葉月

c0025217_1038969.jpg
c0025217_10381644.jpg
c0025217_10382239.jpg
c0025217_10382871.jpg
c0025217_10383429.jpg

3/10(水) 昼飯。
「葉月」にて。

約1年ぶりの訪問か。
引っ越す前は歩ける距離にあったので(といっても15分くらい)、結構通ってた「葉月」。
デフォの濃厚ダブルスープも最高に美味いんだが、なんといっても冬季限定の鶏そばがヤバイ。
これほど鶏鶏しながらくどくなく、バランスのとれた鶏ラーメンは、ここのを食べて以降、出会っていない。
その鶏そばが、この冬は濃厚鶏そばとして進化を遂げているという情報を遅ればせながら知り、万艱排して行ってきた。
評判が評判を呼ぶ形ですっかり人気店、開店の11時半ちょうどくらいに着くと、一陣が店に入り、店内2名、外は数名の待ち。
オレのあとにも絶えず並びが増え、その確かな人気を再確認。
久しぶりに入る店内が変わってないことにホッとしつつ、濃厚鶏そば到着。
黄色い。
鶏油がぷんぷん香り、スープの表面で輝いてる。
濃厚と銘打ってるだけあって、以前のような透明度はなく、見た目からも鶏エキスの密度の濃さがうかがえる。
一口啜る。
感涙(泣いてないけど)。
鼻を抜けていく鶏の香り、舌に訴える鶏由来の塩気、とろみを帯びた滑らかなのどごし。
パーフェクトな鶏スープだ。
麺は通常よりもちょっと細いらしい、でもしっかり太い中太のストレート。
強く、麺の味わいもあるんだけど、鶏を邪魔しない配慮を感じる。
具はスモーキーで柔らかく、薄めながらにジューシーな炙りチャーシュー、ジューシーさでいえば負けてない極太メンマ、爽やかな三つ葉は変わらず、新たにみじん切りの玉ねぎが添えられていた。
これも濃厚な鶏スープに軽やかなアクセントを加えている。

期待通り。
やはり「葉月」の鶏そばは絶品だった。
昨年春の健康診断にひっかかっていらい自粛してきたが、気がつくとスープを飲み干してしまっていた…。
この冬、この鶏そばを食すチャンスはあと3回の水曜日と(31日やらないかも)、28日日曜日に鶏そばだけを提供する日があるらしいので、3、4回。
もう一度行きたいが、さて。
by blue-red-cherry | 2010-03-11 10:39 | ラーメン
<< ねぎとろ丼と筑前煮 アーセナル×ポルト UEFAチ... >>