FC東京×ヴィッセル神戸 J1第33節

c0025217_12205859.jpgc0025217_122155.jpg
c0025217_12213136.jpgc0025217_1221392.jpg
c0025217_12215127.jpgc0025217_12215943.jpg

あっという間に今季もホーム最終戦となった、神戸戦
城福さんの挨拶の前段にもあったが、今年は例年になく、シーズン開幕から最後の最後まで、いろいろありすぎてあっという間だった気がする。
そんなシーズンの、ホームで最後の試合、ベテラン2人が青赤のユニフォームを脱ぐことをファンに報告するその試合で、今季加入、酸いも甘きも噛み締めた新たな青赤選手2人の活躍を目にし、チームの移ろいを深く感じることとなった。

c0025217_12222829.jpgc0025217_12223411.jpg
c0025217_12224485.jpgc0025217_12225193.jpg
c0025217_1223048.jpgc0025217_1223642.jpg
c0025217_12231489.jpgc0025217_1223208.jpg
c0025217_12232957.jpgc0025217_12233595.jpg
c0025217_12234494.jpgc0025217_12235088.jpg
c0025217_12235783.jpgc0025217_1224454.jpg
c0025217_12241776.jpgc0025217_12242332.jpg
c0025217_12243313.jpgc0025217_12243983.jpg
c0025217_12244818.jpgc0025217_12245546.jpg
c0025217_1225329.jpgc0025217_12251057.jpg
c0025217_12252233.jpgc0025217_12253074.jpg

終わりよければすべてよし!
っで済ませてもいいんだけど、苦しい試合の中で、光るものもあった。
トータルで見れば平山、梶山という軸を欠いた試合、とても褒められる内容ではなかったが、チーム全員、サリとフジに花道を用意したいという気持ちを見せていたし、神戸に遅れを取るシーンはほとんどなかった。
城福さんのコメントにもあったが、このメンバーで勝つことを最大の目標にした試合、相手の良さを消すことに関しての集中はしっかり出来ていた。
大久保、茂木(後半からは吉田も加わり)、スピードをもってスペースを突いてくる相手に対し、徳永、長友の両SBは上がりを抑え目、今野と平松のCBコンビも裏へのケアを怠らず、前を向かせない密着マーク。
中盤も羽生がバランスを取り、ヨネはホルダーへチェイス、草民と北斗も両サイドで上下動を繰り返した。
赤嶺と達也の前線も献身的に動き、チーム全体、守備意識の高さでまずは、神戸の機先を制した格好。

とはいえ梶山、平山を欠く中、攻撃に変化がつかず、攻めのリズムは単調だった。
前線、センターで溜めが生まれない中、後方からのフィードは縦へ急ぎ、達也と赤嶺の労を強いるものが目立つ。
もしくは奪っては開いて、クロス。
ただそれがネガティブかというとそうでもなく、そろったメンバーの中で最良の策を選ぶ、という意味で個人的には好感が持てた。
判断早く、シンプルな攻撃は実際、中盤で奪ってから赤嶺のフィードに達也が抜け出した12分の決定機など、いくつかチャンスを作れていたし、難しいときは後ろで回して作り直す、この辺の判断も羽生とヨネを中心に、よくやっていたと思う。

