名古屋グランパス×FC東京 J1第28節

c0025217_19443329.jpgc0025217_19444027.jpg
c0025217_19445838.jpgc0025217_1945557.jpg
c0025217_19451588.jpgc0025217_19452371.jpg
c0025217_19453390.jpgc0025217_19454097.jpg
c0025217_19455012.jpgc0025217_19455797.jpg

インターナショナルマッチデーによるブレイク前の一戦は、アウェーで名古屋戦
もうここから先は、何かにつけて必勝の理由あり、ノックアウトラウンドの気持ちでやるしかない。
追いかけ、追い越すことに成功した前節とは対照的な、追いすがる相手を退ける戦いだったが、前節に続きベンチが、先発、途中出場、送り出された選手が、それぞれ勝ち点3にこだわる姿を見せてくれた。
素直にありがとう、といいたい。

東京はいつになく積極的な守備が目立った。
城福さんのハーフタイムコメントにも、「ブロックしっかり作ってからアグレッシブな守備を」という内容があり、これは前半から貫かれていたと思う。
名古屋は開始から縦に早く、ストロングポイントであるケネディと、両サイドを使ってきた。
中央はもちろんケネディと衛星的に動き回る玉田、そこにディフェンスを引き付けながら、両サイド高い位置にマギヌンと小川が張り出す形。
セントラルハーフに三都主を置いた狙いは恐らく、ケネディへの楔と、斜めにサイドを変える長いボールの配給役としての役割を与えたかったんだと思う。
開始からの5分、10分は互いに落ち着かず、お決まりの蹴り合う形になり、その中で名古屋の狙い通りの形を何度か作られたものの、その後は城福さんの狙いどおり、しっかり作ったブロックでスペースを消し、アグレッシブなプレッシングでボールホルダーを追い詰める。
まずはブロック作りの部分。
4バックは綺麗なラインをそろえ、中盤はセンターはどっしり、羽生と石川が運動量多く、守備でもしっかり貢献していた。
ケネディには特別厳しくしていたため、長友や徳永が絞って挟むケースも多く、その分石川と羽生の戻りが幾度となくチームを救っていた。
そしてアグレッシブな守備。
平山と達也のチェイシングに始まり、上に戻りの早さを記した羽生と石川は、前に残ったままのファーストディフェンスでも寄与。
配給役の中央、三都主のところには、ヨネと梶山のどちらかが必ずチェック。
穴を開けないブロックをベースに、ボールホルダーへ積極的にプレスをかけることで、ケネディのプレー機会を極力減らすことに成功していた。
その中で段々と名古屋のパスミスを誘い、苦し紛れのフィードにはしっかり対応、ヨネや梶山がセカンドを拾えるようになり、徐々に東京のポゼッションが上がる。
今季は平山に当ててのポゼッションからリズムを作るパターンが多かったが、久しぶりに守備をベースにリズムを掴んだ。

そんな中、いい入り方をしたにも関わらず、ケアしていたセットプレーでやられたのは痛かった…になるかと思った。
スピードを保ったまま大きく弧を描き、ファーに正確に合わせた小川のボール。
ボールに合わせて流れながらも2人のディフェンダーを寄せ付けずにしっかり折り返したケネディのヘッド。
待ち構えるのではなく、守りづらい、飛び込む形で中央合わせてきた吉田摩弥のヘッダー。
セオリーどおりというか、恐らく何度も練習してきたのであろう、あまりにも綺麗な形。
東京も分かっていただろうし、ケアしていただろう形だったが、それでも守りきれなかった失点。
ガードの上から弾かれた格好になったこのゴールに、ペースを握っていたことも相俟ってこれは堪えるか、と思ってしまった。
ごめんなさい。
選手は一切下を向かなかった。
時間もたっぷりあったし、失点までいいムードを保っていた、そのままのやり方を貫いてくれた。

当然名古屋も東京を研究してきていて、彼らが取った手段は徹底した平山潰しだった。
最終ラインには吉田、増川と高い壁を張り付かせ、平山の競り合いを徹底的に潰してきた。
平山の降りてくるプレーには、そのCBも追いかけつつ、さらには吉村、両サイドバックも絞って対応してきた。
ちょうど東京がケネディをケアするように、名古屋も平山をケアしてきた印象。
当然東京も相太が潰れるところを使う。
そのためのコンビといってもいい達也との組み合わせで、平山が引っ張り出したディフェンスの裏を達也がたびたび狙う。
さらにここ2試合でだいぶこなれてきた、達也と石川のポジションチェンジも激しく繰り返され、2列目以降で激しくポジションチェンジするこの2人、捕まえるのに苦労したはず。
ベースを守備に置いていたので攻撃参加こそ少なかったが、バランサーとしての仕事に腐心した羽生のおかげで好調長友の上がりも目立つ。
ここのところ、互いに良さを消しあう展開になるんだけど、それでも東京の手数が上回ることで、ゲームの流れを握れることが多くなっている。
苦労していろんな形を試してきたシーズンだったけど、その苦しみが今になっていろんな可能性となっているのは嬉しい限り。

