横浜F・マリノス×FC東京 J1第24節

見るのは辛かったが、帰宅してからビデオを見直した。


梶山の出来がいい試合は、チーム全体の印象もすこぶる良い。
何度も書いたが、トップ下の栗澤とWボランチの今野・梶山の間のスペースを使われて、最終ラインも含めた守備が混乱する、という場面がよく見られてるわけだが@負け試合
今野はともかく、前後上下左右、攻撃時に顔を出す栗澤と、久々にゴールに近い位置で攻撃に絡み、気合の入ったチェイシングを見せた梶山、3人ともに豊富な運動量で前目からのプレスが効き、最終ラインも下がりすぎず、理想に近い形をとれてたと思う。

戸田は相変わらず好調で、対面の奥の攻撃面を消し(結果大橋が流れて奥が中入ったりしてた)、中澤・栗原の背後にも積極的に飛び出すため、相手の脅威となっていた。
ノリオも中入ってズドン!だけではなく、持ち前の馬力を生かした縦への突進に加え、右足のクロスも見せるなど、工夫を感じさせた(ほとんどの時間消えてたのでマダマダ)。

モニ+ジャーンもここ何試合かのうちでは抜群の出来。
久々に点を取られる気配がしなかった。
土肥に救われる場面もそうそうなかったし。

藤山の存在もでかい。
ノリオを前目に使える利点(というか当たり前)どころか、この日は彼自身のパフォーマンスも出色で、戸田の精力的な動きもあるとはいえ、相手の右サイドを封鎖。
精度は低いものの、攻撃参加への積極性も見せた。

後半、攻勢に出る合図として投入されたササと阿部だが、出場時間の短かった阿部は大きなインパクトを残せなかったが、ササは相変わらず期待させる。
戸田の決定機(決めてry)を作った競り合いでは、中澤を背負いながらの勝負に勝ち、土肥のパント→ササヘッドと2本のパスでチャンスを演出。
せっかくササがいるのに、中にいいクロスが上がらない歯痒い展開が続くここ数試合だが、もう少し長い時間出ればチャンスも増えるだろうし、ゴールが生まれるのも時間の問題だろう。



…とここまでを書けるようになるには、ビデオでの振り返りと心の整理が必要だった。

本当にショックだった。

石川が倒れたとき、ゴール裏からもやばそうな匂いがプンプンした。
自爆で靭帯等をやってしまうときのいや~な感じだ。
で、しばらく石川から目が離せなくなって、試合そっちのけで石川のことを見ていた。
そしたら担架でスタジアムを後にしようとしたので、石川に絶叫しながらエールを送った。
空回り空回り言われてるし、実際そうなのかもしれないが、彼の笑顔も苦悩もがむしゃらなプレーも移籍問題も、日記も。
何があろうと応援しようと思ってたから。

石川を見送ってピッチを見ると、センターラインと東京側の真ん中ら辺で両軍の選手が集まって試合が中断している。
普通じゃない。
倒れてるのが誰かわからない。
それにしても長い。
倒れてるのはルーカスだ。
どうして??
わからない。
長い。
焦る。
ササがユニフォームを脱いで、倒れているルーカスを扇いでいた。
頭を打ったんだと悟る。
胸が詰まった。
涙が出た。
救急車が入ってきた。
忘れられない光景だった。
こちらのゴール側からは、スローモーションのようにクッキリと目に映った。
取り乱した。

ルーカスの笑顔が大好きだ。
自分が点を決めたとき、味方が点を決めたとき、というかいつも笑顔。
東京の選手はみんな好きだが、彼にはちょっと思い入れが強い。
去年、無職なのを最大限に利用して、何回か小平に練習を見に行ったが、緊張しながら初めて行ったとき、選手に何て声かけようかな、なんてドキドキしてたとき、たまたまその日午前中に予定されてた練習試合が午後にずれて、選手がこれから来るってところだったんだけど、小平Gとガスミュージアムを結ぶ横断歩道で信号待ちしてたら、向こう側にルーカスがいた。
きょどって「HEY, LUCAS!」なんて声をかけてしまった。
したら、あの人懐っこい笑顔が近づいてきた。
それから温かい手で握手してもらった。
そんな個人的な理由を根拠に、(当時結果が出てなかった)彼は絶対に活躍する!ってまわりのサポ仲間に触れ回った。
そんな小さな出来事がいつのまにかオレの中で大きくなってて、彼は特別に好きな選手になっていたんだ。
本当に早く元気になってほしい。
またあの笑顔が見たいよ!

日曜日、いつもより迅速なオフィシャルからのメールで彼が退院した情報を聞けるまでは、何にも手につかなかった。
自分があたふたしたって、とかそういうこともわかってるんだけど、ネ。
退院したルーカスを報じるオフィシャルや、トーチュウを見る限り、まだまだ安心は出来なさそうだし、いち早い回復が心から待たれる。
週末にも練習復帰か?なんて書いてるとこもあったが、焦らずゆっくりいって欲しい。
それとジャーンだけど、誰しもわかってることだけど彼のせいじゃないんだから。
情に熱い、最高の男だから気持ちはわかるけど、ルーカスもジャーンが元気にプレーしてるところが見たいと思うよ。


冷静と情熱のあいだで考えてみると、大好きな選手2人が戦列を離れたってことだけじゃなく、残留争いの正念場で主力2人が抜けたってこと。
そして気が付けばうしろの大分が近づき清水には抜かれ、順位的に相当厳しい状況だ。
そんな中迎える次節大分戦。
選手たちがそうすることでルーカスや石川の思いに応えるように、オレらも120%の力でサポートしようと思う!

バモ!ルーカス!
バモ!石川!
バモ!ジャーン!
バモ!東京!

by blue-red-cherry | 2005-09-20 21:29 | FC東京
<< 100エントリー記念SP 天下一品 >>