FC東京×柏レイソル J1第29節

c0025217_14293777.jpgc0025217_14294512.jpg
c0025217_14295750.jpgc0025217_143038.jpg
c0025217_14301262.jpgc0025217_14301851.jpg

c0025217_1430348.jpgc0025217_14304110.jpg
c0025217_14305039.jpgc0025217_14305640.jpg

代表戦、天皇杯を経て2週間ぶりのリーグ戦、ホーム柏戦
ここ数年煮え湯を飲まされつづけてきた感のある柏相手に今年は、アウェーでも快勝、ホームでは圧勝とやや出来すぎなくらいのダブル。
昨年末、天皇杯準決勝での悔しい敗戦のリベンジは充分果たせたといえるだろう。
ちなみに、テディベアは6年目にして始めて当たったww

c0025217_14314225.jpgc0025217_14314915.jpg
c0025217_14315995.jpgc0025217_1432849.jpg
c0025217_14321627.jpgc0025217_14322336.jpg
c0025217_14323258.jpgc0025217_14323897.jpg
c0025217_14324694.jpgc0025217_14325269.jpg
c0025217_1433743.jpgc0025217_14331496.jpg
c0025217_14332679.jpgc0025217_14333222.jpg
c0025217_14334551.jpgc0025217_14335195.jpg
c0025217_1434099.jpgc0025217_14341024.jpg
c0025217_14342098.jpgc0025217_14342668.jpg
c0025217_143438100.jpgc0025217_14344572.jpg
c0025217_14345540.jpgc0025217_143525.jpg
c0025217_14351115.jpgc0025217_14351886.jpg
c0025217_14353082.jpgc0025217_14353746.jpg
c0025217_14354720.jpgc0025217_14355377.jpg
c0025217_1436269.jpgc0025217_1436883.jpg

東京は、カボレ離脱後のベストゲームだった。
そのカボレのラストゲームとなったナビスコ準決勝の2ndレグ同様、まず目立ったのは強固な守備ブロック。
長友の負傷により右に椋原、左に徳永が入った4バックは、早めに、長めのボールを入れてくる柏のフィードにしっかり対応。
トップの北嶋へは密着マークで仕事をさせず、1.5列目からサイドに流れる菅沼、そこに田中順也が絡んだ左サイドは若干、手を焼いたものの、攻め上がりを抑えた椋原が踏ん張った。
ベースの4バックに加え、米本、梶山のセンターハーフも磐石。
吸い寄せられるかのように、スムースにボールホルダーへ寄せる米本、対して、天皇杯カマタマーレ戦でも目立ったが、梶山のインターセプトが効きまくり。
どこか変えてきたのか、目に見える変化こそ窺い知ることができてないが、梶山のインターセプトが増えていること、そしてそこからの展開が活きていることは間違いない。
平山、赤嶺の2トップ、ナオ、羽生の献身的な守備も見逃せない。
もちろんアグレッシブに、攻撃の先陣を切っていた4人だが、うまくいかないときはリトリートする意思が見え、最終ラインやセンターハーフを大いに助けていた。
柏で怖かったのは、菅沼のスピードを活かしたカウンター、その1点だったが、何度か危険な場面を作られたものの、ベースのブロックと前線の守備意識でその脅威は最小限に抑えられていた。

攻撃面では平山、赤嶺の連携が見違えた。
空きがちだった2人の距離感は、程よく近い距離を保つようになり、互いが競り合ったボールへのサポートが常に成される関係。
楔のボールに対しても、どちらか片方が担うのではなく、マイボール時のポジションによってどちらもがその役割をこなし、どちらかはサポート、もしくはエリアでフィニッシュに備える。
どちらかが必ず、無理のない形で楔やサポート役になることで、羽生やナオの攻め上がりもよりやりやすそうに映った。
梶山からの配球も、出しどころがはっきりしているので狙いやすそうに見えた。
被ったり遠かったり、なかなかどうしてうまくいかなかったこの組み合わせだったが、一気に視界が開けた感じ。