そんな中、攻撃のアクセントをつけたのは草民だった。
中盤、左サイドを基点にボールを引き出し、受けては一瞬の溜めののち、攻めのパス、組み立てのパス、判断の良さが目立つ。
縦横にストレートなパスに終始したチームの中で、一歩タイミングをズラしてから浮き球でディフェンスの頭越しに裏を取るスルーパスなど、そのアイデアとテクニックは異質で、神戸も掴みきれていなかった。
春先から夏場にかけてチャンスを与えられ、それなりの結果を出すことで存在感を発揮してきた草民だったが、ここ数試合は判断のズレや遅れ、中途半端なプレーがチームのブレーキになっていた。
それがどうだ、この日はパス出しひとつとっても迷いがなく、無為に自分の武器にこだわるような、無理目な仕掛けも鳴りを潜めた。
判断の遅れがなくなった分、よく見られた、近い寄せに潰される場面もなく、間とサイズのある独特の切り返しで幾度もファウルを誘った。
春先の試合でも見られたが、草民はボールの引き出しが巧い。
ドリブラーというイメージを持たれがちだが、パスサッカーにおいてボールの引き出し役の担う役割は、コンダクターのそれと同じくらい重要なもので、出し手の梶山からよく引き出していたように、城福さんはその部分を買って重用していたように思う。
ただそこから先、受けてからのインパクトがいまいち残せていなかった。
それは本人もそうだし、恐らく監督や周りの選手も思ってただろうし、何より早漏なオレたちファンがそういった雰囲気を増長していたんだろう。
焦りからか、序盤は受けては無難に叩けていた草民も、夏以降はドリブルで仕掛けてはロスト、という場面が目につくようになった。
受けてからのインパクトを残すのは難しい。
その中で自身、自信があったドリブルを選択したのは間違いではなかったが、超高校級だったそのドリブルもJ1の屈強なディフェンスを前に、壁にぶつかった。
彼の中で、冷静に見つめなおした結果が、この日のパフォーマンスだったんだと思う。
このチームにフィットした受け手としての動きはキープし、そこから先は、メンバーを外れることで視野を広げたか、いつになく広い視点で周りを使い、ここぞという場面ではテクニックも混ぜた。
個人的には、今季一番のパフォーマンスだったと思う。
早々に見切るような声も聞こえたりしたが、この日のパフォーマンスは、彼の未来に期待を抱かせるものだった。
達也や赤嶺、長友に出したスルーパスはゴールに繋がってもおかしくない。
後半6分、ファーに流れたクロスを受け、ボックス内で大きな切り返しから赤嶺に戻したマイナスのグラウンダー、あれは赤嶺が決めていれば半分草民のゴールと言われるものだった。
まだ結果を求める必要はない。
しっかりとやれること、足りないことを確かめ、踏みしめていけば大きく伸びると思う。

c0025217_1226286.jpgc0025217_1226976.jpg
c0025217_1226235.jpgc0025217_12263088.jpg
c0025217_12263936.jpgc0025217_12264581.jpg
c0025217_12265424.jpgc0025217_1227036.jpg
c0025217_12271024.jpgc0025217_12271643.jpg
c0025217_12272864.jpgc0025217_12273736.jpg
c0025217_12274785.jpgc0025217_1227546.jpg
c0025217_1228474.jpgc0025217_12281126.jpg
c0025217_12282194.jpgc0025217_12283144.jpg
c0025217_12284427.jpgc0025217_12285123.jpg
c0025217_1229178.jpgc0025217_1229831.jpg
c0025217_12291760.jpgc0025217_12292594.jpg

草民のインパクトと同じか、それ以上のものを残してくれたのが殊勲者の平松。
あのゴールを値千金と呼ばずしてなんと呼ぼうか。
フジとサリのセレモニーも、あのゴールがなければまったく違った印象を受けていただろう。
彼にとってもまた、非常に大きなゴールだったのはヒーローインタビュー時の涙が象徴している。
彼の言葉で思い出したほど、遠い昔のことに思える開幕戦、平松はスタメンに名を連ねていた。
思うような結果が出せず早々にポジションを失った今季、悩む時期も多かっただろう。
それでも、それこそサリやフジの背中を見て、耐え忍び、磨いてきたものを大一番で疲労してくれたことに、見ているほうも素直に感動した。
前日のトーチュウの記事によれば、戸惑ったこのチームのやり方に失敗を恐れず、取り組んできたという。
この日、最終ラインからのビルドアップには欠かせない、ブルーノのポジションに入った平松だったが、足元のボール捌きは実に堂に入ったものだった。
こっちはまだまだ足元は…なんて目で見ているもんだから、寄せてきたフォワードをキックフェイントでかわすシーンなんか、勝手にハラハラして見てたくらい。
意欲的なロングフィード、成功こそしなかったがトライする姿勢も大いに見られた。
そして元来持ち味としてきた対人プレーの強さも発揮してくれた。
寄せが早く、楔のボールを受けるタイミングでは、相手フォワードの背中にびっちり密着。
ターンはおろか、コントロールミスも誘った。
カバーリングのエリアも広く、読みで勝負することもできるその姿は、奇しくも藤山を重ねて見てしまった。
思うところもあり、背負うものもあった。
だからこその涙だったと思うけど、試合中はそんなこと微塵も感じさせないくらい、落ち着いたプレーを見せてくれた。
彼のパフォーマンスにもまた、未来を期待させてもらえた。

