オムライス&シチュー チャモロ

気付けば、ランチ代のエンゲル係数がかなり底上げされてしまっている。
いかん。
でも、今、いろいろ立て込んでる中、日中の楽しみといえば昼飯くらい。
これを奪っては、気が休まる場もないので、多少は目を瞑ろう。

例のらーめん山田で、味噌とんかつラーメンのリベンジに行ったらまさかの休業日。
あまりにも続く不運に驚きながら、代替策を考えながら、歩き彷徨ってたら、つい先日テレビで見て、いつか行こうと思っていた「オムライス&シチュー チャモロ」発見!
かなり行きたかったので即決。
細長く、深く、まるで地下DVDやのような階段を下り店内へ。
やた!
あんまり混んでない。
ということで、エンゲル係数は下がらず、テンションは上がった、マンデーランチ。

c0025217_142359.jpg


ここは、やわらか厚切り牛タンオムライス、が有名なんだけど、そこは自粛。
ノーマルのオムライスを注文。
ランチには味噌汁とサラダが付く。
ノーマルのオムライスといいながら、トッピングが2種から選べて、オムライスを縦断?横断?する巨大な弧を描くソーセージか、カニクリームコロッケ。
クリームコロッケ苦手で、ソーセージ好きのオレは、当然ソーセージをチョイス。

c0025217_1454754.jpg


朝のワイドショーで寝ぼけ眼で見てた内容では、卵4個を一人前に使ってるはず。
もう、すんごいフワフワ。
めちゃくちゃ柔らかいし、なんか黄色くて白くて……淡い色彩に見てるだけで癒される。
甘さがまた、いい。
クリーム系も使ってるのだろうか?
半熟加減がたまらない、ドリーミィな卵に包まれたライスがまた。
バターたっぷりで、ソースで控えめな味付けも加えられている。
卵が溶けて、絡み合う。
ソーセージも、このでかさなら一本で大満足。
卵やライスとあわせて食べれば、パリっと肉汁を弾きながら噛み切る、あの食感がトロトロ卵&濃厚バターライスの中で強烈なインパクトを与えつつ、美味しさ同士が調和する。
うーん、マンダム。

c0025217_1523060.jpg


結局、それらを生かすも殺すもソースなんだが、めちゃ生け、です。
デミグラスソースといえば、その渋味や苦味、酸味なんかが大人の味で、そこがよかったりするんだが、ここのソースの魅力は甘味。
苦味や渋味などといった、ベースがしっかりした上で、甘味がある。
卵の純粋な甘味とは違う、なんと表現したらいいか、適当な言葉が見つからないの。
とにかく美味しい。

980円の価値は十二分にある。
ボリュームも、何しろ卵いっぱい使ってるし、かなり満足できるはず。
絶対美味いと思われる、やわらか厚切り牛タンオムライスも、どっかのタイミングで。
by blue-red-cherry | 2007-03-07 01:57 |
<< 牛サイコロとセロリのチャーハン フレッシュネスバーガー >>