FC東京×浦和レッズ J1第15節

c0025217_984423.jpg
試合後、新宿にてヤケ肉して帰宅。
どうしても勝ちたかった浦和戦
まだ半分以上残ってはいるが、昨日勝ってれば混線リーグに一気に乗っかれたが、敗戦でどちらかというと、下位グループの争いに名乗りを挙げてしまった。

G大阪

2位集団

下位集団 ←ココ

c0025217_985845.jpg
c0025217_991237.jpg
c0025217_9101959.jpg

またしても大挙してくれた浦和だが、固い。
ここ数年の試合では本当にこちらの良さを消すサッカーを徹底してくる。
ことしは民放の放送も減ったからあまり見てなくて分からんが、普段からああなのかな。
両SBの上がりはほとんどなく(山田はそこそこあったが)、ボランチも守備優先。
センターの2人に鈴木啓太も混ざって、ルーコンをガッツリ封じられた。
一方で攻撃面では東京のプレッシングをかいくぐる。
基本はワシントン狙い、もしくはサイドから起点を作る。
とにかく中盤の網をかいくぐる。
梶山・伊野波のコンビは昨日も運動量豊富だったと思うが、この攻撃の前に空回り。
気持ちが前がかり、前からボールを奪おうとするため、ワシントンからこぼれたセカンドボールをことごとく拾われてしまっていた(特に前半)。
あの状況だったら、ワシントンと田中のところを潰す、もしくは落としたポンテを潰す、それか楔の出所になる長谷部・鈴木を潰す、といった明確なビジョンがあったほうがよかったかも。
また、サイドで起点を作られてしまったのも、流れをつかめない一因になった。
前半は徳永が相馬の後手後手に回ってしまい、あのサイドを蹂躙された。
相馬のキレも良かったが、あそこはしっかり抑えないと、徳永。

c0025217_9152783.jpg

失点は2点とも悔やまれる形だが、仕方ない。
ルーコンのオウンゴールを誰が責められるだろう。
今野とフジのセンターバックはワシントン・田中達也の強力2トップをよく抑えてた。
田中に対しては入るボールを奪いに行き、ワシントンにはしっかり体をぶつける。
受け渡しもスムーズで、あれだけ楔を入れられたのに、よく抑えた。

c0025217_915492.jpg
c0025217_916191.jpg
c0025217_9161386.jpg
c0025217_9164239.jpg

なんだか煮え切らない感じだが、後半浦和の運動量が激減した中、やはり点が取れなかったのが大きな問題か。
22本も打ってたとは信じがたいが、それだけ外してたんだろう。
カウントには苦し紛れのミドルが半分くらいありそうだし。
もう、ここは個人の問題。
ノリオの右が枠に飛ぶとか、梶山も伊野波も、そうだ。
それにルーコンも福西もガンガン、ペナ内に詰めていく、とかね。
あれだけ長所に蓋をされると、より高いレベルが求められる。
ノリオと信男さんは前半からよく動いてたが、浦和クラスが相手だとやはりSBと絡んでの2弾ロケットでいかないと中々崩せない。
アーリーなんかでクロスを放り込んだとしても、また中が固い。
そこはクロスの質、サイドの抉り具合なんかで工夫するしかない(徳、惜しいのあったな)。
個人力と組織力、両方でまだ、高みに上るための課題があるね。
まったく入る気配のないセットプレーは、もはや忌々しき問題だ。

c0025217_917042.jpg

悔しくて悔しくてたまらないからヤケ肉だったんだけど、まあ、仕方ないか。
なんつうか、浦和にはJ2に落ちるか、J1より上のリーグいくか、してほしいww
スタの割りは混乱するし(Taco Delio、生ビールのブースがあっち側ってどーよ!?)、京王線はすげー混むし、何より試合がつまらんし……正直浦和戦は疲れる。
それより、最初に書いたが、昨日の勝敗はリーグの位置的に結構大きかった。
昨日の結果で3位とは7差、一方降格圏まで3差。
下位が結果を残しているだけに、油断ならない状況に。
これで水曜の甲府戦はますます負けられなくなった。
その次に好調のガンバ、鹿島と続くだけに、マジで負けられない。
戦いながらチーム力を上積みしていかないとこの混線リーグ、何が起こるかわからない。
もともと上昇志向の強い梶山・伊野波に伸び白はあるし、ノリオも右で打ったり中であわせたり、プレーの幅を広げつつあるし、赤嶺も爪を研いでいるだろう。
下を向く必要はないし、下を向いてる暇はない。
戦うしか、ない。
by blue-red-cherry | 2007-06-18 09:18 | FC東京
<< リストランテ Massa 洋食亭ブラームス 自由ヶ丘店 >>