FC東京×ガンバ大阪 J1第26節

c0025217_225451.jpgc0025217_2251048.jpg
c0025217_2252551.jpgc0025217_2253110.jpg

悔しい敗戦から1週間、なんとか再び上昇のきっかけを掴みたかったホーム、ガンバ戦
今晩、これからファミリー・アフェアーにて関西ィィに夜行バス(不況!)にて行かねばならず、しばらく更新できないので写真だけアップして、気が向いたら帰ってきて書きます。

c0025217_226040.jpgc0025217_2261115.jpg
c0025217_2262180.jpgc0025217_2262784.jpg
c0025217_2263648.jpgc0025217_2264371.jpg
c0025217_2265129.jpgc0025217_2265733.jpg
c0025217_227572.jpgc0025217_2271181.jpg
c0025217_2272957.jpgc0025217_2273611.jpg
c0025217_2274542.jpgc0025217_2275198.jpg
c0025217_228129.jpgc0025217_228773.jpg
c0025217_2281669.jpgc0025217_228224.jpg
c0025217_2283380.jpgc0025217_2283883.jpg
c0025217_2284618.jpgc0025217_2285319.jpg
c0025217_229111.jpgc0025217_229781.jpg
c0025217_2291538.jpgc0025217_2292170.jpg
c0025217_2292990.jpgc0025217_2293547.jpg
c0025217_2294493.jpgc0025217_2294983.jpg
c0025217_2295911.jpgc0025217_221058.jpg
c0025217_22101476.jpgc0025217_22102033.jpg
c0025217_22102840.jpgc0025217_22103576.jpg
c0025217_22104293.jpgc0025217_22104899.jpg
c0025217_22105679.jpgc0025217_2211242.jpg
c0025217_22111077.jpgc0025217_2211172.jpg
c0025217_22112623.jpgc0025217_22113547.jpg
c0025217_22114650.jpgc0025217_22115367.jpg
c0025217_22121222.jpgc0025217_22121989.jpg
c0025217_22122689.jpgc0025217_22123384.jpg
c0025217_22124459.jpgc0025217_22125110.jpg
c0025217_2213075.jpgc0025217_221366.jpg
c0025217_2213148.jpgc0025217_22132043.jpg
c0025217_22141444.jpgc0025217_22142059.jpg

雑感としては、確かに東京のサッカーのベースは最終ラインからのビルドアップと共に2トップが前線でしっかり的になることも欠かせない要素だが、カボレと、平山まで欠いた状態ではあれが限界だと思う。
祐介がベンチにも入れない状態というのは気がかりだが、終盤に見せた石川トップにも「形」を求めるのは酷だし、2トップ以外の形を模索するというのはもはや、アクセントではなく、命題のように映った。
個々でいけばその石川がやはりもっとも得点の匂いを漂わせているのは事実だが、ガンバのように中盤が強固なチームと対峙すると、石川を4枚の1枚と考えてしまうとどうしても、実質3トップ気味に動いてるゆえに中盤で主導権を握るのが難しくなる。
これも上に書いた配置の問題で、考え方次第だろう。
それにしても前半の二度の決定機が入っていれば…まったく違う結果が待っていたはずだ。
赤嶺も達也も持ち味は出していたと思うが、やはり厳しい。
赤嶺の飛び込みを活かすためにはもう少し、サイドを厚く、深くエグっての折り返しで勝負したい。
梶山と米本は並、どちらかというと守備の意識が高かったか。
二川と遠藤の存在感、大人なプレーぶりが別次元だったが、彼らに少し押されていた印象がある。
最終ラインでは今野の鬼気迫るプレーぶりが光った。
前へ出るスタイルが奏効し、たびたびインターセプト。
京都戦の終盤にも見られたが、なかなかゴールへ迫れないチームを後ろから支えるもどかしさからか、前でプレーしたがっているように見える。
噂のスクランブルはどうしたんだろう?
タラレバだが、モニを使って一枚上げる形も、この手詰まり感の中で考えてもいいのでは。
また、長友の充実振りも同じく光った。
権田はスーパーセーブのみならず、何度も何度も放り込まれたクロスにも冷静に対処し、抜群の安定感を見せてくれた。
終盤投入され、使われつづければ良さを出せ、伸びを感じさせる椋原とともに、若手の進歩は本当に頼もしい。
草民は今、使うならばトップでしか活きないと思う。

c0025217_22143983.jpgc0025217_22144716.jpg
c0025217_2215387.jpgc0025217_2215985.jpg

ある程度、やれるところと限界点が見えた試合だったと思う。
リーグは続くし、ナビスコのファイナルも確実に迫ってくる。
脱カボレというテーマは生半可な課題ではないが、少しずつ、やっていくしかない。
そしてこのチームの未来のために、ひとつでも上の順位を目指すこと、それが一番大事。
by blue-red-cherry | 2009-09-19 22:16 | FC東京
<< カレーうどん サッカー戦術クロニクル >>