回転鮨 魚がし

c0025217_1327534.jpg

焼津にて昼メシを済ましたあと、ナイターまではかなり時間があったので、男2人、海岸沿いをドライブ。
清水を通り越して三保の松原を散策。
つかオレ、富士山にまったく縁がなくって、静岡遠征数度来たけど、一度もすっきり富士山拝めてないっていう。
水曜も多分に漏れず、ガッツリ白く濃いぃ雲の覆われてた。
変わらぬ景色をサクっと眺めて清水に戻り、スタ入り前にドリプラのすし横丁の「回転鮨 魚がし」で腹ごしらえ。
同胞も何人かお見受けした。

c0025217_13275822.jpg
c0025217_1328321.jpg
c0025217_1328916.jpg
c0025217_13281631.jpg

商業施設内ゆえに、港や市場の店と比べるとどうしても割高感は拭えないが、ネタの新鮮さは見劣りしない。
昼に結構がっつり食ってたので控えめにしたが、三種盛りという一貫ずつ違うネタを乗せた皿が調子よくって何枚か頼んだ。
まぐろの三種盛りは赤身、中トロ、びんとろとそれぞれの良さを堪能。
地魚三種盛りはいさきとサーモンと、なんだったっけかな。
今の時期が旬らしい、生しらすの軍艦もぷちぷちはじける食感、ほんのり漂う甘味がたまらない。
締めでいかの三種盛り、これも新鮮だった。
港町の回転寿司は美味い、これ定説。

回転寿司は食えば食うほどノってくるというか、胃が広がってく感じで止まらない。
かなり腹が膨れ、食べてるときはもうしばらく寿司は…なんて思ってたけど、わずか一日空けて振り返ってこう書いてると、また寿司食いたくなってきた。
日本人は寿司…とラーメンだな。
by blue-red-cherry | 2009-09-04 13:30 |
<< 弁当 食事処 かどや >>