麗郷

火曜の夜は連夜の忘年会。
というよりは伸び伸びになってた送別会がメインだったはずだが、時節柄、忘年会だった、のかな。
しばらく前から気になってた「麗郷」を提案し、それが通ったので念願の初訪問。
10人以上の予約しか受け付けていなかったため、飛び込みになったが、待つこと約1時間近く。
待った甲斐はあったと思う。
でもできれば待ちたくないww

c0025217_11976.jpg
c0025217_1191325.jpg
c0025217_1192224.jpg
c0025217_1193040.jpg
c0025217_1194020.jpg
c0025217_1194746.jpg
c0025217_1195451.jpg

微妙な席配置だったので大皿ではなく、取り分けた小皿の写真のみ。
台湾料理屋なのに青島ビールがなかったのは残念だったが、黒ラベルで始めて中盤からは紹興酒、ボトル2本空けた。
基本味付けは塩気強め、香り付けに八角やパクチーでフレッシュにされている感じ。
蒸し豚、ミミガー、チャーシューと豚肉メニューで始めたが、どれも締まりつつジューシーで美味い。
人気メニューの腸詰、枝豆の高菜炒め、麻婆豆腐は是が非でも食べたかった逸品。
身がぎっしり詰まって、かつ肉の旨味が凝縮された腸詰はストューピッドフレッシュ!
とろみがかった餡が優しい味わいを生み出した枝豆高菜も人気が頷ける味。
麻婆は山椒が効いて、程よい辛さ、どれもバッチリ。
それだけで紹興酒2本を空けるにはちと足りず、ビーフン、ピータン、鶏肉とカシューナッツ炒め、青菜炒め、レバニラと、よくもまあ、食べた。
でもそれぞれ一人前、5人でシェアでちょうどよかった。
一人前の皿で結構な量あるし、あまりセーブせずに飲み食いして一人5,000円弱。
このクオリティを考えればかなり安いほうだと思う。

麺類、チャーハンとかご飯モノにも惹かれるなー。
中本以外のランチのチョイスとして使いたいかも。
団体だったこと、休日前、忘年会シーズン真っ盛りだったこともあって待ち時間がかかったが、2人連れ、一人だったらピークでも割りとすんなり入れそう。
でも、大人数でシェアがお徳、だと思います。
by blue-red-cherry | 2009-12-23 11:17 |
<< 鶏肉とほうれん草のアラビアータ 鳥竹 >>