蒙古タンメン中本 新宿店

病床に伏す連れに後ろ髪を引かれながらも夕刻からフットサルに臨んだ日曜日。
というのもブッキングの手伝いで多方面に声かけしたリンクマンだったため、顔出さないわけにはいかなかったのよ。
結局2時間、往年のというよりは壮年のロナウド(ブラジルのね)ばりに動かずに点決めまくって、プレー自体は楽しんだ。
連絡すると快方に向かっているとのことだったので、「中本」新宿店でメシ食ってから先ほど、帰宅。

c0025217_0251490.jpg
c0025217_0251936.jpg
c0025217_0252429.jpg
c0025217_0252826.jpg
c0025217_025339.jpg
c0025217_0253899.jpg

12月の限定、ともっクリーミーと半ヒヤミスープをオーダー。
ともっクリーミーは投入を使ったまろやかな非辛スープメニューとのことだったが、一口啜ると意外にピリ辛。
もちろん北極やヒヤミはおろか、蒙古麻婆ほどの辛さはないが、少しでも辛い要素があったのは嬉しい誤算だった。
具にはくたくたの白菜、たっぷりきのこはしめじにえのきと、第一印象は鍋。
味噌ベースに投入のまろみが加わった優しくもピリ辛のスープはそのまま鍋でいけるクオリティで、普通に美味しい。
さすが変化球ながらも毎回結果を残す新宿の限定、といったところか。
2/3をそのまま平らげ、残りはヒヤミスープにつけて食べた。
この、もともとスープに浸ったラーメンの麺をヒヤミにつけて食べるスタイル、だしに浸った麺を提供するつけ麺屋のスタイルっぽくって悪くない。
辛さ極まるヒヤミスープにも心なしか深みが出た気がした。

隣の人がやってた、味噌卵麺に単品麻婆をぶっかけるスタイル、美味そうだったなー。
中本の楽しみ方は∞ですw
by blue-red-cherry | 2009-12-21 00:31 | ラーメン
<< ウェンディーズ 納豆しらすぶっかけうどん >>