万豚記 アーバンドッグららぽーと豊洲店

夢の島帰りに豊洲のららぽーとに寄ってみた。
先日の港北店が思いの外、楽しかったので今回も期待したが、基本的には一緒だな。
広大なスペースに所狭しとテナントがひしめく。
客層は完全にファミリーで、目玉のキッザニアに代表されるキッズ向け施設が充実。
おかげで駆け回る子供を見放題ww。
ぐったりしつつ、真っ赤な色の坦々麺に引かれた「万豚記」へ。

c0025217_134297.jpg
c0025217_1341782.jpg


ちょっと早めのディナーだったが、日曜で客足は早く、満員。
店員もかなりバタついてるようだったが、生とつまみがあとで、メインが先にきた。
オレの紅坦々麺と連れの鶏なんちゃら。
見た目どおりに汗噴く辛さが心地よい紅は、本格四川の名に恥じない山椒使い。
後効きの辛味が舌と脳を刺激する。
生卵を割ればまろやかさが出るが、ちょっとやそっとじゃ消えないパンチ力。
坦々麺は麻薬的な魅力があるよね。
一方の鶏なんちゃらはしょうがの風味がたっぷり効いたあっさり塩味。
これは美味い。
口当たりものどごしも優しい。
柔らかい鶏の身と、細かく刻まれたたけのこという具もまた、気が利いてる。
ググっと飲み干したくなる一杯だ。

c0025217_1343425.jpg
c0025217_1344684.jpg


遅れてやってきた餃子と手羽先。
餃子は普通。
普通に美味い。
手羽先は上海風らしいが、意外な薄味。
手羽先といえば山ちゃんなオレとしてはギタギタなヤツを予想&期待してたんだが、ほと
んど味付けなしの衣で、鶏から出る肉の味を楽しむ感じかな。
身が大きかったのはよかったよ。

メニューが多すぎて、優柔なオレには悩ましい。
ご飯系も一品系の中華も美味そうだったなあ…。
by blue-red-cherry | 2007-04-25 01:36 |
<< Re:ぶた家本店 FC東京×モンテディオ山形 J... >>