ペースを握りながら、しっかりとフィニッシュに結びつけたゴールシーンはどちらも見事だった。
名古屋の縦へのボールをカットしたモニから前線石川へ、クリアするチャンスもあったが耐えてしっかり狙ったボールが入る。
それを石川がきっちり落として中央前向きで受けた平山は、並走する羽生を囮に、名古屋左SB・阿部の裏を取った石川へピンポイントのスルーパス。
阿部も喰らいついてきたが、見事な身のこなしでボールをブロックし、狙い済ました左足。
一連の石川の動きにはもう、ひれ伏さざるを得ない。
相太からのパスを受けた時点でゴールイメージが出来ていた、5割の力で蹴ることでサイドネットに流すイメージが出来ていたという旨のコメントを今朝になって読んだが、そんなことってあり得るんだという次元の話。
裏から入ってきて中央、阿部と入れ替わる形を作りながら、ボールと自分の間に入らせない、あの身のこなしも完璧だった。
確かにシュートが刺さったコースを注視するようなそぶりは見られなかったし、まさしく感覚で奪ったゴールなのだろう。
石川だからこそ叶えたゴールなのは間違いないが、相手の得意とする縦に早い攻撃をストップし、相太に集中するマークをかいくぐって石川へ楔を当ててからの展開は、チームとして狙いどおりのゴールだったといえる。
狙いどおりといえば達也の勝ち越しゴールも狙いどおりだっただろう。
徳永のオーバーラップからニアで達也が合わせる形は、29分のゴールの前にもまったく同じパターンで、達也がヒールシュートを試みたシーンがあった。
さらにいえば、トクはこの試合、何本も速いグラウンダーのクロスを試みている。
長身ディフェンダーをそろえた名古屋に対し、はっきりとした狙いがあり、それをしっかりと実戦した会心のゴールだった。
このゴールもまた、中盤でヨネが粘ったボールを梶山からダイナミックなサイドチェンジで演出したところに端を発し、フィニッシュの部分では達也のアイデアと技術が光った、チームとしての連動と個が合わさった素晴らしいゴール。

いけね、前半だけで長くなっちまった。
狙いをもって取り組んだ守備をベースにペースを掴み、先制を許すものの下を向かずにやり続け、いい時間帯に同点、逆転に成功。
その後もペースを握りながら、しかし散発のマギヌンや玉田のシュートに肝を冷やしつつ、しばらく効かなかったカウンターが石川と達也の入れ替えが奏功したりして、とにかく前半は会心の出来だったといえる。
後半も変わらない展開が見られた。
東京の積極守備の前に良さを出せなかったマギヌン、三都主に代え、ブルザノビッチと中村直志を入れてきた名古屋だったが、ブルザノビッチは運動量少なく、かつ基点になるほどの強さを発揮せず、中村直志は梶山、ヨネとのマッチアップに苦労する様が見受けられ、名古屋の交代策はあまり効いてなかった印象。
さらに60分あたりには、さすがに連戦の疲れが出たか、名古屋の足が止まりだし、再び東京が主導権を握る展開に。
ここで勝負を決めたかったところだが…すべてプランどおりにいくほど、サッカーは甘くない。

60分すぎ、ケネディとの競り合いでモニが負傷。
顔を狙ったかどうかは定かではないが、肘を振った動きは故意だろうし、イエローを提示したジャッジもそれを認めている。
しかし故意を認めるのであれば、肘打ちのガイドラインは確かレッドカードだったはずだし、城福さんの激昂も、それはジャッジだけでなく、チームメイトを傷つけられたことに対するものだが、うなずける。
城福さんの激昂、確かに冷静に見て、指揮官たるものもう少し落ち着いてほしい、という意見もあるだろう。
しかし、あの熱さ、純粋に自らの選手を思うがゆえ、チームを思うがゆえの熱いアクションは、アクシデントに見舞われたチームに力を与えたのではないだろうか。
怪我や退場者を出してのアクシデントは、しばしゲーム、チームのバランスを崩すものだが、ここをポジティブな力に、チームの結束に繋げることができれば、災い転じて、ということが起こりうるのも常。
城福さんの強い思いは、元来こういったシチュエーションに燃えるタイプであろう佐原のハートをさらに燃やしただろう。
すでに全力疾走を見せていた平山や達也、石川が燃料切れを起こさずに走り続けられたのも、ここで再びスイッチを入れられたのではないだろうか。

両チームともにスタミナ的にも苦しくなってきた70分以降は、ファウルも増え、荒れ気味の展開に。
69分には羽生に代えて椋原を入れ、守りきる体勢に入った東京だが、ホルダーへのチェックがさすがにゆるくなり、クロスが連続する流れで佐原もファウル覚悟のディフェンス(結果、イエロー)。
苦しい苦しいゲームを救ったのは藤山だった。
82分に投入され、右サイドに配置された藤山は、絞っては佐原の空中戦の後処理をこなし、開いては供給源だった小川と対峙しては職人技の守備で仕事をさせない。
引退、なんて声を聞くこともあるが、ふざけんなって感じだよ。
フジはまだまだやれるはず。
てゆうかやってほしい。
この試合でJ1出場試合数はたぶん、190。
200にたどり着けばいいってもんでもないけど、オレは東京で200試合出場を達成するフジが見たいんだ。
椋原にしてもフジにしても、先週の赤嶺や北斗にしても、総力戦という状況に見事に応えてくれた。
追いつき、逆転した前節、激しい追い上げにあいながらリードを守りきった今節、この連勝の手応えは小さくない。

いつになく長文乱文になってしまったが、言いたいことは書ききったかな。
組織されたブロック守備と、途切れないプレスを実現したフィジカル面、相手の良さを消しつつ弱点を突いたゲーム前のプラン、刻々と変化する状況に合わせたゲーム中のプランともに冴えた指揮官の采配。
確かな積み重ねを感じ、一方でアクシデントにもめげずに結束し、ベンチを含めた総力戦を制した姿には、シーズン終盤、最後まで全力で上を目指す決意が感じられた。
ナビスコ決勝を挟んでのリーグ戦、残り6試合。
楽なゲームはひとつもない。
タフな終盤戦、楽しませてもらいます。
by blue-red-cherry | 2009-10-05 19:46 | FC東京
<< 豚きのこ鍋 豚キムチ焼きうどん >>