多喜

予想外というか想定外というか。
いつも行ってる多喜のとなりに、多喜があった。

いや、いつも行ってたのは多喜にして多喜にあらずというか。
貝鮮厨房多喜、だったんだなあ。
たぶん、同系列店で、貝鮮~の親的存在、確実に格調が高い、多喜でランチ。

c0025217_0321953.jpg


そういえば、最初行ったときの記事書くとき、いろいろググったけど、出てきたのは今思えば、今日行った、割烹料理屋的佇まいの多喜だったかも。
実際オレが頼んだ、塩かき揚げ丼の絵面は見たことがある。

ともかく、塩かき揚げ丼。
デケー!
なんとなしに食べきったけど、それなりに相当な量だった。
具はエビちゃんに、イカ。
どっちも弾力プリップリかつやわらか。
あっさりな揚げっぷりにも拍手。
で、味付けは文字通り塩のみ。
これがまた美味い。
素材の旨味が引き立つ作り。
量が多い分、若干飽きるのが心配されたが、そこにも対応済み。
なんと途中からはお茶漬けて食えちゃうわけ。
画像はないが、なんとも言えない染み具合がたまらん。
かき揚げがいっぱい吸うからね。

このかき揚げ丼は1000円。
お隣の多喜リーズナブルとは倍の開きがあるが、納得。
かといってどっちに通うかっつったら別問題。
多喜はかなり美味いが、たぶん通うのはお隣さんだな。
by blue-red-cherry | 2006-12-15 00:38 |
<< mariners c@fe 豚バラ肉のトマトソーススパゲティ >>