カツオの漬け丼

その昔、それこそ小学生くらいだったと思うが、親戚のおばさんに寿司屋に連れてってもらったことがあるんだが、何故かそのとき、カツオばっかり頼んでたようで。
板さんに「カツオくん」などと呼ばれた記憶がある。
確かに今でもカツオは好き。
初鰹とか戻り鰹とかいわれるとついつい注文しちゃうしな。
そしてポン酢とか玉ねぎ・きゅうりとか、さわやかなイメージが夏を想起させる。
暑かった先週、自宅でカツオの付け丼を作ってみた。

c0025217_10445467.jpg

カツオは味ポンで漬ける。
にんにくのスライスに摩り下ろしたしょうが、粗みじんにしたみょうがとともに漬ける。
これでもかってくらい入れたので、魚の臭みは吹っ飛んだ。
それだけでなく、香味野菜の味付けもされ、手をかけた甲斐があった。
簡単に酢飯も用意し、最後に大葉と残ったしょうがを盛って完成だ。

c0025217_10473860.jpg

味、染み染み!
果たして味ポンでどこまで味つくかな、と不安だったが杞憂に終わった。
大体、カツオを食べるときはポン酢と相場が決まってるので、間違ってない選択だった。
薬味の香りもかなり効いてて、飽きがこない。
カツオ自体もそこそこの具合で、脂ののりもまずまず。
漬けだれが酢飯に染み込んだところも、美味かったなあ~。

丼ものは手間かけたってたかが知れてる。
手軽にできて、かついろんなバリエーションつけられて、いいよいいよ~。
by blue-red-cherry | 2007-05-26 10:51 |
<< 家家厨房 恵比寿店 サラ・アンダルーサ >>