あとは梶山だな。
2トップに収まりよく、羽生やナオが運動量多く仕掛け、さらに椋原は守備に重点を置いていたが、久々左サイドに入った徳永は、代表での好調そのままに攻め上がり、積極的にカットイン、シュートを放つなど、手数は多かった東京。
それでも攻撃のスイッチを入れるのは、ほとんどのケースで梶山だった。
最終ラインとビルドアップを始める、深めの位置をベースにしながら、両サイドへの散らし、いつになくボールが梶山を経由する。
平山、赤嶺にボールは入るものの、柏のディフェンス陣もマークは外さず、厳しくついていたし、サイドバックは両サイドともに深め、ナオや羽生の侵入をケアしていてと、スペースはあまりなかった。
その閉塞された状態を打ち破るにはやはり、ギアを一気に上げる縦パスしかない。
穴がなく、縦になかなか入れづらい状況で、梶山は横パスを正対して浮けながら、90度真横、つまり前線へ強力な縦パスを送る。
このスタイルはまんまシャビ・アロンソのそれに近いものがあり、実際、強度を保ったパススピード、上記したポジショニングでの守備も相俟って、かなり梶山がシャビ・アロンソに重ねて見えた。
キックの種類も多彩で、力強いインサイド、コントロールされたインステップ、虚をつくダイレクトではフリックオン、アウトサイドも自在に使う。
それでいて寄せに遭えばその強靭な体躯を活かしたボディコントロールで時間も作れる。
もちろんミドルもあって、中央、細かいパスで崩すのであればバイタルで技巧派としても存在感を見せつける。
圧倒的。

安定した守備、コンディションと連携に冴えを見せた前線が幾度となくチャンスを作りつつもなかなか点が入らない展開を打ち破った前半アディショナルタイムでの先制点。
沈黙を破ったのは梶山の力強さ、スピード、コントロールともにハイレベルな中央への縦パスだった。
そしてこのパスを、絶妙のトラップでコントロール、ターンもバッチリ決まって間髪入れずにスルーパスを送った羽生のプレー。
さらにはディフェンスの寄せ、キーパーのブロックを考えるとあのタイミングしかなかったが、後ろからのボールをダイレクトでコースに流し込むという、技術の高さを要すシュートで決めた赤嶺。
一連のプレー、すべてがハイレベル。
今季見た東京のゴールの中で、複数人の連動したプレーで実現したものの中ではダントツのクオリティだった。

2トップ、羽生やナオも元気で梶山は無双。
中軸がしっかりしていたおかげで、先制点の場面以外でもいくつか惜しいシーンがあった前半。
梶山の低い位置からダイアゴナルに出したロングフィードを受け、対面のディフェンスを深い切り返しでかわして放ったナオの左足。
ナオは平山のスルーパスに反応してエリア右深くから右足で放ったシュートも、決定的だった。
中央で平山、赤嶺、梶山らとパス交換した末に羽生が左足で狙った場面も面白かった。
ある種、アルゼンチン的な中央での崩し。
チャンスは少なくなかったが、若干中央に寄る傾向が強く、実際、クロスが上がる回数に物足りなさを覚えた。
これでサイド攻撃が増え、それを受けてのサイドチェンジが見られるようになれば、大きな揺さぶりと中軸で攻める中央突破と、バランスが良くなればもっともっとチャンスが増えるだろうと睨んでいた。

c0025217_14364734.jpgc0025217_14365329.jpg
c0025217_1437176.jpgc0025217_1437776.jpg
c0025217_14371586.jpgc0025217_14372181.jpg
c0025217_14373130.jpgc0025217_14373894.jpg
c0025217_14374754.jpgc0025217_14375318.jpg
c0025217_1438134.jpgc0025217_1438664.jpg
c0025217_14382094.jpgc0025217_14382675.jpg
c0025217_14383434.jpgc0025217_14384029.jpg
c0025217_14384839.jpgc0025217_14385490.jpg
c0025217_1439244.jpgc0025217_1439851.jpg
c0025217_14391630.jpgc0025217_14392773.jpg
c0025217_14393633.jpgc0025217_1439435.jpg
c0025217_14395310.jpgc0025217_14395967.jpg
c0025217_1440625.jpgc0025217_14401270.jpg
c0025217_14402148.jpgc0025217_14402730.jpg
c0025217_14403560.jpgc0025217_14404191.jpg
c0025217_14404931.jpgc0025217_14405646.jpg
c0025217_1441588.jpgc0025217_14411322.jpg
c0025217_14412335.jpgc0025217_14412997.jpg
c0025217_14413966.jpgc0025217_14414611.jpg
c0025217_14415464.jpgc0025217_1442166.jpg

