卵とツナのチャーハン

昨日のしょうが焼きの残りご飯でチャーハン。
ご飯を炊くとき、さすがに一合以下ってわけにもいかないので、とりあえず一合か一合半くらいはたくんだが、一度の食事で食べるのは半分くらい。
残りは、炊飯器の節約も兼ねて、その日のうちにラップして冷蔵庫へ。
必然的に翌日のチャーハンなり雑炊なりと、セットなんだな。

チャーハンだけど、先週くらいに「チューボーですよ!」で、どっかの街の巨匠が作ってた、焼き飯の上に半熟の卵焼きを落とす、オムライス的イメージのものが気になってた。
どこまでできるかわからなかったが、チャレンジ。

c0025217_0462081.jpg


とりあえず、見た目はバッチリっしょ??
黄色が鮮やかなふっくら卵焼きで、チャーハンを包み込むことに成功。
多めのサラダ油をフライパンに敷き詰め、強火でイッキに熱した。
あとで味付けしたくなかったから、卵を溶くときに塩コショウで結構濃い目に味付け。
そういった要素も混ざったので、焼き過ぎないか、部分的にムラが出たりで、あたふたしながら焼いたが、なんとかかんとか体裁は保てたかな?

c0025217_0492635.jpg


卵のドームを破れば、中はツナと玉ねぎの具とご飯を、うっすら醤油で炒めた焼き飯。
こっちも強火でイッキに仕上げたので、若干ついた焦げ目が香ばしい。
小ぶりに刻んだ玉ねぎと、一缶丸ごと使ったツナでボリュームも満点だ。

c0025217_0511855.jpg


卵は2個使ったんだけど、テレビとかで見るやつは、もっとふっくらボリューミー。
いくつ使ってんだろう??
膜としてのっけると、ちょっと薄めだったけど、それなりにふわりとした食感の卵。
これで包みながら食べる、醤油味のチャーハンがまた、美味いんだ。

今回はなかなかよくできたじゃないかな。
by blue-red-cherry | 2007-01-12 00:53 |
<< Alia 中華ソバ 櫻坂 >>