柏レイソル×FC東京 J1第22節

c0025217_16101936.jpg


HOTTEST13(つまり残り全試合)初戦
試合終了後、ともに観戦した先輩と、ため息とともに口をついて出た「ヤバイよ…」。

空中戦では頭ひとつ抜けるヘディング、DFを背負ってはペナルティエリア付近でファウルを貰い、一度ゴールに向かい動き出せばシュートで終わる。
先制点のフリーキックを挙げるまでも無くその真価を発揮しだしたササに感服。
独特なボールタッチでキープし、サイド攻撃のアクセントとしてくさびをこなし、労を惜しまぬ働き蜂の如くフォアチェックを繰り返すルーカス。
贅沢な2トップだ。
確かにすべてのくさびの玉をキープできてたわけではないが、彼らの周りであり近くで動ける選手がおらず、一度収まったボールの行き先がサイドしかない状態で責めるのは酷。
4-4-2の中盤の4、逆台形でポッカリ空いたトップ下のポジションに、栗澤や石川のサイド(サイド張り付きは伝統??)が絞ってきたり、梶山や今野のボランチ(お互いに遠慮というか気を使いすぎ。梶山叩きはしたい人に任せる)が顔を出してこないと、相手に攻守にわたって中盤を握られてしまう。
どう考えても資質の高い選手だらけの前の6人。
配置の仕方(逆台形にサイド専はハマるのか?とか)は一考せねばならん気がするが、個々の動き方次第ではかみ合わないこともない希ガス。
シーズン終盤でのシステム変更は難しいと思うが、辛抱強く2トップで戦って欲しい。

んであの柏相手に4失点、あの玉田に2失点、生意気な新外人に2失点(あのパフォーマンス!)してしまった元鉄壁のDFライン。
浄の不在が毎度尾を引くのはやっぱ不味いよなぁ。
ノリオは頑張ってたと思う。
後半3バック気味に移行してから発揮された攻撃面、慣れないディフェンスも含め。
とはいえ狙われてたのは事実。
バランスもそこから崩れてた。
でも、昨日帰宅してからスパサカで失点シーン見たけど、足止まりすぎじゃね?
スローインの判定(不明なジャッジ多数)は微妙だったけど、切り替えが遅すぎる。
レイナウドの2点目も玉田の1点目もマークがずれ過ぎだし、見ちゃってる選手が多い。
ガツガツいけばいいってもんじゃないけど、気持ちの問題ってのはこの時期…
戦え!!

試合前のG裏はエモかった。
祝復帰のどうにもならないこの思いをぶつけた阿部ちゃんコール連発には目頭が。
そして海外移籍一旦封印という一大決断をした石川コール連発にもグっときた。
その2人が試合で気合を見せてくれたのが嬉しかった。
ポジション争いは熾烈だが、これからの戦い、2人は貴重な戦力として働いて欲しい。

ていうかJ2行くチームじゃないでしょ、東京。
今は決して強くない。
とにかく勝ち点を取れる戦いをしようじゃないか。
1点とってその後貝のように引きこもってカウンター狙いでも応援するよ!


にわか鉄ヲタ乙!
c0025217_16511339.jpg

by blue-red-cherry | 2005-09-04 16:53 | FC東京
<< DEEP COVER &予告 瞠 >>