同じことを考えていたか、携帯サイトを見ると、城福さんもハーフタイムにサイドのスペースをもっと使っていこうという旨の指示を出していた様子。
それを受けた後半は、頭から積極的なサイドアタックが見られた。
まずは左サイド、高い位置に羽生が顔を出す回数が増える。
一時期、それこそナビスコ準決勝で平山のヘッドをアシストしたように、羽生が左サイド高い位置からクロスを上げるパターンもひとつの有力な武器になっていた。
この日も早めのクロス、ほかにもエリア手前で溜めを作り、上がってきた徳永に落とすと、受けた徳永がミドルを放つなど、羽生が意識的に左サイドのスペースを使うことでまずひとつ、左サイドから活性化された。
右サイドはナオだ。
左サイドでリズムを作りながらいい入り方をした後半、50分をすぎたあたりからナオの突破が目立ち出す。
自陣でも、相手陣内でも、セカンドへの反応が人一倍早く、そのままひとりで持ち上がること、数度。
前線にスペースはなかったが、低めの位置からある程度距離感を持ってドリブルを始めると、相手ディフェンスは飛び込めない、ついていけないで、何度も深くエグってクロスを上げた。
ナオが押し込む形で右サイド、菅沼・田中との力関係を上回ると、椋原も積極的にオーバーラップを開始。
55分の羽生のゴールは、椋原が「らしい」、ゴールラインギリギリまでエグるドリブルからのクロスに始まり、赤嶺の粘りから生まれたもの。

サイドが活性化されれば中も、とは思っていたが、これほどズバリハマるとは。
62分にはショートカウンター気味に羽生から赤嶺、リターンを受けた羽生が左足で絶妙のスルーパスを平山へ。
この時点でマーカーとはかけっこの状態になっており、揺さぶりから、密着マークを剥がすことに成功している。
平山もファーストタッチをシュートコースへしっかり落とし、迷いなく振りぬいた左足が菅野の牙城を崩した。
69分にも再び羽生から。
3列目から前線へ浮き球、強さも距離感も絶妙な位置へのパスだった。
しかしこのゴールはやはり、ナオだろう。
羽生の足元にボールが入った時点ではまだまだ前に2、3人のディフェンダーがいたナオが、そのディフェンスを追い越しての走りこみは素晴らしいものだった。
このシーンに限らず、緩急つけたプレーの中で、ギアが急にシフトすると、誰にも止められない。
シュートへの意欲は引き続き高く、さらに後半開始からの15分に見せたサイドでの突破は、サイドの突破力健在、を強く印象付けた。

オフィシャルの試合記録のページも、この69分のゴールを境に、ほぼ締められている。
オレも正直、ここから先の出来事を、詳細に書くことはできない。
4-0という大量リード、中身でも相手を圧倒した、今季5本の指に入るゲームを繰り広げていたにもかかわらず、ここから無駄に長いアディショナルタイム6分を含んだ30分弱、スタジアムは鎮痛な空気に包まれた。
お気楽なチャント歌いやがって、みたいな書き込みをどこかで見たが、残って戦っている選手たちはおろか、誰にも罪はなく、少しでも力づけようとチャントを奏で続けたゴール裏は偉かったと思う。
もちろん、ピッチの選手たちも同様だ。
城福さんは大竹、草民、北斗の投入に、ナオが離脱したことがチームに与える影響を、メッセージとして込めた。
城福さんは満足しないどころか、彼らのプレーに憤りを覚えていたとのことだが、あの雰囲気の中、大竹も草民も、北斗も、前を向いて自分のできることをなんとか、というもがいている姿はしっかり伝わったけどな。
それがナオの不在を打ち消すようなものではなかったのは事実だけど、彼ら自身、その重みはしっかりと認識しているはず。

