蒙古タンメン中本 本店

日曜夜、「鳥昇」での飲みを経て、子を連れ妻のもとへ帰る友人たちと別れ、せっかくの上板橋、「中本」本店へ参じてきた。
店に向かった時点で22時過ぎ。
自宅へ帰るには23時半の終電に乗らねばならない危険な時間。
店に着くと、「ジャスミン」後ろで10人を超える行列。
どうしようか迷いつつ列に入ると、続々訪れる後続、漸進する列に引っ込みつかなくなり、流れのままに店内に入ったのが23時過ぎ。
前には6人。
ああ、これは終電逃したな、実家に逃げ込むか、と覚悟を決めようとしたところで、前が3人組×2のセットだったため、すっ飛ばしてまさかの優先着席!
一人って素晴らしい。
2分待って5分で食べて、5分ダッシュで駅まで走ってギリギリ終電乗れましたとさ。

c0025217_1226474.jpg
c0025217_12261069.jpg
c0025217_12261519.jpg
c0025217_1226205.jpg
c0025217_12262613.jpg

限定スキーなオレなので、限定いきたかったところだが、今月の本店の限定は昼夜20食のみの北極の超。
まさしく超食べたかったところだが、当然この時間には残ってない。
さてどうしよう、と考える間もなく、速攻で食べなければいけなかったため、ニコセットとか、都度調理の樺太とか凝ったものはチョイスできず、北極に本店のみのサービスである背脂をつけて頼んだ。
真っ赤な北極スープに雪のような背脂が乗ったルックスは絶景。
これ、ほかの店でもやってほしい。
オレ的本店の特徴なんだけど、脂というより油多めで、辛味スープの上に一層、油膜がある感じは健在。
その分辛さは、目黒とかに比べるとちょっとマイルドな印象。
急いでいたこともあってから、北極でもエンジン全開で啜れた。
確かな辛ウマで、やっぱ中本は北極だなーっと思いつつ、背脂を絡めるとまた違った楽しみ。
まろやかでコクが生まれるというか、辛さは和らぐものの、不足はない。
麺は固めでオーダーしたが、食べ応え十分。
ああ、いつものことだけど、中本ってこう、思い出しながら記録してるそばから食べたくなるっていう。

友人にことの顛末を報告すると、執念のミラクル、だそうだ。
上板行って本店寄らないなんて、できないよww
by blue-red-cherry | 2009-10-12 12:32 |
<< 日本×スコットランド キリンチ... 鳥昇 >>