麺屋武蔵 武骨外伝

午前中に渋谷で仕事を一件こなし、気になってた「麺屋武蔵 武骨外伝」へ。
麺屋武蔵の6店目だそうだ。

井の頭線の渋谷駅と道玄坂を挟んだ、ディープなエリアを抜けたところに現れた新店は、20席弱の店内に、5人くらいの列。
12時すぎたころだったが、チャンスと思って飛び込む。
案の定、食べ終わるくらいには15人近くの待ち。
ラッキー☆。

c0025217_18197.jpg


つけ麺が専門ということで、つけそば(味玉付き)を頼む。
並・中盛・大盛を選べる麺だが、300gの中盛をセレクト。
ストレートな中太麺がインパクト大。
武骨な店名とマッチする。
表面がつるっとしてるため、見た目のゴツさの割りには、ツルっといけてしまう。
歯応えは十分だ。

c0025217_1103172.jpg


具は細かい角切りのチャーシュー、メンマ、ネギととてもシンプル。
スープは魚介と鶏がら系のWスープ。
第一印象は甘い。
肉系の甘味ってよりは、なんとなくだが、お稲荷さんを食べた感じ。
普通にスープなんだけど、ジュワってくるアノ感じがした。
甘味と塩気が同居して、交互にやってくる感じも似てる。
なんだか、中毒性があるもんで、ゴクゴクいってしまいそうになる。

c0025217_113314.jpg


つけ麺専門ってことで当然、スープ割りも対応してくれる。
が、出てきてビックリ!
白っ!
何かと思ったら、湯で小麦粉を溶いたもの。
見た目も工夫するねえ。
甘味と塩気、それに酸味ももつつけ汁は、ゴクゴクいけるんだが、結構濃い。
割りスープとあわさって、飲みやすさがさらに増す。
久々に飲み干してしまった。

うん、美味しかった。
新店だけに気合いも入ってたみたいだ。
あの武蔵の系列だけあって、一風変わったメニューが充実。
一通り食べてみたいし、限定メニューにも期待したい。
by blue-red-cherry | 2007-01-23 01:16 |
<< ナポリタン風チャーハン インサイド・マン >>