もう昨日、散々凹んだし、散々泣いたし、散々自棄酒したし、これ以上メソメソウダウダしたくない。
それでもなんでこんなことに、という思いはどうしても拭えない。
ちょうど一週間前、日本代表のユニフォームに袖を通し、オレたちに明るい未来を夢見させてくれ、自身夢見ていたであろうナオが、どうしてこんな目に遭わなければならないのだろうか。
怪我からの復帰を繰り返し、城福サッカーに身を委ねる中で、100%ではない力の出し方を学んだというナオ。
シュート精度を向上させ、プレーの幅を広げたその思考法が根にあるのは間違いないが、東京で、日本代表で、彼が特異な個として輝いていたのは、そのダイナミズムによるところが多い。
ドリブルにしても動き出しにしても、縦横斜め、ゴールへの道筋を描いて迷いなく突き進むそのダイナミックなムーブ。
スピードも躍動感もマックスで、誰も止められない分、壁が立ちふさがったらよけるのは難しい。
思えばキュンキュン、だとか、カモシカ、だとか呼ばれた良いときのナオのスタイルって、いつもそういった危うさを孕んでいたよね。
だからみんな、今季の好調ぶりを見ていてもどうしても、頭の片隅に「怪我しなきゃいいけど」という思いは、多かれ少なかれ、抱えていたと思う。
でも力を抜き方を覚えて戦う姿に、今度こそ大丈夫だろう、みんなもそう思ってたんじゃないかな。

悔しいし、悔やんでも悔やみきれない。
でも、ナオが怪我をしてしまったのは、もう変えようのない事実だ。
オレたちのそんな思いを、誰よりも悔しいはずであるナオ本人が、昨夜、ブログにて語ってくれた。
その内容は、冷静に自己と、自己に起きた事実を冷静に分析する文章と、隠し切れない悔しさ、苦しさが端々から感じられる、涙なしでは読めない内容だった。
携帯公式では、羽生が3点リードした場面であのパスを出す必要があったか、そんな悔恨の念を吐露していた。
2ちゃんでは、競り合った選手を誹謗する声もあった。
でも誰のせいでもないよ、誰も悪くない。
悪いのは、こんな運命を与える、サッカーの神様だ。
ナオは、もし時間が巻き戻っても同じプレーを選択すると思う、としていた。
そういう選手だからこそ、サッカーを愛し、愛され、時代の寵児になり得るんだと思う。
だからこそ、そんな彼にツライ試練ばかりを与えつづける、もしいるんだとしたら、サッカーの神様が憎い。

今、オレたちにできることなんて何もない。
それこそ祈る、信じることくらいしかできない。
でも絶対、ナオは戻ってくる。
何度でも、戻ってくる。
残された選手たち、チームに関わるすべての人間は、ナオが戻ってきたときに輝くための最高の舞台を用意しなければいけない。
怪我に遭ってしまったあのゴール、4点目をなくてもよかった点じゃなくて、あのゴールがあったからこそたどり着ける高みを目指しつづけなければならない。
今の時点では、ナオの怪我がどの程度のものなのか、わからない。
大逆転で軽症で済んだら、なんて楽観論も捨てきれない。
ただ、どちらにしろ、オレたちもナオも、やるべきことは前に進むことだ。

c0025217_14422462.jpgc0025217_14423132.jpg
c0025217_14424061.jpgc0025217_14424782.jpg
c0025217_14425681.jpgc0025217_1443357.jpg

次週、敵地での清水戦。
その翌週はナビスコ決勝、川崎戦。
そのまた翌週は5年勝ててない、浦和戦。
前だけを見て、上だけを目指して、進んでいくしかないんだ。
by blue-red-cherry | 2009-10-18 14:43 | FC東京
<< 生醤油うどん ガッテン流 博多風水炊き >>