FC東京×ザスパ草津 天皇杯3回戦

c0025217_2305936.jpgc0025217_231796.jpg
c0025217_2312972.jpgc0025217_231362.jpg
c0025217_2315278.jpgc0025217_2315899.jpg
c0025217_232665.jpgc0025217_2321236.jpg
c0025217_2322533.jpgc0025217_2323133.jpg
c0025217_2324079.jpgc0025217_2325058.jpg

ナビスコ決勝との日程調整で延期になっていた天皇杯3回戦、草津戦
連戦で疲れが溜まる中、また怪我人も続出し、おまけに代表召集で主軸が抜かれる中、最大にして最低限の目標であった勝ち点3をしっかりと掴んだ。
試合全体、特に内容にフォーカスすれば低調なものだったかもしれないが、明確で、かつ簡単ではなかったミッションを達成したことだけでも評価に値するし、3つのゴールはすべて美しいゴールだった。
それに限られたメンバーの中でできること、できないことがはっきりしていたのも、次戦以降の終盤戦を踏まえれば、小さくない成果だ。

だからどうこうというのではなく、予想されたとおり、ブルーノとヨネの相棒、今野と梶山を欠いたことで最終ラインからの安定したビルドアップは鳴りを潜めた。
さすがに今野、梶山を欠いて同じ精度のビルドアップを試みるのは難しい。
佐原、浅利にその役割を期待するのは酷だ。
加えて達也も離脱。
安定性を欠いた状態で、必然的に羽生の動きがバランス重視になる中で、草民と達也の動きの量、質にもまた一定量の差があり、トップとボランチ・CBの間を埋め、ダイナミズムを生むサイドハーフにも重石がかかっている状態ではいつもどおりのサッカーを志向しないほうが正解なのかもしれない。

実際、東京の攻撃はいつもよりワンテンポ、ツーテンポ早く縦に入れてきた。
平山と祐介の2トップは迫力十分で、前線にいるだけでプレッシャーになりうる。
中盤が中盤だったので、平山も余り降りてこずに前線でターゲットになりつづけた。
祐介は体を張りつつも、平山とのバランスで、裏へ抜ける意識も高く、ヨネのフィードで何度か抜け出す形も作っていた。
これがチームの形としてベストかどうかは別として、この日のチョイスとしては間違ってなかった。
草津も草津とて、最前線、都倉目掛けたロングボールが主戦術。
熊林、松下と高精度で長いボールを蹴れる配給役からトライし、都倉が頑張って、小林が衛星でフォロー。
じゃあ中盤は何をしていたかというと、プレスをかけてきた。
前線から最終ラインにプレッシャーをかけるのをトリガーに、最終ラインからボールを預かるヨネ、サリあたりからはかなり厳しいプレッシャーを受けていた。
サイドハーフのところも同様で、サイドバックと中盤が連携してすぐに取り囲む。
これは東京の急造コンビネーションの連携不足もあっただろうけど、かなり徹底して囲い込んできた草津の出来もよかったとすべき。
草民、サリといった公式戦久しぶりのメンバーにも容赦ないプレスがかかり、彼らのところでロスするシーンも散見。
少しのもたつきでロストするよりは、強烈な前線に早々に当てるサッカーが、選択肢として正しかったと思う。

思い通りにゲームを支配できない中、ヨネの頑張りが目を引いた。
羽生はともかく、レギュラーを多く欠いた最終ライン、さらに中盤と、パイプ役でありながらどちらのエリアでも中心選手としての責任感が伝わってくるプレーぶり。
積極的に声を出し、ボールを受けては、なかなかチャレンジのスイッチが入らないチームにおいて、縦パスを入れる役割を立派に担った。
持ち前の読み、体躯、運動量でも貢献し、ヨネが攻守のセカンドを拾いつづけたことが、草津の勢いを削いでいた大きな要因と言える。
サイドバックの上がりからのクロスに代表されるように精度こそ低かったが、チャレンジを繰り返すことができたのは、ヨネの攻守における奮闘が大きい。
ルーキーに頼らざるを得ない台所事情を憂うというよりは、ヨネ自身がもはやルーキーでくくれない存在感を出していることを喜ぶべきだろう。
急造ながらロングボール攻撃を跳ね返しつづけた最終ラインとともに、守備陣の踏ん張りがあったゆえのチャレンジ、末のセットプレーからの得点だった。
まさか祐介が、と思ってたらスピード、コースともになかなかのものだったストレートに近いプレースキックが入れられ、2人のディフェンスの間を割って入った佐原がねじ込んでの先制点。
そのゴールの形こそ予想だにしなかったが、あのゴールが生まれたのは必然だった。

