ラ・リューシェ

人にあまり教えたくないお店なんてものに出会うことができるとは。
とかなんとかいいながら、ここには書いちゃうんだけど。
読んで気になった人はぜひ行って欲しい。
夏季限定でオープンしている、自由ヶ丘のアイスクリーム屋「ラ・リューシェ」。

c0025217_05313.jpg

田園調布にある「レピドール」というお店から派生しているらしい。
夏場しかオープンしてないそのお店は、アイスとソルベ(シャーベット)の二刀流とソフトクリームで、毎日それぞれに数種類、日替わりのメニューのみを提供している。
食べ方はカップかコーン、選べる仕組み。
価格帯は1つあたり300円~400円程度で決して高くはない。

今回頼んだのはラムレザン(ラムレーズン)のアイスとマンゴーのソルベ。
ラムレザンは男性人気No.1も頷ける大人っぽい味。
甘すぎないラム酒テイストのアイスに、レーズンが散りばめられている。
控えめの甘味にフルーツの程よい酸味と、しっとり行くにはもってこい。
香りが非常に素晴らしく、こんなアイスでおもてなししたい、って感じ。

で!
すごいのがマンゴーのソルベ!
自他ともに認めるマンゴー好きなオレだがこんな美味いマンゴーアイス、食ったことない。
MANGO TANGOでも思ってたが、マンゴーの究極に美味しい食べ方って、つまるところそれ自体が新鮮であったら、そのまま食べるのがいちばんなのは揺るぎない。
でも、それ以外の食べ方なら、たぶんここのマンゴーソルベがいちばんいい。
香りも味も、フレッシュマンゴーのそれとほとんど変わらないのよ!
ソルベでありながら舌触りは滑らか。
言うなればキンキンに冷やして若干凍らせた、繊維抜きのマンゴーってとこか。
噛むと果汁が出てくるかのように、口中にマンゴーの香りと甘味が広がる。
濃厚な部分を抽出したような味わいなので、食道を抜けるまで、その感動は続く。
これは必食。
マンゴー好きならなおのこと、一度でいいから味わって欲しい。
感動した。

ことしの営業は9月の半ばまで。
地元のマダムたちだけの楽しみにしておくのはもったいない。
かといって有名になりすぎて、オレが買いづらくなるのも避けたい。
だってほかにもバナナやチョコレート、キャラメルのアイスに、ライチのソルベ、食べたいメニューはいくらでもあるし。
とっておきのアイスクリーム屋である。
by blue-red-cherry | 2007-08-09 00:16 |
<< チキンカレー 横浜Fマリノス×FCバルセロナ... >>