蒙古タンメン中本 新宿店

月曜は午後出で、「中本」新宿店に立ち寄り。
先週一週間は「中本」行ってなかったので随分久しぶり。
レギュラーメニューで辛ウマ吸収してもよかったが、冷たい限定麺、暑いうちに食べとかないと。

c0025217_21162247.jpg
c0025217_21162733.jpg
c0025217_21163328.jpg
c0025217_21163890.jpg
c0025217_21164761.jpg
c0025217_21165295.jpg
c0025217_21165843.jpg

新宿店、9月の限定は北極涼麺。 中本流の冷やし中華ということだが、汁気が多く、冷やしラーメンの域か。
保険で頼んだ定食をさっさと平らげて、メインの北極涼麺に。
汁を啜ると、口当たりの辛味はほどほど、酸味がだいぶ際立っていて、なるほど冷やし中華風味。
シャキシャキのもやしを中央に、茹でた細切れの豚しゃぶ肉、かいわれ、にんじん、茹でキャベツと実に鮮やか。
それぞれ冷たいスープとマッチしてて、まさに冷やしならではの具。
口当たりがきつくないので、ついつい飲んじゃうがそこは北極の名を冠しているだけあって、実はあとからくるタイプの辛さ。
唐辛子がかなり浮いてるので、胃腸というよりは口周りにガッツリ刺激がくるので要注意。
で、麺が美味い。
いつもの麺だと思うんだけど、水で締められたか、つるつる滑らかなのどごしが絶品。
改めて中本の麺の美味さを再確認できる。
辛さは残しつつも酸味が際立つので、旨味の部分が薄まってしまってるのがやや残念。
目黒の冷・冷しかり、中本の冷たい麺に共通してるのがその辛ウマに酸味とかのエキスが加わることで、どうしても旨味の部分が弱まる気がする。
まあそれでも充分美味いし、にんにくチップなんかと一緒に食べればコクも担保されるので問題なし。

こういう亜流を食べると本流を食べたくなってしまうんだよな。
商売上手。
by blue-red-cherry | 2009-09-07 21:17 | ラーメン
<< FC東京×清水エスパルス ナビ... ナポリタン >>