スコアが動いた後半。
前半も東京が先制、若干押し気味だったとはいえ、ベストとは別物の状態だったわけで、どちらに転んでもおかしくない。
城福さんもハーフタイムのコメントで「次の1点が大事」と語っていた。
その「次の1点」を取るべく、後半は開始からどちらもハイプレッシャー、切り替え早く、縦への攻撃を加速させてきた。
特に風上に立った草津の勢いが目に見えて増していて、東京は押され気味の立ち上がり。
何度か跳ね返して前まで運ぶものの、ラストパスとその前が雑で、流れは変わらない。
なかなか流れに乗れない草民は早々の51分に北斗と交代(城福さんが草民に、どんな役割を期待して出してるのか、どこかで聞いてみたい。そんな風に思ってしまうほど、存在感がない)。
そんな中で58分、ロングフィードが東京の最終ラインとゴールエリアのエアポケットに落ち、DFも塩田も反応が遅れたところを都倉に先に触られてしまい、ループシュートがゆっくり吸い込まれて同点。
力関係も考えると、嫌な流れ。

ここで城福さんは間髪入れずに梶山投入。
英断だった。
怪我を抱えつつの今シーズンの奮闘、チームの心臓は疲弊しており、休ませたかったのが本心だろうけど、流れのよくない中で追いつかれるという展開をせき止めるにはベストなチョイスだった。
これで収めどころを得た東京は、いきなり劇的に変化するほど甘くはないが、徐々に梶山という経由点を使いながら自分たちの時間を長くし、ゲームを押し気味に進められるようになった。
正直、この試合くらい、梶山なしで勝ちたかったのが本心だけど。

迎えた62分。
梶山効果、というよりは前半から積極的だった祐介の推進力で得たフリーキック。
思い切り良く振りぬいた北斗の右足から放たれた弾道は、シュート気味の無回転、ホップして落ちる見事な悪魔の弧を描いてゴールイン!
これまた想像の斜め上を行くゴールで再びリードを奪う。
祐介がこのファウルで傷んだことで73分に赤嶺と交代して退くことになったが、この勝ち越しで流れは東京に。
梶山もこの日のメンバーに馴染みはじめて、ボールが回りだす。
そして76分。
今度は自陣からゆったりとビルドアップし、右サイドに流れた梶山が小さなステップから大きく逆サイド、どフリーの羽生に見事なサイドチェンジ。
これを受けた羽生はすぐさま前進、エリアに近づいたところで、高速かつピンポイント、インスイングのクロスを送ると、頭2つは抜けた平山が高い打点で巧みにコースを変えたヘッダーを叩き込む。
3点目。
一連の流れに一切の無駄がなく、サイドチェンジ、クロス、ヘディングとすべてがハイレベルのプレーで繋がった。

この1点でゲームはほぼ決まった。
諦めない草津が圧力を強め、1失点喫してしまったのは反省材料だが、その後は下がりすぎずに守備意識を立たせつつ、マイボールになれば平山を中心に時間を上手に使いきって勝利。
4回戦へ駒を進めた。

これはこの試合に限らずシーズンを経て思っていることだが、ブルーノ、今野、梶山、米本の誰か一人でも欠けると、最終ラインからのビルドアップの強度はグンっと落ちる。
怪我前のモニがその穴を埋める一番手として控えていたが、情を挟まずに書くと、佐原も浅利もそのサッカーへの貢献という意味では厳しい。
であれば割り切ったサッカーをするのも選択肢としてなくはなく、相手との力関係ありきだが、ブロックベース、中盤以降はプレス重視のメンツで臨み、トップを活かすというのもあながちなしではないと思えた。
だが、梶山が入ってからの落ち着きとダイナミズムのバランスを見ると、今の東京には、ハイプレッシャーを続けて守備時の運動量で勝負するサッカーでショートカウンターを狙うよりも、マイボールの時間を上手に使って、そこで運動の量と質で変化をつけるサッカーのほうが、ハマるだろう。
それを考えると、梶山が使える次の4回戦はともかく、続くリーグの千葉、神戸戦は今野かブルーノ(もしくは徳永や長友を前で羽生下げるとか)を上げるのが妥当だろう。
リズムに乗れない草民よりは、いつかのジュビロ戦のクロスしかり、飛び道具がある北斗のほうに、今後の期待が高まるのも仕方ないところ。
祐介は怪我は残念だが意欲は見せた。
大竹はどうする?
椋原には疲れが見えたし、無難にこなしたものの、平松のサイドバックはちょっと厳しい。
安定感を欠いた塩田は、難しい状況だが、もう一度引き締めなおしてもらわないと。

台所事情は芳しくない。
しかし、そんな中でも、次に進む権利、これを得られたことだけで十分だ。
その過程ででてきた課題と収穫を、次の試合に向けて役立てることができる。
トーナメントにおいて、こんなに素晴らしいことはない。
次はまたしても、中3日の過密日程の中で、昇格を決めたばかりで波に乗る、仙台との対戦だ。
難しい試合になるのは想像に難くないが、この試合にも、求められるのは勝利のみ。
サポ的な発想でいくと、ここで勝ってもらえると、リーグ最終戦以降もチームを応援できるという、なにものにも代えがたい喜びを味合わせてもらうことになる。

この試合に向けて、いや、すべての試合に向けてそうしているように、現状のベスト、自分たちと相手のことを考えた現時点でのベストの準備を整え、ミッションを遂行してほしい。
by blue-red-cherry | 2009-11-12 02:33 | FC東京
<< 喜楽 回鍋肉 >>