ラーメン 虎ノ門店

二郎好き(ジロリアンと呼ぶ??)ってわけでもなく、むしろ何年か前に、んまいラーメン屋という知識のみで当時付き合ってた彼女と赤羽店に行って、もろもろトッピングしまくったら喰いすぎてそのあと(ryという思いをした記憶しかない。

で、「ラーメン二郎虎ノ門店」。

c0025217_21353385.jpg


店の看板の表記も上記のようにラーメンと虎ノ門店の2ワードの間が不自然に消えてる。
聞けば、全国に散らばる二郎は、数年前に本店のフランチャイズがなんちゃらで、お金がどーとかになり、払わないってとこは二郎の名を使ってない(使えない)らしい。

とまあ、そんなことはよく(゚⊿゚)シラネ。
会社のもっとも近いラーメン屋がココだってことが判明した件のが重要だ。

冒頭に書いた苦い思い出は、それこそ何年も前の話なんだが、当時の反省とその後の仕事周りを踏まえ、トッピングは野菜のみ。
ほかの店の写真とか見ると、もっとキャベツとかもやしとかどっさりなんだが、あとから入った客の注文聞いてたら「ダブル」とかそういうランクがあるのね。(キャベツなし、もやしのみがココのデフォみたいだが)
ほとんど茹でてないシャキシャキもやしが(゚д゚)ウマー。

麺は予想していた太麺ではなく、割と細い。
とはいえそこそこの歯ごたえがあり、ぼそぼそ感もなく。

背脂がほどよく分配されたスープも、もっとギトギトなのを予想したたんだが、醤油が甘くて意外とすっきり。

チャーシューは不ぞろいなブロック。
こちらはダブルにしたが、もっと多くしてもよかったかも。


これが二郎!って感じではないんだろうけど、オレは結構好き。
というより会社の近くにあるのが良い(昼夜分かれてんのは辛いけど)。
過去の記憶からの復帰第1弾としては丁度よかった。
これからはいろんなblogやガイドを参照しながら、二郎めぐりもしてみよっと。
by blue-red-cherry | 2005-12-01 21:45 |
<< still shinin' なんくるないさ >>