足りないところをいえばキリがないが、梶山と平山という大きすぎる軸を欠いた中、最大限の努力をし、最高の結果を得た。
紙一重だったとは思うが、地道にやったことで運も引き寄せた、彼らの努力の結果だと思う。
草民、平松だけじゃなく、怪我明けの長友をはじめ、全員が踏ん張った。
拍手を送りたい。
こういう勝ち点3を拾えるようになることが、これから先、求められていくんだろう。
この勝利で8位から一気に5位まで上がった。
次節勝利で5位以上、広島が負けか引き分けならば4位まで上がれる。
負ければズルっと下がるだろう。
賞金圏内、昨季からの上積みを数字でも見せられる5位以上という順位、ここは死守したい。
今季ラスト、平山と梶山の気合いも高まっているはず。
何があろうと最終戦、必勝だ。

c0025217_1229488.jpgc0025217_12295624.jpg
c0025217_1230522.jpgc0025217_12301148.jpg
c0025217_12302249.jpgc0025217_12302931.jpg
c0025217_1230407.jpgc0025217_12304866.jpg
c0025217_1231297.jpgc0025217_12311182.jpg
c0025217_12312549.jpgc0025217_12313598.jpg
c0025217_12314611.jpgc0025217_12315522.jpg
c0025217_1232812.jpgc0025217_12322083.jpg

試合後のセレモニー。
いつになく感情が昂ぶっていた城福さんのメッセージ。
はっきりいってまとまってなかったが、まとまらない思い、一言一言熱を帯びて発せられる言葉からは、彼と彼のチームが過ごしてきたシーズンの重みが乗せられていた。
いまだかつてこれだけ強烈で、真摯なメッセージは味わったことがない。
城福さんの言葉どおり、塩田の離脱、カボレの一時帰国から始まった今季、東京が味わった試練は過去、類を見ない。
そしてその都度乗り越えてきた、選手、チームの成長もまた、これまでにないものだった。
思えば今月のはじめに戴冠したナビスコカップ、あれはそんな苛酷なシーズンを過ごしてきた彼らの、努力の結晶であり成長の証なんだと思う。
城福さんの思いに、チームの歩みを思うと、胸が熱くなった。
シーズンが終わったあと、ちゃんと振り返ってみようと思う。

そしてフジ、サリのセレモニー。
最近映像面制作が充実している東京スタッフによる、メモリアルビデオの時点でもう、涙腺決壊させられた。
2人とも、共通して言えることだが、彼らのメッセージに何度「ありがとうございました」という言葉が出てきたことか。
スタンドにいた2万人の東京ファンはみな、「ありがとうはこっちのセリフです」って思ってたと思う。
ああやって、チームを去るとき、何かを辞すときに「ありがとう」をいっぱい言えることって、すごいことであり、すごい幸せなことなんだと思う。
そういう風に毎日を積み重ね、過ごしてきたからこそ、大ベテランの域に達しても「東京にはサリがいる」「東京にはフジがいる」と、言われつづけてきたんだと思う。
鍛錬、自己管理、自らの徹底した節制と、協力者たちとの二人三脚。
ことあるごとに、ピッチの内外で彼らは、「若い選手たちの模範として」と語られることが多かったが、本当にそうだったんだな、と思う。
彼らの長いFC東京人生、オレはその中の一部しか知らないが、だからこそ、彼ら2人から学んだFC東京イズムは少なくない。
オレのレプユニは8番なんだけど、サリも大好きだけど、フジに対する思いは本当に深くって、もう言葉にならないよね。
昨日もウォーミングアップのときから、何気ないとりかご見てるだけで、昂ぶる気持ちが抑えられなかった。
ほかの誰とも違う、2人だけのプレースタイルも忘れられない。
2人とも、歳を重ねるごとに進化していたように思う。
また、2人ついても、シーズンが終わったら感謝の言葉を綴ろうと思う。
藤山選手、浅利選手、長い間お疲れ様でした。
フジ、札幌に応援に行くよ。
サリ、小平で味スタで、会えそうだね。
7番と8番、永久欠番にしたいくらいだけど、2人が継いできた東京イズムは、必ず受け継がれると思うし、オレたちは語り継ぎます。
本当に、ありがとうございました。

…って新潟戦の活躍もまだまだ、期待してますよ!
by blue-red-cherry | 2009-11-29 12:32 | FC東京
<< 豚バラと白菜のトマトソーススパゲティ 鶏卵うどん >>