ツナのトマトソース 木こり風

ホールトマトは一缶で2食分。
だけど、中身のトマト美の大きさも個数もまちまち。
トマトジュースベースのものと合わせてきっちり半分にするのは結構難しい。
几帳面な正確なのできっちり測りを使って一食分。
相性バツグンのツナを使った缶づくしのトマトスパゲティ。

c0025217_20174039.jpg


ライフログで公開してる、ラ・ベットラの落合氏の本にある、カンタンレシピのおかげでトマトソース作るのが苦にならないですんでいる。
ソースさえ作ればあとは具でバリエーション出せるからね。
ツナ缶は調理いらずな上に、万能選手。
大抵の料理には合う。
今回は木こり風ということで、季節のキノコをパートナーに。
しいたけが高いのを除けば、今が旬ということで軒並み安く手に入るキノコだけど、あまり種類多くしても冷蔵庫が渋滞するだけなので、エリンギ一本勝負。
木こり風なので、切り株を意識して切ってみた。
崩れた感じがいいツナと、歯応えあるエリンギがそれぞれトマトソースとマッチ。
パセリをふりかけ、見た目もよくしてみたけど、味も間違いなし。
by blue-red-cherry | 2006-10-13 20:21 |
<< ほうれん草のたたき肉あん インド×日本 アジアカップ20... >>