和麺屋 長介

c0025217_15131648.jpg


久々のラーメン行脚(二日前だが)。
会社とお得意先の中間くらいにある新橋の和麺屋 長介
とてもじゃないが、この店に行く、という強い気持ちがナイと迷う。
地図があってもあんな奥まった路地の中(しかも新橋アンダーグラウンド風情満点)にラーメン屋があるとは想像し難い。

かねてから新橋辺りにんまいラーメン屋はないものか、と探してたため、期待に胸を膨らませながら、会社のある溜池山王から15分もかけて歩いていく。
すると、結構あんのね、ラーメン屋。
こりゃしばらくネタに困りそうもない。

で、肝心のお味。
写真の〝長介ラーメン〟を食す。
スープは醤油とんこつと魚介系のあわせ技か?
見た目どおり濃厚な部分も残しつつ、魚介との絡みで意外なほどのあっさり味。
トッピングの薬味もあっさりさの演出に一味買っている。
かいわれ、白髪ネギ、あさつき、焦がしネギとネギ系4種はそれぞれが強烈かつ出過ぎないアクセントに。
メンマは極太で、こげ茶色が証明しているとおり、芯までしっかり味がついていてんまい。
チャーシューもある程度の厚さがありつつも、上品な味付けがしてありしつこくない。
そして、刻んだ山芋と玉葱スライス。
八王子辺りのラーメン屋では定番のひとつだが、区内では滅多に見られない具だ。
玉葱は、このラーメン全体にない甘味を与えており○。
一方の山芋はかなりの存在感。
それ自体は歯ごたえと粘りを兼ね備えた芋界代表として恥じないんまさだが、いざラーメンに絡めてみれば、スープと麺にあんかけのようなまどろみが生まれる。
この食感はオリジナルにして秀逸だ。
オレ的食し方として最後に煮玉子なんだが、こちらも水準以上。

ってな感じ。
なんだか、勢いのないエントリーになったな。
ひとつ気にかかってることがあってさ。
ラーメンとしてのパンチに欠けるんだ、ちょっと。
スープも醤油とんこつと魚介がうまく混ざってはいるんだけど、お互いの長所を生かしきってない希ガス。
んで、それぞれんまい具も、味が散漫に感じられた一因か。

とはいえ、んまいはんまいので、今度はつけ麺に挑戦してみよーっと。
by blue-red-cherry | 2005-06-02 15:32 |
<< 神座 A Week of football >>