なのか、ピッチ内の判断なのか、城福さんの判断なのかわからんが、大竹の力が認められて得たポジションだと思う。
研究され、停滞を余儀なくされたチームの殻を破るひとつの答えが大竹の存在であり、彼がチームに刺激を与えることによって、より多くの答えが生まれてくるだろう。

チームとしてというか個人としてというか、どっちも良さと悪さがぽろぽろと出た試合だったが、欲しいのは勝ち点3だったので何も言うまい。
若干慎重すぎる嫌いがあったが、連敗中でのホームゲーム、しかも相手は最下位チームとなれば、慎重にならざるを得なかっただろう。
ナビスコもリーグも敗戦が大きな意味を持つ、緊張感のある試合が続く。
難しいのは百も承知で、だからこそ、思い切ったプレーをしてほしい。
そう、ヨネのように。
アディショナルタイムのヨネのシュート、正直何が起きたかわからなかった。
久々の眠らない街が味スタに響き渡る中、空気を読まない弾丸ミドル。
時間的にないだろうとか、モーション中に思ったっていう人もいるみたいだけど、そんなの思わせてくれる時間がないほどあっという間の出来事だったように思う。
迷いのない思いがボールに乗り移ったかのように、無駄のない軌道は、名手・西川をして反応が遅れる恐ろしき弾道。
聞けば小平では珍しくないシュート、というではないか。
もっとやってくれ。
でもオレの中で昨日、ヨネの一番のプレーはこのシュートの5分ほど前、85分のボール奪取。
大竹や達也の投入後、先制したあとも東京が押し気味に試合を進めてはいたが、点差はわずかに1点。
カウンターで一刺しされてしまえば…山形戦の苦い思い出が脳裏をよぎる中、東京のロストしたボールが左サイドに開かれ、その前には大きなスペースがあり、危険な香りが漂い始めたその瞬間、パスと同じくらいの距離をボールと同じくらいのスピードで詰めて、潰したヨネ。
目を疑う寄せだった。
それでなくてもそれまでの80分強、攻めては攻守の経由地として多く触り、守ってはカウンターの芽を摘むために広範囲に動いていた彼が、最後の最後で見せた身体能力の高さと、職人の仕事振りに感動した。
あの時点ではまさかそのあと、あんなスーパーゴールを決めるとは思わなかったが、本当に末恐ろしい選手だよ。
うまくいかなかった前半ですら、もうルーキーの存在感じゃなかったもんね。

c0025217_16372331.jpgc0025217_16372932.jpg
c0025217_16374064.jpgc0025217_16374765.jpg
c0025217_16375651.jpgc0025217_1638492.jpg
c0025217_16381220.jpgc0025217_16382413.jpg

あれだけできている選手なんだから当たり前かもしれないが、ヨネにルーキーとしての甘えはない。
ほかの選手たちを同じ責任とリスクを背負って臨んでいる。
しかし同時に彼は、ルーキーならではの思い切りの良さを失っていない。
彼の思い切りがトリガーとなり、伝播していくことを期待したい。
城福さんはヨネの活躍についての感想を求められた質問に対し、相方の梶山の支えを称えつつ奮起を促した。
今日からの1週間、チームはナビスコ準決勝に集中する。
チームの未来を考えても、是が非でも欲しいタイトルだ。
これを重圧にせず…言うは易し、なのは分かっているが、ここは思い切った戦い方をして欲しい。
奇しくも準決勝はホーム&アウェーの180分勝負。
アウェーでの戦い、失うものがないのは東京のほうだ。
思い切りやって、ダメならホームで取り返せばいい。

カップを奪い取れ、掲げよ東京。
気負いなく、外連味なく、今こそ東京と、それぞれの選手のすべてをぶつけるとき。
気運は高まってきた。
by blue-red-cherry | 2009-08-30 16:38 | FC東京
<< 豚もやしキャベツのにんにく醤油炒め ウエストハム・ユナイテッド×ト... >>