びんとろアボガド丼

で、水曜日の夜。
水曜は一日、某所で立ち上がったナオに捧げる千羽鶴企画の鶴を折ってた。
三十路男の武骨な手じゃ、7.5cm四方の鶴を折るのはホントに一苦労で、正直一日仕事になってしまった。
だが、苦戦すれば苦戦するほど集中するというか、鶴に思いこめるってこういうことなんだなっと思った。
集中力が著しく欠けがちなオレとしては、集中力を高める作業として、折鶴を習慣づけても面白いかとも思った。
休みだったので手のこんだものを作ろうと思ってたんだけど、そんなこんなで丼で手抜きディナー。

c0025217_11213759.jpg
c0025217_11214297.jpg

安売りだったびんとろだけど、吟味して選んだら、筋なく、かつ脂のノリのいい部位だった。
アボガドもあまりいい色のものがなかったんだけど、触って柔らかさとかでチョイスしたら、ちょっと柔目だったけどなかなかのもの。
ねぎを刻みつつ、わさび醤油で食べた。
こういう丼は素材次第だから、素材のチョイスに成功したので美味しくいただけた。
もうひとつ、白菜とツナの煮物を作ったんだけど、こっちは大失敗で、割愛。

夜にようやくナビスコ決勝のビデオを見た。
なんだかこの日も含めて、長い二日間だった。
by blue-red-cherry | 2009-11-07 11:24 |
<< 弁当 焼きハムと目玉焼き >>