FC東京×ヴァンフォーレ甲府 J1第16節

c0025217_1211144.jpg

ミッドウィークのリーグ戦はなぜか、テンションが上がる。
絶賛営業中の同僚たちを尻目に飲むビールの美味さか、オフィスから1時間もかからないインターバルを経て、目の前で繰り広げられるカルチョの熱狂の非現実的さか、いろんな理由はあるがとにかく上がる。
平日味スタだと京王線帰宅ラッシュの弊害があるが、今回も仕事の算段をつけ、馳せ参じた甲斐があった甲府戦

c0025217_12111592.jpg

c0025217_12115324.jpg

つい3日前に喫した悔しい敗戦と、負けられない下位直接対決を制した昨日の試合との大きな違いは、相手。
前線から激しくプレスしてきた浦和とは対照的に、甲府の寄せが甘い。
東京もそこで捕られて繋がれるのは絶対に避けたい、という意思統一がされていて、早めにルーコンか、ノリオ・信男さんの両サイドに散らしてと、かいくぐる戦法をとってはいたが、プレッシャーの弱い中盤で福西や梶山がボールを保持できる時間が多かった。
センターのルーコン・福西・梶山・伊野波とフィジカルに長けた選手が多かったのもあるが、パスサッカーが身上のチーム相手にポゼッションで頭から上回れたのは大きかった。

c0025217_1212855.jpg

攻撃陣で目に付いたのは福西と信男さん。
中2日のハードな連戦の中、ベテランが積極的に決定機を演出した。

信男さんは相変わらず、ボールを持つ前までが完璧。
裏を狙う、ワイドに開く、どちらのタイミングも絶妙で、梶山や福西からかなりいいボールを引き出していた。
動きに無駄がないから徳永も上がりやすそう(使ってあげてないが…)。
対面の一枚DFに連続してクロスを跳ね返されたり、GKとの1対1にまごついたり、ギリギリまでテンション上げといて落とすからなあ。
でもあの運動量と質の高さは大いにチームを助けてる。
相手のサイドを自陣に留めている貢献度もあるだろう。
勝ってるからいいけど、が前提だが。
石川は「オレだったら決めてる」イメージを高めつつ、信男さんの動きを、外から見てる今のうちに学んでおいてピッチで弾けて欲しいな。

福西がゴール前での仕事をしだしてきた。
低い位置での展開力、強靭な体躯を生かしたボールキープ、経験に裏打ちされた華麗なるサボりっぷりはいよいよ凄みを増してきたが、これに加え決定機に顔を出す回数が1試合で2度3度と、増えてきた。
特にルーコンとの縦の関係が機能している。
サイドからのラストパスにも合わせてこれれば、トップ下としてかなりの出来。
伊野波がどっしり構えてこそだが、梶山とともに縦横無尽に暴れて欲しい。

それと、ノリオ!
キレてる、というよりはノってるねえ。
今いちばんゴールへの執着心を感じる。
ゴリゴリ縦へ攻める突破力に、切れ込んで逆足シュートを加えたウインガーとしての動きを超え、逆サイドからの展開ではニアに飛び込んだり、サイドバックのクロスにあわせたり、フォワードとしての動きも板についてきた。
まだ味方も混乱させてそうだがww、信男さんなのかリチェなのか石川なのか、逆サイドと連動しながらポジション替えたりしてくと、かなりオモロイ攻撃ができそう。
とにかく向上心と積極性に溢れてて、見てて楽しい!

c0025217_121247100.jpg
c0025217_12125755.jpg

守備面では伊野波、今ちゃん、フジ。
3人とも読みと、それを生かす寄せの速さ。
中盤の出所と前線の楔がはっきりしてる甲府相手だったこともあるが、3人のインターセプトが何度もハマる。
伊野波の運動量、かなり光ってたなあ。
フジのディフェンスも芸術の域だよねえ。
マジでいいときのカンナバーロみたいですよ。
週末、バレー&マグノ相手に今フジでどこまでやれるか、楽しみ。
今ちゃんは別として、伊野波とフジは奪ってからのぎこちない攻め上がりと覚束ないフィードがまた、たまらないんだよなあww

しかし、奮闘してたとはいえ、やられてもおかしくなかったよな。
土肥ちゃんが久しぶりにネ申だったから助かった。
噂に違わぬパスワークをエリア近辺で決められたときは、冷や汗。
たぶん、バレーがいたらやられてたな。
基本押し気味だったけど、リチェの退場以降はともかく、それ以前も決めるべきときに決められず、ずるずるラインが下がる癖(ある程度は仕方ない)は健在で、終盤は(それこそ眠らない街歌ってる最中までw)しんどかった。
連戦で運動量の多い戦いをよく続けてくれてる。
ギリギリの線で踏ん張ってくれてるが、中断まであと2試合。
集中力を持続できるか、鍵になりそうだ。

c0025217_1213124.jpg
c0025217_12132266.jpg

家本劇場もアレだったが、まっすぅにも目が行った。
東京相手にいいとこ見せたいオーラが出すぎww
かなりコンパクトなサッカーを標榜している甲府の最終ライン、攻撃時はもちろん守勢に回ってもラインは高めで、勇気が要るラインコントロールをよく頑張ってたと思う。
あれ、東京にはない文化だから、戻ってきたら面白いかも。
リチェとのバトルwとか、平山との絡みwとか、東京に帰ってきたいのかな?
フィードの正確さといい、オレは結構好きな選手だから戻ってきて欲しいけど。

c0025217_12133436.jpg
c0025217_12134859.jpg

またしても盛りだくさんで支離滅裂な振り返りww
やっぱ勝ち試合のあとはいいとこ多いし、反省点見つけるのも楽しい。
相手に助けられた点も多いし、下位相手にすっきり勝ちきれてないという見方も正しい。
しかし連戦の中で結果を残したことは、大きい。
次はガンバか。
いつも首位イジメは後半戦だが、こっちもあと2つ、勝って終わるか負けて終わるかでは全然違うポジションで中断期間に突入するし、勝ちたいところ。
今年は積極的なので、万博にも行きます。
また勝ち組にさせてくださいませ~。
by blue-red-cherry | 2007-06-21 12:15 | FC東京
<< 彪琳 フレッシュネスバーガー 2 >>