かんだやぶそば

大晦日に年越しそば。
実家から、一家4人で、年越しそばで超有名な「かんだやぶそば」へ。

c0025217_139314.jpg


今まで年越しそばなんて家でしか食べたことなかった。
果たしてどんなもんか、想像もつかなかったんだが、着いたら!
150人も並んでやがる!
もの凄く萎え、踵を返したいのはやまやまだったが、せっかくなので2時間耐える…。

スタバのコーヒーも一時的な慰めにしかならず、すっかり冷え切った。
まあ、年の最後に不貞腐れるのもなんなんで、期待を膨らませて店内へ。
暖かい。
そしていい匂い。
そばの香りとつゆの香りに包まれる中、まずは熱燗と板わさで暖を取る。

c0025217_1392864.jpg


この時点で勝負あり。
かまぼこの弾力が違う。
二切れで630円は、オレの金銭感覚ではナシ、だが等価交換足りうる味わい。
そして定番のせいろ。

c0025217_1311261.jpg


せいろ、じゃなくてせいろうって言うんだなあ。
緑がかったそば粉ぷんぷんの感じではなくて、も少しさらっとした印象。
弾力は十分。
細っそい平打ち的なイメージだ。
美味い!
そばつゆもしょっぱすぎず、かつ主張は強い。
啜り甲斐がある。
店内、どこもかしこもせいろうを頼む声。
納得だ。

c0025217_13145162.jpg


そんな中、オレは邪道に天ぷらそば。
だって心底寒かったんだもん。
でも、正解。
めちゃくちゃ暖まった。
そして美味い!
暖かい汁も、ダシがほどよく香り、そばつゆと同様に歴史を感じる味。
柚子の切り身が浮かべてあるのがニクイ演出。
さらに天ぷら!
天ぷらというよりは、かき揚げ?
芝海老がてんこ盛りで、スキマなし。
どこから食べてもサクサクでプリップリ!
衣はサクサクの部分と、つゆ染み染みの部分と2層で楽しめる。
いやーこりゃ美味い。
去年食べた美味いもんランキングでトップ3入り間違いナシですわ。


というわけで、いろいろあった06年を締めるに相応しい年越しそば。
毎年並ぶ人がいるのも頷ける。
つか、この日じゃないときに行けばいいと思う。
ほかのも絶対美味いよ。
by blue-red-cherry | 2007-01-03 13:22 |
<< 豚肉と根菜の味噌スープ A Brilliant New... >>