すき焼き

30日の夜は、実家に帰省。
といっても毎度のことながら、ドアtoドアで1時間半の距離なんだけど。
妹夫婦も来て賑やかな中、すき焼きを囲んだ。

c0025217_11222238.jpg
c0025217_11222978.jpg

奮発してくれた和牛がすんばらしいクオリティ。
柔らかさ、旨味ともになかなか味わえない代物だった。
正直卵につけて食べるのすらもったいないと思った。
ああいういい肉はそのまま食べるくらいがちょうどいい。
豆腐やねぎ、白滝と、割り下の味が染み込んでて、濃い目の味付けが宴席の酒のスピードを加速させた。

親とオレとその下と、それぞれの世代でそれぞれに生きている。
たまに集まると考え方、ものの見方の違いが知れて、面白い。
by blue-red-cherry | 2010-01-01 11:22 |
<< 味の民芸 マクドナルド >>