蒙古タンメン中本 新宿店

金曜は午前中から外出があり、その流れで「中本」新宿店でブランチ。
ロックオンしていた11月の限定、カラトマサを捕獲してきた。

c0025217_12151644.jpg
c0025217_12152131.jpg
c0025217_12152781.jpg
c0025217_12153377.jpg
c0025217_12154118.jpg
c0025217_12155155.jpg

洋食畑を経験したスタッフ考案というこのカラトマサ。
美味い!
なんというか、スープ多めで辛めのスープスパゲティとしても十分通用するクオリティ。
あさりだしをベースにし、そこに中本印のにんにく、油、旨味が合わさった深いコク。
表面的なインパクトはトマトの酸味と、そして中本の辛さ。
辛さと酸味の奥に深い旨味がある。
プレーンな生キャベツも、食感、スープを啜る媒介としてもマッチ。
麺はいつもの中本の麺を平たく伸ばした感じの中太麺で、リングイネっぽい感じ。
ごっそり入ったあさりもまた、食せば魚介の風味が広がる。
素晴らしい完成度。

亜流を食べると本流に焦がれる症候群のオレですが、これは単なる亜流と捨て置けない出来。
トマトと辛味の相性はなんとなく想像できたが、素晴らしい融合でした。
by blue-red-cherry | 2009-11-21 12:45 | ラーメン
<< 豚しゃぶとにらたま 鶏ささみのチーズ巻き >>