もんじゃ焼きと焼きうどん

日曜は午後イチで選挙行って、安売りの店でいろいろと買出しして帰宅。
そのあとはサッカー見たり24時間テレビ見たり、選挙、投票したけどほとんど興味はない。
知れば知るほど鬱屈した気分になるから。
なんだかんだでウルっときちゃう、出演者好感度アップ大作戦番組を見ながら、ホッピー片手に家もんじゃ。

c0025217_11151459.jpg
c0025217_1115205.jpg
c0025217_1115254.jpg
c0025217_11153041.jpg
c0025217_11153553.jpg

いつぞや実家に帰った際に知った、家もんじゃの存在。
市販の素を購入。
我が家系で流行っているのは素となる粉末のほかに切りいか、揚げ玉など基本的な具材がセットになったものだったが、オレが見つけたのはもっと安価で、粉だけのもの。
そのため、揚げ玉や切りいか、桜海老等を買い揃えていくと割りといい値段になってしまったっていう。
そんなこんなでキャベツを刻み、粉を水で溶いてソースを混ぜて、切りいか、桜海老、ベビースターと盛ってたねを作る。
あとは土手を作って、流し込んで…と外と同じ容量で。
普通にソース味のもんじゃ、あの味。
酒も進むし、味が凝縮されたおこげも美味い。
問題は我が家のホットプレートが小さかったこと。
いまいちたねが広がらず、一口一口があまり薄くないのよね。
これがちょっと、もんじゃっぽさを失わせてたが、ありかなしかでいうとありなので、具を変えてまたやってみようと思う。
一玉だけやって、締めの焼きうどん。
ソース+バターの濃厚仕様で、満足度高い締めとなった。
もんじゃは肉入んないのが物足りないんだよなー。

ご教授いただいた焼きうどん+バターの形がもう、やめられない。
このとろける香ばしさからはもう、逃れられない。
by blue-red-cherry | 2009-08-31 11:16 |
<< ACミラン×インテル セリエA... FCバルセロナ×シャフタール・... >>