キムカツ

恵比寿で働きはじめてから、一度は行くべし、と誓っていた「キムカツ」
前を幾度となく素通りし、さらに奥地にある、ちょろりに行った回数は数知れず。
が、昨日は随分と閑散としており、店員さんが外でキャッチしていた。
むしゃくしゃしてて、どうでもよかったというか、何も考えずに念願成就。

c0025217_1523365.jpg


メニューを見て、軽いショックを受ける。
カツはキムカツ1種で、一律1480円。
それにご飯がつく、炊きたてご飯セットはプラス450円で、しめて1930円。
ランチやってねーのか。
でも、昼飯食いにきたオレとしては、選択肢はこれしかない。
いつか来るはずだったんだからと言い聞かせ、おかわり自由のキャベツを食べる。
ご飯と肉が来る前に、2皿食べた。

c0025217_1572197.jpg


炊きたてご飯、美味い。
白く輝く見た目からして、美しい。
パールか、プラチナか。
炊き加減も最高で、軽い歯応えを残しつつ、固すぎず、水っぽすぎず、甘味もある。
これは美味い。
おかわり自由にはできないわけだ。
キムカツの上がりと合わせて15分炊き。
厨房を覗いてみたくなる。

c0025217_1591245.jpg


満を持して主役の登場。
一見小ぶりに見え、この値段で足らんかったら、ショックでかいなあ、なんて思ってたが、結論からいうと、結構満足できるボリューム。

c0025217_204479.jpg

c0025217_205621.jpg


25枚以上のロースを重ねたというミルフィーユ状のキムカツ。
もうすっかりおなじみだ。
確かに食感が、トンカツとは全然違う。
当然だが、肉の層になっていて、柔らかさは段違いだ。
薄切りの肉を重ねてる仕組みだが、薄いのに、それぞれの肉が持つ肉汁も感じる。
もちろん初なのでプレーンを頼んだのだが、肉自体がもつ旨味がすごい。
いい肉使ってんだろうな、という印象が強い。
味つけは、おろしポン酢と特製のソースの2種を使い分ける。
おろしポン酢が推奨されているが、ソースが美味い。
甘しょっぱくて、濃いわりに飽きがこない。
おろしポン酢のさわやかな香りも捨てがたいが、この濃厚なソースが肉と肉が重なるわずかな隙間に染み込んで、一切れ全体に染み渡ったキムカツは、スペシャルな味わい。
ああ、美味かった。

黒コショウにガーリック、チーズなど、いろんな変り種もあるキムカツ。
1人で寂しく食べるより、誰かといって、色んな味を比べてみるのがいいのかも。
とりあえず、こんなランチは贅沢すぎる。
大満足だが、反省もしてます。
by blue-red-cherry | 2007-03-08 02:08 |
<< 釜卵スパゲティ 牛サイコロとセロリのチャーハン >>