蒙古タンメン中本 吉祥寺店

c0025217_23402165.jpg
c0025217_23403271.jpg
c0025217_23403737.jpg
c0025217_23404334.jpg
c0025217_23404965.jpg
c0025217_23405487.jpg

2/15(月) 昼飯。
「中本」吉祥寺店にて。

北極の冬、フルタイムでの提供がもうすぐ終了とのことで、善は急げで行ってきた。
真っ赤なスープに水菜の緑、それにゆず皮の切り身がなんとも鮮やか。
赤に緑はともかく、わずかな黄色がとにかく映える。
映えるのは見た目だけでなく、辛味十分、旨味十分の北極スープにゆずの香りがベストマッチ。
このアクセントが最高で、切り身をほうぼうに散らしては最後まであらゆる個所で楽しんだ。
辛し肉もたっぷり入ってたし、水菜の陰には北極の定番、しゃきしゃきもやしも隠れていた。
さらに、まるで八つ橋のように平べったく、中央に餡が入ったワンタンまで。
水菜とゆずで鮮やかながらも具の種類が控えめかと思われた冬だったが、ワンタンのおかげで一気に華が出た。
麺少でばっちり完食。
実に美味かった。
もう一回くらい食べたい。
by blue-red-cherry | 2010-02-16 23:45 | ラーメン
<< うな丼 味功 >>