食事処 かどや

c0025217_13101279.jpg
c0025217_13102266.jpg

水曜の静岡遠征、期待していた清水港の河岸の市がまさかの水曜定休日。
あれさ、Jリーグやカップ戦の水曜開催があるんだから、曜日ずらしたほうがいいと思うの。
せっかく休みを取って行くのでどうしたものかと思案した果て、静岡出身の同僚に意見を乞うと、その同僚の地元である焼津の定食屋、「食事処 かどや」を薦められた。
個人的に食通と思っている同僚の薦めだけに食指が動き、清水をだいぶ通り越しての回り道になったが一路焼津、行ってきた。

c0025217_13102873.jpg
c0025217_13103492.jpg
c0025217_13104087.jpg
c0025217_1310467.jpg

焼津港一帯ではあるが、調べていかないとなかなかたどり着けないであろう、住宅などが並ぶエリアに構えた店。
見た目からして風情がある。
12時前後の到着だったが、中は地元で働く人、長く住む人と思しき方で賑わっている。
店前に掲げられた当日のおススメのほかにも気になるメニューだらけで、こう滅多にこれない店だからこそ、悩んだ。
ルックスも良さそうだし、種類食べられそうだったので海鮮丼(1,500円)を注文。
ダチもそれをメインで、あとは名物っぽい、まぐろカツを単品で頼んでシェア。
海鮮丼が惜しみない!
焼津の特産、まぐろは赤身に中トロ、大ぶりな切り身が合わせて6切れくらい入ってたし、平目やはまち、タイに海老、甘海老、たこ、いか、とり貝、玉子に釜揚げしらす。
刺身のボリューム&バラエティに対し酢飯は控えめ、刺身と酢飯の逆転現象。
刺身はどれも当然、スーパーステューピッドフレッシュで臭みはないし、どれも肉厚で食べ応え充分。
まぐろのシルキーな食感とジューシーな旨味は群を抜くが、柔らかく滑らかないかや、塩気がベストで備わったしらす辺りも絶品。
単品で頼んだまぐろカツも素晴らしい。
薄めの衣をサクっとかじれば、まぐろ肉の旨味があふれ出す。
柔らかジューシーで、魚介の旨味を閉じ込めたまぐろの肉汁が堪能できる。
ポン酢であっさり食べる食べ方も抜群の相性だ。

さすが、地元民のおススメ。
申し分ない旅メシとなった。
定食屋だけにメニューが豊富で、もっとゆっくりできれば大人数でシェア、というのもありだろう。
10月にもアウェー日本平があるし、余裕がある人はぜひ。
by blue-red-cherry | 2009-09-04 13:12 |
<< 回転鮨 魚がし 清水エスパルス×FC東京 ナビ... >>