中華そば すずらん

c0025217_23192269.jpg

水曜日の昼はノー弁当デーとなったため、かつ、「中本」を除外して渋谷をふらつく。
「中本」は自重しとこうと思いつつ、選択肢がなかなかでてこないのが困りどころ。
悩んだ挙句、明治通りの激戦区を歩きながら、「すずらん」に落ち着いた。
随分と久しぶり、ピークを超えた昼時だったことと、朝から降りしきる雨もあり、ちょっとの待ち時間で入れた。

c0025217_2391854.jpg
c0025217_2392411.jpg
c0025217_2392979.jpg
c0025217_239369.jpg
c0025217_2394247.jpg

定番の味噌つけそばを、ついに名物の平打ち麺で初挑戦。
「凪」でいうところの「いったんもめん」クラスの横幅はもはや、麺の域を脱している。
パスタの種類とかでありそうだけど、啜る感覚ではなく、しっかり食べる感じ。
小麦の香り強く、つけ汁も手が込んでるけれど、麺を食らうってのがここの特徴だと、個人的には思ってる。
というのも、あまりつけ汁に絡まないんだよなあ。
味噌ばかり食べてるのでほかの限定とかよく知らないけど、さらり目の味噌スープは、そういう粘度の部分での絡みが期待できないばかりか、味噌自体も濃さがないというか、あまり残るインパクトがない。
喉越し、口当たりは香りも含めていいんだけど。
具もしっかり調理されていて、その味がしっかりついてる。
普通の麺で食べても思うんだけど、ちょっと麺とスープの絡みがいつも、物足りないのが正直なところ。

このメニューはギリギリ950円だけど、1,000円以上のメニューも結構な量、お品書きを埋めている。
1枚目の写真の限定なんて、一杯で2,500円だから!
このご時世に強気な値段設定だよねえ。
by blue-red-cherry | 2009-11-11 23:14 | ラーメン
<< 回鍋肉 鶏ときのこ、野菜のトマト煮 >>