アーリオオーリオ

週末の朝スパ。

アーリオ=にんにく、オーリオ=オリーブオイル。
それに赤唐辛子=ペペロンチーノを足したシンプルかつ基本のスパゲティ。
日本ではペペロンチーノとしてレストランにも並ぶこの基本形。
イタリア(日本の本格リストランテでも)では、決してメニューとしては出されないらしい。
というのも、日本でいう卵かけごはん的なメニューだからだそう。
「はなまるマーケット」で勉強しました。
基本を抑えればあとは具を変えて工夫できる、ということでまずはシンプルに。

c0025217_14372015.jpg


にんにくは丸ごと3片。
多めのオリーブオイルに入れ、弱火でじっくり香りと味を染み渡らせる。
さらに赤唐辛子を一本、こちらも辛味をオリーブオイルにうつるまで炒める。
そこにパスタの茹で汁を徐々に移し、とろみがでたらソースの出来上がり。
マジシンプル。
にんにくの香りがたまらない。
お店でペペロンチーノ食べたときにも思ったんだけど、あんまり味はしないよね。
パスタを茹でた塩味くらい。
あとは油になじんだにんにくの風味と唐辛子の辛味。
これに具材がのればちょうどいい按配なのかな?

シンプルに麺を食したんだが、改めてこう、穀物ばっか食べてると・・・。
太るな。
太ってるな。
by blue-red-cherry | 2006-10-21 14:42 |
<< 逃亡者 木島丈一郎 卵黄とマヨネーズのカルボナーラ >>