ローズ・イン・タイドランド

c0025217_14204263.jpg

そもそも奇才テリー・ギリアムを良く知らなかった。
「不思議の国のアリス」の新解釈!みたいな触れ込みに惹かれ、かつ、近所のツタヤでは争奪戦だった「ローズ・イン・タイドランド」をようやく見た。

ちょっとイルマティックすぎ。
オレ、ネクロマンティックな要素はニガテなんですよお。
もう初っ端からぶっ飛んでて、シャブ中の両親に純真無垢なカワユイ娘。
主人公のジェライザ・ローズちゃんは、健気にオヤジのシャブを配合までしやがるんだ。
シュールすぎんなあってこの辺はまだ笑えたんだけど、ジェライザ・ローズちゃんはシャブとかそんな次元をすっ飛ばしてキまくっててさ。
この辺は監督の見せ方がテクニカルなんだろうけど、現実世界とローズちゃんの精神世界の境目がだんだんゆるゆるになってきて、もう何がなんだか、何がなんだか、何がなんだか、さっぱりよ!

後半に差し掛かり、魔女キャラやイカレボーイフレンドが出てきた辺りからはもう、めくるめくKITTY GUY見本市みたいな展開。
こういうキャラたちって得てしてスーパー純粋培養だったりするから、そのまっすぐさがときとして胸に痛かったりすんだよな。
その辺を、ローズ役のジョデル・フェルランドちゃんが好演してる。
子供の不器用さとズルさの危ういラインと、それに大人が感じる、怖さ、みたいなのが凄く伝わってきた。

演者が少なくって、ロケーションもだだっ広かったりするもんで、絵的にはなんだか抽象画を見てる感じ。
映像面の世界観がストーリーを引っ張ってる感じもするかな。

とかなんとかいいながら、わけわかんなくなって半分舟こいでたww
思ったよりイルすぎて、自分のノーマルっぷりを再確認しました。
by blue-red-cherry | 2007-06-20 14:21 | 映画
<< フレッシュネスバーガー 2 びっくり寿司 恵比寿店 4 >>