でかもやしつくね

また新しい教本をゲトってしまった。
30前の男子、本屋で「オレンジページ」を買う!
…。
いや、記念号だかなんだかで、レシピ集と2本立ての作りで300円!
買わない手はないだろう。
早速作ってみたのが、でかもやしつくね。

c0025217_19327.jpg


まずまず多量の鶏ひき肉に、味噌、酒、しょうがのおろしで味付け。
そこに、もやし一袋250gを丸々入れて練る練る練るネ。
もやしの量に、混ぜ中のボウルも大混雑だが、混ぜてるうちにいい按配に。
なかなかに巨大な餡が出来上がる。
それをフライパンいっぱいに広げ、焼く。
さながらお好み焼きのように。
上の写真は切り分けたもので、焼いている途中はこんな↓感じ。

c0025217_1121270.jpg


でかい!
とにかくでかい。
ホントお好み焼きみたいになった。
油は一切敷かない。
焦さず、火をしっかり通さなければならないため、弱火~中火でじっくりと焼く。

c0025217_1143420.jpg


肉は香ばしいが、柔らかい。
しゃきしゃきを保ったまんまのもやしと食せば、両者の食感が楽しめていい。
かつ、肉厚はたっぷりで、鶏の肉汁も十分味わえる。
餡にしっかり混ぜ込んだ味噌の味も香ばしさを増す材料に。

もやしはとにかく安い。
でも、あの細いボディに野菜の旨味が詰まっていて、あなどれない。
寒さ対策もぬかりなく、大根おろしとなめこの味噌汁、それに白ご飯で和の食卓。
何気に最近、栄養バランスよく摂れてるかも??

c0025217_1174383.jpg

by blue-red-cherry | 2007-01-22 01:26 |
<< インサイド・マン 豆腐としいたけのバターパルミジャーノ >>