胡同四合坊 恵比須樓 恵比寿店

世間はお盆休みだっつうのに普通に出社してるんだが、そうなると休みとってる人の分が望むとも望まんとも降りかかってきたりするもんで、お盆前後は本当に忙しかった。
そんな状況に猛暑が重なり、日々いらいらが募る毎日。
なぜかそんなとき、例の暑い日には熱いものをというM的な発想にいたる。
なんでか知らんがこの日も坦々麺を求め、「胡同四合坊 恵比須樓 恵比寿店」へ。

c0025217_11573189.jpg
c0025217_11574328.jpg

店内は首振りの扇風機が1つあるのみ。
席についただけで汗が出る環境は、真夏の坦々麺業にはもってこいのシチュエーション。
紅油坦々麺を頼む。
香のものと一緒にスープが出てきたあたりで「はにゃ?」とは思ったんだが、なんと紅油坦々麺は汁なしの坦々麺だった。
アツアツ&辛いスープでフウフウいいながら食べるつもりだったのでちょっと肩透かし。
とはいえ、この汁なし、熱い!
紅油と呼ばれる香味油がギトギトにまとわりつき、火傷しそうな熱さ。
ジャンや唐辛子系も油とともにまとわりつくから、なかなかの辛さだ。
汗が噴出す。
大ぶりな豚バラ肉も美味い。
若干、オイスターソースっぽいコクのある味わいも感じた。
予想は外れたものの、これはこれで美味い。

もはやここまでくると修行の域だが、汗だくになりながらも美味に舌鼓をうつ快感。
しばらく熱そうだし、今度は汁ごと啜ってやるぞ。
by blue-red-cherry | 2007-08-18 11:45 |
<< 納豆キムチスパゲティ 韓国風納豆キムチ丼 >>