水炊き

鶏そういえば土曜をスルーしてしまっていた。
写真等がないので軽く書いておくと、午後から法事があり、そのまま実家に流れて夕飯、鍋を囲んで帰宅した。
なかなか密度の濃い一日で、日曜の始動が遅れたのは余波だったかな。
で、日曜は映画見て(ウインドー)ショッピングして、帰宅。
連夜の鍋と、相成った。

c0025217_026330.jpg
c0025217_026941.jpg
c0025217_0261473.jpg
c0025217_026204.jpg

鶏三昧の鍋になった。
昆布でだしをとる、ノーマルな水炊きだが、昆布だしが出たあたりで骨付きの鶏もも肉を投入。
これでまたしっかりとだしをとる。
煮詰めるまではいかないものの、かなりしっかりと煮たところで、刻んだ一口大の鶏もも肉、鶏団子と本当に鶏尽くし。
野菜は白菜、エリンギ、ねぎ、ほうれん草、それに葛きりと揚げ。
透明なはずのスープは白濁し、よく見ると表面には黄色く油が。
所謂鶏油がたっぷり出た。
骨付き肉効果だと思うけど、おかげで鶏の風味は満点、味にも深いコクとまろみが出た。
パンチありつつ、臭みはなく、濃厚な鶏スープで締めの中華麺まで堪能。
骨付き鶏肉を使った鍋、結構いける。

新境地開拓。
寒さも本番、また作ろう。
by blue-red-cherry | 2009-12-15 00:26 |
<< 弁当 ウェンディーズ >>